2015. 6. 3
Ibaraki Univ. Dept of Electrical & Electronic Eng.
Keiichi MIYAJIMA
2分探索木
2分探索木
木構造の一種で以下の条件を満たしたもの
•各頂点vの左の子はvの値より小さく、右の子は大きい
18
7
5
22
11
8
21
15
9
31
25
2分探索木から削除2
2分探索木からの削除について(その2)
•下の木から「7」を削除する場合を考える
18
7
5
22
11
8
21
15
9
31
25
2分探索木から削除2
2分探索木からの削除について(その2)
•下の木から「7」を削除する場合を考える
18
22
5
11
8
21
15
9
31
25
2分探索木から削除2
2分探索木からの削除について(その2)
•まず、削除したノードの右側を見る。
18
22
5
11
8
21
15
9
31
25
2分探索木から削除2
2分探索木からの削除について(その2)
•削除したノードの右側の「左の子」が存在するならば、「左の
子」を見る。そうでないならば、削除したノードの右側の子がそ
のまま持ち上がる。
18
22
5
11
8
21
15
9
31
25
2分探索木から削除2
2分探索木からの削除について(その2)
•今見ているノードに「左の子」が存在するならばさらにその「左
の子」を見る。そうでないならば、削除したノードの場所に移動。
18
22
5
11
8
21
15
9
31
25
2分探索木から削除2
2分探索木からの削除について(その2)
•今移動したノードの部分は削除した場合と同じなので、同様に
今移動したノードの右側を見る。
18
22
8
5
11
21
15
9
31
25
2分探索木から削除2
2分探索木からの削除について(その2)
•今見ているノードには子供が無いので、そのまま上へ移動。
18
22
8
5
11
21
15
9
31
25
2分探索木から削除2
2分探索木からの削除について(その2)
•今見ているノードには子供が無いので、そのまま上へ移動。
18
22
8
5
11
9
21
15
31
25
本日のまとめ
TCP/IPアプリケーション
• 2分探索木
2分探索木の定義
2分探索木の探索、挿入、削除
2分探索木の探索、挿入、削除
本日の課題
以下の課題について、プログラムを作成し、プログラムと実行結果
をプリントアウトしたものを提出すること。
1.集合 S  { 5 9 , 3 8 , 7 , 4 2 ,1 6 , 8 1 , 4 , 3 2 , 9 5 ,1 8 , 2 5 }
を2分探索木で表すプログラムを作り、その後作
成した木に23を挿入し、16を削除した後、23が
どこにあるか探索し表示するプログラムを作成
せよ。
また、一番最後に、2分探索木全体を表示せよ。
2分探索木の表示と印刷は次の関数などを参考にせよ。
2分探索木を表示するサンプルプログラム
void printtree(Node *p, int d) {
TCP/IPアプリケーション
if (p!=NULL){
d++;
printtree(p->rightson, d);
printf(“%*s%5d\n”, 3*d,” “,p->data);/* 3d個の空白の後ろに出力*/
printtree(p->leftson, d);
}
}
void main(){
int d=0;
printtree(root, d);
}
教科書のプログラムを利用する際の注意
教科書のプログラムを使う場合、コンパイラによって
はNULLポインタをきちんと設定する必要があります。
例えば、講義で使用しているコンパイラの場合、教科
書のinsert関数内やmain関数の中にあるnew関数を
使用した直後、
new(&w);
w->data=x;
w->rightson=NULL;
w->leftson=NULL;
(この部分を追加)
このようにNULLの値を代入しないと、コンパイラはで
きますが、無限ループにハマって永遠に終わらない
プログラムになります。
レポートの〆切と提出先
レポート提出先:
E2棟(旧システム棟)6F606室(宮島教員室)前
レポートBOX
レポート〆切:
6月9日火曜日 PM5:00頃
ダウンロード

探索のためのデータ構造1(PPTファイル)