食事療法
1) エネルギー摂取量の是正
適正なエネルギー量=身体活動度×標準体重
・軽労働:25~30 kcal
・中労働:30~35 kcal
・重労働:35 kcal~
標準体重:22 × 身長(m) ×身長(m)
2) 動物性脂質・蔗糖や果糖の過剰摂取の是正
3) 食物繊維摂取の奨励
4) 減塩(薄味にする)
「健康日本21」の糖尿病対策検討委員会作成
食事療法のポイント
正しい、規則的な食習慣
1日に3食、規則的な食事を摂ること
 脂肪は控えめに
 ドカ食い、早食いをしない
 食物を残すことを学ぶ
 大皿盛ではなく、一人分ずつ取り分けて食べる
 料理をよく味わいながら、1口20~30回はかむこと
など

「健康日本21」の糖尿病対策検討委員会作成
1.外食の利用
• 野菜のメニューを選んでから、他のメニューを加える
• つけ合せ野菜は残さない
• 一品料理を避け、できるだけ定食のものを
• めん類の汁は残す
• 油っこい料理はなるべく避ける
• 店と料理を固定しない
2.食物繊維の摂取
• 野菜、海藻、きのこをたっぷりと
• 生野菜、緑黄色野菜を毎日の食卓に
「健康日本21」の糖尿病対策検討委員会作成
糖尿病食事療法のための
食品交換表
第6版
2002.5~2008.3
(200 万部販売)
「健康日本21」の糖尿病対策検討委員会作成
「健康日本21」の糖尿病対策検討委員会作成
食品交換表の特徴
食品分類表
・日常の食品を主として含まれ
る栄養素によってⅣ群、6表と
調味料に分類
・1単位:80kcal
・各表1単位あたりの
平均栄養素含量を表示
・各表に食品の1単位当たりの
重量を掲載
「健康日本21」の糖尿病対策検討委員会作成
「健康日本21」の糖尿病対策検討委員会作成
運動療法
運動はブドウ糖、脂肪酸の利用を促進し、インスリン抵抗性を
改善する効果があるので、重要である。
1)強度:自覚的に「きつい」と感じない程度
(心拍数:100~120/min)
2)歩行運動
運動量:男性 9200歩/日
女性 8300歩/日
3)1週間に3日以上行う
注:インスリンや経口血糖降下薬( SU薬)治療者は
低血糖に注意
特別な運動をしなくても、日常生活における身体活動量を増やす(身体を動かす、長時間
座っていない、エレベーターを使わない・・・・)だけでも、長時間継続すれば効果がある。
「健康日本21」の糖尿病対策検討委員会作成
身体活動チェックと評価
1. 運動指導後、日常生活の中で、意識的に体を動かすよう
になりましたか
1.はい 2.いいえ
2. 1日の中で、外を歩く時間は合計して30分以上
ありますか
* 1日当たり平均何分歩いていますか
1.はい 2.いいえ
3. 1回30分以上の運動を、週2回以上、6ヶ月以上実践 して
いますか
*「はい」と答えた人にお聞きします。どんな運動ですか
1.はい 2.いいえ
4. 運動指導後、歩行スピードは速くなりましたか
1.はい 2.いいえ
5. 運動指導後、体力に自信がついてきましたか
1.はい 2.いいえ
(
(
(
(
(
)分
)
)
)
)
「健康日本21」の糖尿病対策検討委員会作成
ダウンロード

2.糖尿病対策推進啓発用スライドについて