第 23
23 回日本がん検診・診断学会
第 24
24 回日本婦人科がん検診学会
総会・学術講演会
Cytology カンファレンス
-子宮頸がん検診とべセスダシステムを考える-
2015
2015年年88月月21
21日(金)
日(金) 17:30~19:00
17:30~19:00
ホテルさっぽろ芸文館
ホテルさっぽろ芸文館 第
第11会場(3F
会場(3F 清流の間)
清流の間)
司会:水無瀨
昻
先生
(札幌臨床検査センター株式会社)
2008年12月に日本産婦人科医会がベセスダシステム2001準拠報告様式を冊子として発
行してからすでに7年が経過しています。子宮頸がん検診のみならず病院等での診療現場でも、
徐々にべセスダシステムの細胞判定用語が使用されるようになり、あわせてハイリスク HPV 検査も
ASC-US トリアージや併用検診で活用されつつあります。
このカンファレンスでは、子宮頸がん検診におけるべセスダシステムの在り方について、関連学会
等でも特に議論されることの多い ASC 判定症例を中心に症例検討の形式を用いて議論を深めた
いと考えております。
本カンファレンスを通じて、日常の細胞診検査業務に役立てることが出来るよう、多くの皆様にご
参加いただきますようお願いいたします。
症例提供者:原
まみえ
様 (札幌臨床検査センター株式会社)
回答者:未定
コメンテーター:小泉
基生 先生 (EVE ウィミンズクリニック)
西川 鑑 先生 (NTT 東日本札幌病院)
[共催]第 23 回日本がん検診・診断学会
第 24 回日本婦人科がん検診学会
ホロジックジャパン株式会社
ダウンロード

Cytologyカンファレンスのチラシはこちら