PTSD症状を呈する性的虐待児童への
認知行動的介入
Stephanie P. Farrell, Anthony A. Hains
The University of Wisconsin-Milwaukee
W. Hobart Davies
Children’s Hospital of Wisconsin
文学部人文学科心理学専攻 武藤ゼミ 3回生
SK
発表日:2008年10月17日
性的虐待と心的外傷後ストレス障害(PTSD)
アメリカでは、毎年15万6000人~30万人の
児童が、性的虐待の被害を受けている。
(Beutler, Williams, & Zetzer, 1994)
これらの児童は、抑うつ症状の高発症率、高
不安、性的不適応行動、悪夢、社会的引きこ
もり、睡眠困難、などの様々な症状を呈する。
(Kimerling & Calhoun, 1994)
性的虐待後の症状とPTSDの関連性。
性的虐待を受けた児童は、誤った帰属感、罪
悪感、自責、さらに低い自尊感情を持つ傾向
にある。
虐待についての認識、原因を虐待に帰するこ
との意味、自己と他者の関係、世界について
の認識など、認知的要因とPTSDの関連性。
性的虐待のPTSDの治療は非常に困難であ
ると考えられる。
そのため、治療効果に関する研究は非常に
少ない。
目的
PTSD症状を呈する性的虐待児童に対する認
知行動療法の有効性を検討する。
不適応的な思考を治療することによって、
PTSD症状の軽減と、性的虐待の後遺症であ
る情緒的問題の低減がもたらされるという仮説
について検討する。
対象児①
アメリカの小児病院児童保護センターで、性
的虐待に対する心理学的プログラムに委託さ
れた児童4名。
但し、次の4つの基準を満たしている。
・年齢が8歳~12歳であること。
・性的虐待のかなりの確証が存在すること。
・「Kaufmanの簡易知能検査」(K-BIT)の得点が80点以上
であること。
・「児童期PTSD反応目録」(PTSD-RI)の得点が25点以上
であること。
対象児②
 Matt(9歳、男、メキシコ系)
2人のいとこから性的虐待を受けた。治療期間中は
両親と一緒に住んでいた。
 Louse(8歳、女、アフリカ系)
40歳叔父にから性的虐待を受けた。治療期間中は
実母と一緒に住んでいた。
 Paise(10歳、女、アフリカ系)
一緒に住んでいた実父から性的虐待を受けた。叔
母の家に住んでいたが、養家に移った。
 Susan(10歳、女、ヨーロッパ系)
20歳のいとこの男性から性的虐待を受けた。治療
期間中は、両親と一緒に住んでいた。
測定尺度
PTSD症状:「PTSD反応目録(PTSD-RI)」
対象児の自己報告により、20項目からなる症
状について、頻度を「全くない(0点)」~「ほと
んどいつも(4点)」の5段階のリッカート法で評
定。得点の範囲は0点~80点である。
12点~24点は軽度、25点~39点は中等度、
40点~59点は重度、60点以上は最重度の
PTSD反応である。
抑うつ症状:「レイノルズ児童抑うつ尺度
(RCDS)」
対象児の自己報告により、30項目からなる
感情の項目について、「ほとんどない」~「い
つも」の4段階のリッカート法で評定。標準得
点表は、性別と学年に応じて、素点をパーセ
ンタイルに変換し、高得点ほど重度の抑うつ
症状を表す。
不安症状:「改訂児童顕在性不安尺度
(RCMAS)」
対象児の自己報告により、37項目からなる
感情と行動を描写した項目に対して「はい」ま
たは「いいえ」で答える。素点は、年齢、人種、
性別に基づいてパーセンタイルに変換され、
得点が高いほど重度の不安症状を表す。
実験デザイン
被験者間の多層ベースライン法。
PTSD症状、抑うつ、不安についての事前評
価の後、2~5週間のベースライン期。(1週間
1セッション)
各セッション開始時に、PTSD-RI、RCMAS、
RCDSを実施し、1週間ごとに評価。
その後、10週間の介入プログラム。
ベースライン
子どもたちと個別面接を行った。対象児に
RCMAS、RCDS、PTSD-RIを実施し、観察を
行った。
介入プログラム
1. 概念化の段階(第1~2セッション)
2. スキル獲得とリハーサル段階(第3~8セッ
ション)
3. 実行段階(第9~10セッション)
の3段階から成る認知行動的ストレス免疫訓練
プログラム(Meichenbaum,1985)
1.概念化の段階
第1セッション・・・
ラポールの形成、治療目標の話し合い、認知
行動療法の枠組みの説明。
宿題:セルフ・モニタリング用紙に、ストレスが
強い状況とそれに付随して生じる思考、感情、
行動を記述する。
⇒報酬としてステッカーが与えられる。
第2セッション・・・
対象児の感情を確認することに焦点をあてる。
対象児はその日どのように感じたかと、ストレ
スが強いときのことについて絵を描いた。
さまざまな感情や情緒的兆候について議論、
ロールプレイを行った。
2.スキル獲得とリハーサル段階
第3・4セッション・・・
さまざまな感情を引き起こす状況での身体反
応を検討する。
深呼吸の訓練、漸進的筋弛緩法、リラクゼー
ション訓練
テープに録音して家に持ち帰って練習する。
 第5・6セッション・・・
対象児が否定的思考を認知した上で、それらの否定的思考
を肯定的な自己陳述に再構成する。
吹き出し付きの漫画や脚本を用いて、さまざまな感情を誘発
する状況における思考を産出させた。
また、混乱状況におけるロールプレイで質問を通して認知的
再構成の練習をした。
宿題:雑誌や新聞から写真を切り抜き、それぞれの人物の
頭上に吹き出しを書き、その中に可能な考えを書く。
第7・8セッション・・・
混乱状況における拮抗行動と拮抗思考、それ
に伴う結果の検討。
様々な状況における自己強化として、肯定的
な自己陳述を行った。
3.実行段階
 第9セッション・・・
予想されるストレスの強い状況に対する訓練。
宿題:リラクゼーションスキルの練習をする。予想さ
れる出来事に対する不適応的思考を転換する。
 第10セッション・・・
これまでのまとめ。
結果
PTSD症状(Fig.1-PTSD-RI)
抑うつ状態(Fig.2-RCDS)
不安状態(Fig.3-RCMAS)
ベースラインでは、中等度または重度であっ
たが、介入後は対象児全員、値は減少した。
3ヶ月の追跡調査でも、1人を除いて治療効
果を維持した。
考察
認知行動的介入がPTSD症状を呈する性的
虐待児童への治療に効果的であることを示
唆している。
しかしながら、その経過パターンは、対象児
によって著しくことなっていた。
 Paigeは3ヶ月の追跡調査の時点で、3つの評価項目
において増加が見られた。これは、追跡調査の前に、
叔母宅から養家へと引っ越しており、新しい環境の変
化に対応することができなかったと言える。さらに言
えば、環境の変化によって、ストレスが増加したとも
考えられる。
 Mattは、PTSD症状は中等度であったが、残りの2つ
に関しては症状として表れなかった。このことから、性
的虐待を受けた児童の症状は広範囲に見られること
がわかった。おそらく、Mattは安定した家庭環境の中
で、ほか症状を喚起しなかったのだと考えられる。
今後の課題
 介入プログラムには、セルフ・モニタリング、弛緩訓練、認知
的再構成、ロールプレイ、スキルの現実訓練など様々な構成
要素が含まれるが、どの構成要素が対象児に影響を与えた
かについては不明である。
 臨床的評価は専ら対象児の自己報告に基づいていた。
 セラピストを喜ばせたいと願う児童の期待効果が、治療経過
に寄与していた可能性がある。
 PTSDを示さない性的虐待児童、虐待以外によってPTSD症
状を示す児童など、さまざまな児童に対しての介入方法の有
効性を検討する。
 性別、文化的集団、知能の発達状況についての比較の重要
性。
 社会的妥当性を獲得するための追跡調査。
ダウンロード

091031-SK