名古屋市の救急搬送システ
ム
と119番通報時のお願い
~救命率の向上のために~
平成21年6月26日
消防局救急対策室
救命の連鎖( Chain of Survival )
早い119番通報
早い応急手当
心肺蘇生法・除細動
早い救急処置
電気ショック
早い医療処置
AED
AEDの効果
Survival
100
90
心肺蘇生法で
1分間に3~4%となる
80
%
70
60
生存率 50
40
蘇生のチャンスは
1分間に7~10%失われる
30
20
10
0
1
2
3
Larsen MP et al. Ann Emerg Med.. 1993;22:1652-1658.
4
5
6
7
8
経過時間(分)
9
●本市救急搬送システム
119通報
居合わせた人
応急手当
傷病者
発生
119
口頭指導
防災指令
センター
救急隊
気管挿管
薬剤投与
重症!OK?
OK!
消防隊
救命
センター
●救急隊が行う救命処置
● 特定行為(救急救命士)
1 特殊なチューブを用いた気道確保
2 輸液、薬剤投与
● 処置手順
「愛知県救急隊心肺蘇生法プロトコール」に
基づき、医師の具体的指示を受けながら救命
処置を実施
● 標準的活動時間
約10分(傷病者接触から処置完了まで)
●搬送医療機関
1 CPAを含めた重症傷病者
第3次医療機関(原則)
2 上記以外の傷病者
傷病者の症状に応じた最寄の病院など
●名古屋市の救急出動状況
平成19年
平成20年
全出動件数
101,560件 全出動件数
96,099件
老人福祉施設
3,493件 老人福祉施設
3,265件
全CPA件数
1,862件 全CPA件数
1,865件
老人福祉施設
230件 老人福祉施設
260件
※現場到着時間:約6.4分
AEDの効果
Survival
100
90
心肺蘇生法で
1分間に3~4%となる
80
%
70
60
生存率 50
40
蘇生のチャンスは
1分間に7~10%失われる
30
20
10
0
1
2
3
Larsen MP et al. Ann Emerg Med.. 1993;22:1652-1658.
4
5
6
7
8
経過時間(分)
9
●「119通報における救急要請の手引き」
作成の趣旨
救命率向上= 救命の連鎖
☆救急隊(消防隊)到着までの応急手当の実施
☆救急隊(消防隊)の誘導(開錠)
☆救急隊(消防隊)へのすみやかな情報の提供
・救急隊への情報提供表の作成
・事前の取り決め(対応マニュアル)の作成
●救急隊への情報提供表
趣旨①単時間での傷病者情報の提供
②市内関連施設での様式の統一
・【事前記載事項】欄
ご利用者ごとに、事前に作成願います。
・【119通報時の記載事項】欄
救急要請時の状況などを記載願います。
●119番通報時の対応フロー
緊急事態発生
●施設内への連絡及び職員の参集
●傷病者への応急処置
●住所、施設名
119通報
●傷病者の状態と実施している応急処置
救急隊等の到着
●誘導(開錠)
●傷病者情報の提供(救急隊への情報提供表)
救急隊による救命処置
●必要書類の持参
救急車への同
乗
●傷病院での申送り
救命率向上のために
皆様のご協力をお願いします。
ありがとうございました。
Nagoya City Fire Bureau
ダウンロード

PowerPoint、209KB - 介護・障害情報提供システム