第 2回 病病・
病病・病診連携セミナー
病診連携セミナー
臨床医のための
臨床医のための「
のための「帰してはいけない患者
してはいけない患者」
患者」
日
場
時
所
平成26年3月1日(土)14:00~16:15
川崎医科大学 校舎棟8階ラウンジ (倉敷市松島577)
受講無料
(病院2階正面玄関からお入りいただき、本館中央エレベータで8階へ
お上がりください。)
駐 車 場
外来駐車場をご利用ください。(サービス券をお渡しします。)
プログラム
開会挨拶
講
演
川崎医科大学を支援する会
会 長
伏見 章 先生
川崎医科大学
学 長
福永 仁夫
座長:耳鼻咽喉科部長 原田 保(川崎医大3期生)
① 「ちょっと待った!その皮膚所見」
皮膚科
林 宏明(川崎医大27期生)
② 「帰してはいけない胸痛、症状」
循環器内科医長
根石 陽二(川崎医大21期生)
~ Tea break ~ (15分
15分)
座長:脳神経外科副部長 平野 一宏(川崎医大7期生)
③ 「認知症治療薬の使い方:使っていい薬、いけない薬」
神経内科医長
久徳 弓子(川崎医大26期生)
④ 「帰宅させてはいけない頭痛、頭部打撲:脳震盪の最近の知見」
脳神経外科副部長
平野 一宏(川崎医大7期生)
<お申込み・お問い合わせ先>
地域医療連携室
TEL 086-462-1111(内線 22612) FAX 086-464-1166
E-mail
[email protected]
ダウンロード

臨床医のための「帰してはいけない患者」