マッソントリクローム染色
(Masson trichrome stain)
目的
膠原線維を選択的に染めることで、アザン染色と同じ目的である膠原線維と筋線維
を染め分ける特徴をもつ。
核をヘマトキシリンで染め、細胞質を赤く、膠原線維を青く染める、3色染色とよば
れる。
核がヘマトキシリンで染まっているか否かで得られる情報の差は大きく、迅速に染ま
ることと同時にこの染色の特徴である。
原理
分子量の異なる一連のアニリン色素を用いての配合染色。
鉄ヘマトキシリンで核を染め、その後に拡散速度の大きい小色素分子(酸フクシン、
ポンソーキシリジン)が細胞の細網孔へ浸透し、次いで拡散速度の小さい大色素分
子(アニリン青)が膠原線維の粗構造に入り込み青色に染め出す。
試薬
•
•
媒染剤
10%トリクロル酢酸水溶液
10%重クロム酸カリウム水溶液
•
1容
1容
ワイゲルトの鉄ヘマトキシリン液
•
•
1%塩酸70%アルコール
•
1%酢酸水
•
1液
1%ビーブリッヒスカーレット
1%酸性フクシン
酢酸
90ml
10ml
1ml
2液
リンモリブデン酸
リンタングステン酸
蒸留水
5g
5g
200ml
3液
アニリン青
酢酸
蒸留水
2.5g
2ml
100ml
染色方法
脱
パ
ラ
、
蒸
留
水
水
洗
媒
染
(
10
~
15
分
)
水
洗
(
5
分
)
ワ
イ
ゲ
ル
ト
の
鉄
ヘ
マ
ト
キ
シ
リ
ン
液
(
5
分
)
軽
く
水
洗
1
%
塩
酸
70
%
ア
ル
コ
ー
ル
で
分
別
色
出
し
、
水
洗
(
10
分
)
後
、
蒸
留
水
水
洗
1
液
(
2
~
5
分
)
軽
く
水
洗
2
液
(
30
分
以
上
)
軽
く
水
洗
3
液
(
5
分
)
軽
く
水
洗
1
%
酢
酸
水
(
5
分
)
す
ば
や
く
水
洗
、
脱
水
、
透
徹
、
封
入
試薬(細胞組織)
• ブアン固定液(使用前に60℃に暖めておく)
ピクリン酸
37.5ml
ホルマリン原液 12.5ml
酢酸
2.5ml
• ヘマトキシリン
• Gomori-one-step-stain液
染色方法(細胞組織)
ブ
ア
ン
固
定
(
60
)
分
、
黄
色
が
な
く
な
る
ま
で
)
ヘ
マ
ト
キ
シ
リ
ン
(
15
分
)
流
水
水
洗
(
15
分
)
液
(
60
分
)
ア
ル
コ
ー
ル
分
別
(
×
分
流
水
水
洗
(
15
Gomori-one-Step-Stain
脱
パ
ラ
・
流
水
水
洗
3
)
透
徹
、
封
入
GOMORI’S ONE STEP
TRICHOME METHOD
Gomori-one-step-stain
Chromotrope2R
0.6g
Light green
0.3g
Glacial acetic acid
1.0ml
Phosphotungstic acid
0.8g
Distilled water
100.0ml
Masson’s trochome method
•
1液
1%ビーブリッヒスカーレット 90ml
1%酸性フクシン
10ml
酢酸
1ml
•
2液
リンモリブデン酸
リンタングステン酸
蒸留水
5g
5g
200ml
3液
アニリン青
酢酸
蒸留水
2.5g
2ml
100ml
Chromotrope2R
•
染色結果
筋線維, 筋繊維 ,肝細胞
コラーゲン, 膠原質
核
肝臓:M-T染色
赤
緑
紫
比較用:Azan染色
M-T 染色
Azan 染色
← メチルブルー
結合組織:青
ライトグリーン →
結合組織:緑
http://info.fujita-hu.ac.jp/~hirasawa/gallery1/gallery1.html
ダウンロード

マッソントリクローム染色 (Masson trichrome stain)