JAMSTEC/IORGC 海大陸観測研究計画 観測網展開
Land Sites
Mooring Buoys
Vessel
Philippines
Site
R/V Mirai + Sfc Buoy
MISMO SuperSite
Palau
Profiler
and Radar
Super Site
Maldive Sites
JEPP/MC Radar Network
HARIMAU
JEPP Buoy
Network
Radar Site
Sonde Site
SfcMet Site
MISMO : Mirai Indian Ocean cruise for the Study of the MJO-convection Onset
MJO対流オンセットに関するインド洋集中観測
目 的 : MJOに伴う積雲対流活動のオンセットを捉え、大気と海洋の変動を調べる。
具体的には、1)大気の鉛直構造、2)大気-海洋相互作用、3)海洋応答、
を明らかにすることを目指す。
【 MJOとは ・・・ 】
熱帯インド洋で発生した数1,000km規模の雲群が西部太平洋へ東進
する現象。発見者(マダンとジュリアン)にちなんで、MJOと呼ばれる。
時
間
【特徴】
1)熱帯で最も卓越する変動成分 → 熱帯気候の理解に不可欠
2)西風バーストの発生
→ エルニーニョ現象発生要因の1つ
3)熱帯低気圧の発生やアジア・オーストラリアモンスーンに寄与
→ 中緯度の気候・気象にも影響
【 集中観測の意義 】
これまで、MJOをターゲットにしたインド洋における集中観測が実施さ
れたことがなく、発生メカニズムは未だ解明されていない。
「みらい」を中心に、船舶・ブイ・島からなる観測網を構築し、海洋から
大気まで時空間的に密なデータを初めて取得し、解明に資する。
インド洋
太平洋
大西洋
MISMO Observation Network
Argo-type float
15N
R/V Mirai
Maldives Is.
Buoy
Argo-type float
Maldives
● AWS
● GPS receiver
● Radiosonde
Buoys
5N
● AWS
Eq.
JEPP radar
(HARIMAU)
5S
● AWS
● GPS receiver
● Radiosonde
● Ceilometer
● X-band Doppler radar
● Disdrometer
R/V MRIAI MR06-05 Cruise
Intensive Observation at (0, 80.5E)
IOP: Oct.26 – Nov.24, 2006 (30 days)
15N
70E
80E
90E
100E
観測概要
(1) 「みらい」 MR06-05 レグ1 及び レグ2 航海 (2006年10月-12月)
レグ1(10月16日~11月27日:シンガポール-マレ)、
定点(10月26日~11月24日:Eq. 80.5E) ゾンデ1日8回(10月22日~11月26日)
レグ2(11月28日~12月13日:マレ-シンガポール)、
ドップラーレーダー や ラジオゾンデ 等を用いた定点における集中観測の実施。
同時にCTDやアルゴフロートなどで海洋変動を捉える。
(2) モルディブにおける気象観測 (2006年10月-11月)
設置(8月28日~9月18日) 集中観測(10月22日~11月25日)
数1,000km にもおよぶ MJO 積乱雲群 の 東西構造 を明らかにするため、
「みらい」の西側 約800km 離れた 73E に位置するモルジブ諸島において
シーロメータ、GPS受信機、AWS等による連続観測と、
ドップラーレーダー や ラジオゾンデ 等による集中観測を実施する。
ゾンデ: マレ 1日2回、 ガン 1日4回
ダウンロード

海大陸観測研究計画 平成18年度体制