2003年出生極低出生体重児の
3歳時予後:
脳室内出血の重症度と予後
フォローアップ班
河野由美
研究協力者
三科潤、本間洋子、渡辺とよ子、佐藤紀子、
佐藤和夫、清水正樹、平澤恭子、鍋谷まこと、
石井のぞみ、永田雅子、岡田洋一、米本直裕
IVH

IVHは神経学的予後に大きく影響を与えることが知
られている

周産期ネットワークのデータベースの登録の解析報
告(平成19年度報告書、楠田)によると、 2003,
2004, 2005年の出生児での頻度は13.8, 14.8,
13.6%で変わっていない。III度、IV度の割合も減少
していないことが指摘されている

低用量インドメタシンによる超低出生体重児の脳室
内出血予防試験が実施された(NRN)
目的

2003年出生極低出生体重児のIVHの重症度別予
後を明らかにする



IVH I, II度を合併した児の生命・長期予後は非合併時と
差があるか
IVH III, IV度を合併は、どのくらい生命・長期予後不良の
リスクを増加させるか
解析


出生前、出生時の要因を調整
予後に影響を与える新生児期の合併症の要因を調整
出生登録対象のフローチャート
先天奇形あり
n=93
先天奇形不明
n=89
39施設
n=2297
II 群 12施設
n=596
I 群 27施設
n=1701
先天奇形あり
n=47
n=1519
IVHなし
n=1313
IVH1~2度
n=122
死亡
n=85
Follow群 Drop群
n=508
n=720
IVHなし
n=477
IVHあり
n=206
死亡
n=21
IVH3~4度
n=78
程度不明
n=6
死亡
n=39
Follow群 Drop群
n=69
n=32
Follow群 Drop群
n=19
n=20
IVHあり
n=72
IVHの頻度
I 群 27施設
n=1701
先天異常 あり
不明
II 群 12施設
n=596
93
5.8%
47
89
5.2%
0
7.9%
p
0.08
IVH
なし
1313 86.4%
477
86.9%
IVH
あり
206
13.6%
72
13.1%
0.83
I – II 度
122
8.0%
35
6.4%
0.36
III – IV 度
78
5.1%
33
6.0%
グレード不明
6
0.4%
4
0.7%
先天異常あり、不明を除く、IVHの有無、グレードの明らかな I 群例
解析対象 n=1513
死亡
n=145
フォロー群
n=808
ドロップ群
n=560
出生体重:大きい
RDS
CLD
少ない
ROP
IVHの重症度別交絡要因
出生前、出生時
IVHなし
n=1313
IVH1-2度
n=122
IVH3-4度
n=78
p
maternal age
31
15-53
30
20-42
29
18-44
0.01
multiple gestation
327
29.4%
33
27.0%
18
23.1%
0.81
sex (male)
695
52.9%
65
53.3%
43
55.1%
0.93
birth weight
1100 246-1510
802
238-1498
746 316-1495
0.00
gestational age
29.0
29.9-39.3
26.1
22.1-38.1 25.8 22.1-35.6
0.00
light for dates
494
39.1%
34
28.3%
17
23.0%
0.00
histological CAM
112
8.5%
16
13.1%
16
20.5%
0.00
prenatal steroid
490
37.3%
53
43.4%
23
29.5%
0.14
caesarian section
908
71.9%
70
58.3%
48
64.9%
0.00
Out born
162
12.3%
15
12.3%
16
20.5%
0.11
0-10
7
0-10
5
0-9
0.00
Apgar 5min
8
median (min-max) または n (%)
IVHの重症度別交絡要因
新生児合併症
IVHなし
n=1313
IVH1-2度
n=122
IVH3-4度
n=78
p
RDS
611
46.5%
93
76.2%
64
82.1%
0.00
CLD at cor 36wks
200
15.8%
29
24.2%
13
17.3%
0.06
PDA
314
23.9%
48
39.3%
42
53.8%
0.00
neonatal seizure
11
0.8%
11
9.0%
27
34.6%
0.00
cPVL
34
2.6%
7
5.7%
8
10.4%
0.00
HIE
5
0.4%
2
1.6%
9
11.5%
0.00
113
8.6%
15
12.3%
11
14.1%
0.11
壊死性腸炎
2
0.2%
1
0.8%
3
3.9%
0.00
消化管穿孔
17
1.3%
3
2.5%
8
10.4%
0.00
出血後水頭症
1
0.1%
2
1.6%
26
33.8%
0.00
3歳時修正月齢
34.3
21.2-5
34.9
sepsis
31.8-44
median (min-max) または n (%)
34.7 31.7-41
0.94
IVHの重症度別予後:生存に対する障害合併率
IVHなし
n=1313
IVH1-2度
n=122
IVH3-4度
n=78
p
N死亡
72
5.5%
19
15.6%
38
48.7%
0.000
退院後死亡
13
1.0%
2
1.6%
1
1.3%
0.783
生存
1228
93.5%
101
82.8%
39
50.0%
0.000
3歳drop
508
38.7%
32
26.2%
20
25.6%
0.067
予後評価
805
61.3%
90
73.8%
58
74.3%
0.003
(3歳予後)
(生存に対する%)
CP疑い
14
1.1%
5
5.0%
2
5.1%
CP
55
4.5%
6
5.9%
10
25.6%
片側盲
5
0.4%
1
1.0%
0
0.0%
両側盲
3
0.2%
1
1.0%
1
2.6%
補聴器使用
3
0.2%
0
0.0%
1
2.6%
0.026
DQ<70
78
6.4%
11
10.9%
4
10.3%
0.150
上記のいずれか
124
10.1%
19
18.8%
14
35.9%
0.000
CP疑いを除くいずれか
116
9.4%
17
16.8%
13
n
33.3%
(%)
0.000
0.000
0.105
IVHの重症度別予後:(死亡+障害合併)率
IVHなし
n=1313
IVH1-2度
n=122
IVH3-4度
n=78
p
N死亡
72
5.5%
19
15.6%
38
48.7%
0.000
退院後死亡
13
1.0%
2
1.6%
1
1.3%
0.783
生存
1228
93.5%
101
82.8%
39
50.0%
0.000
3歳drop
508
38.7%
32
26.2%
20
25.6%
0.060
予後評価
805
61.3%
90
73.8%
58
74.3%
0.003
(3歳予後+死亡)
(全体に対する%)
CP疑い
99
7.5%
26
21.3%
41
52.6%
CP
140
10.7%
27
22.1%
49
62.8%
片側盲
90
6.9%
22
18.0%
39
50.0%
すべて
両側盲
88
6.7%
22
18.0%
40
51.3%
0.000
補聴器使用
88
6.7%
21
17.2%
40
51.3%
DQ<70
163
12.4%
31
25.4%
43
55.1%
上記のいずれか
209
15.9%
39
32.0%
52
66.7%
CP疑いを除くいずれか
201
15.3%
37
30.3%
51
65.4%
新版K式結果 DQ
修正年齢評価
暦年齢評価
140
140
1696
120
120
1696
100
100
80
80
60
40
60
1071
1055
1053
1054
1051
1052
1050
1047
1044
1042
1041
1040
1039
1056
1046
1048
40
1052
1047
1044
1042
1056
1046
1048
1038
1037
20
0
有効数 =
20
1036
1035
523
なし
1034
1034
53
I~II度
p=0.008
10
III~IV度
0
有効数 =
275
なし
36
I~II度
p=0.276
8
III~IV度
新版K式結果 姿勢・運動領域
修正年齢評価
暦年齢評価
160
160
1691
140
140
1600
120
120
100
100
80
80
60
60
1164
1073
1086
1082
1198
1052
1057
40
20
0
有効数 =
1057
1038
1658
1108
1089
1241
1098
1060
1063
1085
1170
1041
1037
1128
1180
1161
1054
499
1075
1042
456
なし
40
1048
1056
1085
1089
1063
1170
499
1042
20
47
I~II度
p=0.053
9
III~IV度
0
有効数 =
263
なし
1056
32
I~II度
p=0.223
7
III~IV度
新版K式結果 認知・適応領域
修正年齢評価
暦年齢評価
160
160
140
140
1688
1699
1670
1649
120
120
100
100
80
80
20
0
有効数 =
1578
60
60
40
1699
1696
1042
1053
1044
1041
1047
1039
1040
1044
40
1046
1038
456
なし
1047
1046
20
46
I~II度
p=0.054
8
III~IV度
0
有効数 =
263
なし
32
I~II度
p=0.449
7
III~IV度
新版K式結果 言語・社会領域
修正年齢評価
暦年齢評価
160
140
160
1479
140
120
120
100
100
80
80
60
60
1700
40
20
0
有効数 =
1479
1065
1055
1052
1067
1047
1051
1044
1038
1039
40
1046
なし
1046
1044
20
1188
456
1065
1052
1047
46
I~II度
p=0.219
9
III~IV度
0
有効数 =
263
なし
32
I~II度
p=0.708
7
III~IV度
Outcomeに対するリスク要因
Outcome:不良
死亡+ major handicap (CP、片側/両側盲、補聴器、DQ<70)
IVH 無
IVH I-II 度
RDS
IVH III-IV 度
CLD(36週での)
母の年齢
組織学的CAM
症候性PDA
HFOの使用
多胎
出生前ステロイド
新生児けいれん
PDAインダシン
性別(男)
帝王切開
cPVL
出生体重
院外出生
HIE
Light for dates
5分アプガースコア
水頭症
敗血症
施設番号
壊死性腸炎
消化管穿孔
Outcome; 不良
死亡+major handicap (CP、片側/両側盲、補聴器、DQ<70)
p
OR (95% C.I.)
p
OR (95% C.I)
IVH
0.000
RDS
0.021
1.71 (1.09-2.71)
IVH I-II 度
0.701 0.88 (0.47-1.67)
CLD(36週時)
0.425
0.80 (0.47-1.38)
IVH III-IV 度
0.000 8.54 (2.94-24.8)
敗血症
0.002
2.84 (1.46-5.53)
母の年齢
0.638 0.99 (0.95-1.03)
消化管穿孔
0.186
2.72 (0.62-11.9)
多胎
0.195 1.38 (0.85-2.23)
HFOの使用
0.172
0.72 (0.44-1.16)
性別(男)
0.072 1.48 (0.97-2.25)
PDAインダシン
0.982
1.01 (0.62-1.62)
BW (per 100g)
0.000 0.80 (0.73-0.88)
Light for dates
0.639 0.89 (0.54-1.46)
組織学的CAM
0.360 0.72 (0.36-1.45)
出生前ステロイド 0.121 1.41 (0.91-2.18)
帝王切開
0.059 0.63 (0.39-1.02)
院外出生
0.890 1.05 (0.53-2.08)
5分Apgar
0.000 0.74 (0.67-0.83)
多重ロジスティック解析
分析に使用したケースn=584
予測値の正分類パーセント78.9%
結論



死亡+major handicapの合併率で比較する
とIVH1-2度はIVHなしの約2倍であったが、
ロジスティック回帰分析では有意な予後不良
要因ではなかった
IVH3-4度の死亡+major handicapの合併率
は65%で、ロジスティック回帰分析で有意な
予後不良要因であった
出生時、出生後の治療、介入の効果につい
て時間経過の加味した検討が必要である
予後データ回収へのご協力を

2004年出生の極低出生体重児3歳予後



2005年出生の極低出生体重児3歳予後




昨年回収分(24/51施設)はデータベースに入力中
追加可能です
本年1月から回収を始めています
対象が不明、用紙がないなどの施設はご連絡を下さい
5年毎に行われる上谷班の超低出生体重児の予後調査とか
ねています!!超だけても返送をお願いします。
2006年出生の極低出生体重児3歳予後


2009年1月から対象児の健診が始まっています
2月中に対象一覧と健診用紙をお送りします
インフォームド・コンセント


2005年出生の3歳予後データの収集につきましては、
分担研究者の所属する自治医科大学において倫理審
査を経て承認済
インフォームド・コンセントのための手続き


人体から採取された資料を用いず、観察研究であるため、研
究対象者(代託者)からインフォームド・コンセントを必ずしも
要しない
研究に関わる情報は中央事務局である「自治医科大学小児
科学」のホームページ上に公開する
http://www.jichi.ac.jp/usr/pedi/obstetrics/index.html
(研究対象者への研究内容の情報提供、研究実施計画書、資料

各共同研究機関からのデータ提出にあたっては、各機関の
倫理指針に沿って行う
予後データ記入上のお願い



健診用紙といっしょに送付している問診用紙
を活用して下さい。聞き忘れた項目(集団保
育の有無など)、聞きにくい項目(家族構成、
両親の教育年数など)について後から記入が
可能です
空欄はなるべく減らす→不明の場合は不明
にチェックをいれて下さい
データの記入や入力が大変!

医療秘書の活用をご検討下さい
予後解析の内容、方法について
ご意見を下さい

今後の解析予定
ベンチマーク、施設間の比較
 PVLの予後と影響要因
 CLD児の成長、予後と影響要因
 SGA児の成長と予後
 多胎児の予後
 予後とsocioeconomic status(SES)

ダウンロード

2003年出生極低出生体重児の 3歳時予後: 脳室内出血の重症度と予後