第三节
分译
一、分译的概念
1、定义:就是把原文中的一个词译成几个词;把一
个长句子译成多个句子;把一个段落译成
几个段落的翻译方法叫做分译法或分译。
2、分译的原因,即必要性。
第一、原译文语序结构差别所决定的不同表达习
惯:一长一短。
第二、日语复杂的连体修饰和连用修饰是分译的
重要原因。
3、分译翻译方法。分“单句”和“复句”两类:
(1)单句翻译的分译方法
第一步 翻译中心词和中心句。
假设N1の和N2の分别是S和O的长定语句,而
a是Vる的长状语句。句子结构如下:
N1のSはN2のOをaVる
那么,在翻译时就先翻译成:
SVO。
第二 分别翻译两个长定语句和一个长状语句。
①S“是”N1
②O“是” N2
③V“在”a状态下进行。
●それは言ってみれば、ものを見る目を純潔
にし、感傷による歪みを排し、そして、知的
な、人生批評的な要素を入れた、全人的態度
で臨むといった野望であった。
分析:主语没有长定语句,位于也没有太长的
定语句。状语句“全人的態度で”的前面有长
长的定语句。先翻译“全人的態度で”为“用
完人的态度”之后,加上“也就是”“以单纯
的目光;排除因伤感而产生的扭曲;加上理性
的、人性批判的态度”“来”“去”“臨むと
いった野望であった。”
(2)复句翻译的分译方法
Aだが、Bだ/ Aだけれども、Bだ
Aだから、Bだ/ Aだし、Bだ
Aなので、Bだ/ Aなのに、Bだ
Aば・と・なら・たら・では、Bだ
Aものの、Bだ/ Aだけれども、Bだ
・・・・・・・
分译方法:
将复句中的分句和主句分别平行翻译。把紧密
的一个句独立子拆分为两个或两个以上的句子。
比如:
●また台風のあと、野菜や魚類が必ず上がり
するので、台風の情報が入ったら少し買いだ
めしておくことです。
译文:
此外,台风火候,蔬菜、鱼类必定会涨价。
因此已有要刮台风的消息,人们就要多买些食
品储备起来。
●日本人のほとんどは自分が中流階級に属す
ると思っているし、実にも現代の日本では、
大多数の人が上もなければ、下もない均質状
況にある。
学生の翻訳練習
1、抱き合って、再会を喜んでいる外国人の
姿には、きわめて自然な人間の感情が現れて
いる。しかし感情を外にあらわれに出さずに、
静かに心の中に包んで、行動することを美し
いと見てきた日本の伝統の世界では、西欧の
あいさつの仕方は、「映画のようだねえ」と
おばあさんに眺められてしまうのである。
2、1500円台の弁当をよく注文するとい
う会社員は「残業で遅くなり、席を離れられ
ない時でも一本で届けてくれるので、とても
便利だ」という。
3、当時のその工場はまだ自動化が進行中であ
り、新しく取り入れられたオートメーション
と昔ながらの肉体労働のギャップがあちこち
に口を開いていたし、コンピューターシステ
ムそのものも導入直後で、不完全な点が多く、
作業者も目下コンピューターについて勉強中
という雰囲気が強かった。
将
时间、
早くずかの間だ
ダウンロード

第三节分译