効率の良いとんぼのかけ方
文教大学 情報学部 経営情報学科 4年
99P21104 服部 洋一郎
研究動機・目的
練習後の整備は
大変
早く整備をするに
は?
研究の意義
・指定時間の有効利用
・他分野への応用
(例:ビルの窓拭き、畑の収穫路)
設定
グラウンドのサイズ
C
D
ゴ
ー
ル 70m
ラ
イ
ン
A
105m
サイドライン
B
・人の歩く速度≒時速4km
↓
分速66.7m≒67m
・180度方向転換に1秒
・90度方向転換に0.5秒
まずは1人でやってみよう
縦方向、横方向への整備
D
2分29秒
C
D ゴール
C
・
・
・
・・・・・
・
A スタート
B
ゴール
A スタート
1分39秒
B
156分42秒
共通して歩く距離
159分11秒
158分21秒
回転しての整備
D
C
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・ ゴール
・
・
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・
A スタート
1分39秒
・
B
156分42秒
158分21秒
結果1
縦
横
159分11秒
158分21秒
158分21秒
回
転
複数人による方向転換
重複箇所
結果2
縦
17分14秒
横
16分39秒
17分52秒
回
転
修正
重複、ターンが多い
・重複箇所をなくす為に各々は決まったルートを通る
・ターンを終えた者はすぐに自分のルートを通る
D
C
ゴール
・ ・ ・ ・ ・
・
・
・
・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
A スタート
9秒
B
外側 1163.4m
・17分33秒
内側 933.1m
・14分9秒
回転整備折り返し方式
1分50秒
2秒
14分9秒
15分59秒
結果3
縦
17分14秒
横
16分39秒
回転
17分52秒
回転
折り返し
15分59秒
問題点
折り返すポイント
が予め必要
実際には難しい
結論
長い直線
ターンの回数
角度
重複箇所
目印・ポイント
これらをふまえて・・・
数値上は回転整備折り返し方式
実際の現場では横方向整備
今後の課題
・様々なパターンを検証
・5つの要因以外のものも調べる
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション