「モニター」と「検査」
モニターは検査とどう違うか
諏訪邦夫 [email protected]
2003年広島呼吸研究会
モニターと検査:要点
•
•
•
•
•
•
実例:パルスオキシメーター
意味あるいは定義
「態度?」
時間の要素
侵害度と費用の問題
今後の課題:いろいろな可能性
パルスオキシメーター使用を例に
• 重症患者につけ
て・・・・・・・
–
–
–
–
「大丈夫かな」
「上がるなら・・・・・・・」
「下がるなら・・・・・・・」
「何とかこのまま・・・・」
「モニター」の特徴
•
•
•
•
•
健常性の確認
監視する
すぐ対応する
時間経過を追う
当然「頻回測定」、「連
続測定」
知って欲しい単語:「健常性」
• 健常性:Integrity
• 辞書には二つの訳語
– 高潔
– 完全な状態
– モニターは「健常性確
認」が最重要
• 単一のラメーターでは
無理
呼吸管理での「健常性確認」
現在のやり方は
1. パルスオキシメーター
2. 「呼吸していること」のモニター
気道内CO2 や気流量、換気量
3. EKG・脈拍数・血圧
4. 他のモニター:体温、尿量
「モニター」の特徴
•
パラメーターの知識が「使用可能」
–
–
•
装置が「使用可能」
–
•
特定の「名人」しか使えないものは?
普通のレベルで有用(EKGも聴診も)
頑丈、安価、信頼度
「体温計」と「家庭用血圧計」が典型
モニター:連続性・客観性・記録性
• 連続情報だから「変化」がわかる
• 客観情報
– 引継ぎで伝わる
– 大勢で検討が可能
– 教育的価値
• 記録は後から検討・評価が可能
– 医療過誤問題との関係
医療過誤保険で起こった事件:米国
• 1980 麻酔科医は「危険度最高群」
– つまり保険料が最高額(5万ドル/年!)の群
•
•
•
•
1985 「モニターの規準」を定めて確立
ハーバードが、ついで全米麻酔学会が採用
麻酔関係の訴訟減少、金額減少
1995 麻酔科医は「危険度最低群」
– 保険料は1万5千~2万ドル/年のレベル
(現在産婦人科などは10万ドル以上!)
副次的に起こった事件
•
•
•
•
•
1998~1999年 クリントン政権の晩年
麻酔看護師独立の動き加速
「麻酔が安全になった」ことの副作用?
クリントンの母親が麻酔看護師だった事実
最終決着は?
「モニターの規準」(日本麻酔科学会)
•
•
•
•
•
•
麻酔担当者の常時所在
EKG
「心の拍出」の常時確認
動脈血酸素の常時確認
「換気」の常時確認
その他
「検査」は?
• 「特定のパラメーターに、即反応はしない」
• 「状態を把握」
– 「記述のパラメーター」
• 「測定は一回」
– 「経過を追うのが基本」ではない
「モニター」と「検査」の区別は?
• 境界は必ずしも明確でない
• 通常は「検査」だが、「モニター」に使う場合
• 同一の項目が
「A患者には検査」、 「B患者にはモニター」
• 病態との関係は?
一般の「健診」は「検査」と把握するが
自分自身の例:健診で尿酸値を診るのは?
「検査でなく実はモニター」の例は多い
•
患者自身でチェックして対応
–
–
–
•
医師や医療従事者が対応
–
–
•
例:糖尿病で血糖とインスリン量の調整
例:風邪の時に、体温で薬・食事・仕事を調整
これは「血糖や体温をモニター」
例:呼吸不全でSao2 と酸素量の調整
つまり「酸素飽和度をモニター」
検査には実は「モニター」も多い
「モニター」 と
•
•
•
•
•
•
•
•
「健常性チェック」
頻回測定
患者一人に一台
侵害度を低く
個別の費用は低く
誤信号に厳しく
アラーム機能重要
把握容易なパラメーター
•
•
•
•
•
•
•
•
「検査」
特定のパラメーター
測定は一回だけ
一台で多数患者に
侵害度が高いかも
費用もかかるかも
精度が重要
アラームは不要
パラメーターの性格不問
「検査→モニター」に移行する過程
• 当初「検査」として開発、後に「モニター」と
して使われる→これが通常の経過
– EKG
– 酸素飽和度と気管内二酸化炭素
– 胸壁エコーと食道エコー
• 装置の安定と普及
• 知識の普及
「検査→モニター」に移行
実例:EKG
• 1900 初頭:最初のEKG(1906三極真空管発明)
• 1920 以降:真空管アンプ
• 1950 以降:ブラウン管普及。しかし高価
EKG「検査」が普及し始める
• 1960年代:EKGモニター開始(真空管)
• 1970年代:EKGモニター普及(IC化、PC化)
• 1987年:宮内庁病院にEKGモニター導入!
• 2000年:液晶画面に
「検査→モニター」の移行
実例:パルスオキシメータの歴史
• 1930代:Nicolai&Millikan:オキシメトリー開発
– 戦闘機などで利用を図る。実用性は?
•
•
•
•
•
•
1950 :実用のオキシメーター完成(Wood)
1960 :HP のオキシメーター(8波長) 1千万円?
1973:パルスオキシメータ原理、試作(青柳)
1980頃:ディジタル市販機、200万円
1990頃:健康保険採用、50万円
2000:普及、低廉化。5万円未満の機器まで
酸素電極の構造と動作原理
当初から「モニター」を意識した例
血液酸素分圧測定
• 1953:Clark 酸素電極開発(エンジニア)
– 目的は心臓手術時の人工心肺の性能のチェック
• 1960 血液ガス測定装置販売
– 当初は臨床『研究』機器 、一部では検査やモニターとしても
• 1973 血液ガス機器の「全自動化」
– 「検査機器」として確立、「モニター」としての使用も増加
– 同じ頃「経皮酸素電極」:新生児に使用
• 1980年以降:小型化、携帯機種
• 現在:パルスオキシメーターとの「棲み分け」
実生活でのモニター:
旅客機内で起こること
• 規定は2/3 気圧以上
• 2000年6月東京→デトロイト便:4/5気圧
– 世界麻酔学会のモントリオール出張時
•
•
•
•
偶然ポケットにパルスオキシメータを所持
機内で息こらえテスト
最低値は72% !
同じテストは国内線で可能(時間は短い)
旅客機内で息こらえ
• 安静換気時のSpo2は少し低いだけ
(98vs95%)
• ところが息こらえでSpo2が激しく低下
例:FRCから息をこらえると
平地なら30秒の限界で90%を切る程度
低圧では30秒の限界で80%を切ることさえ
初期値の差は3%で最終値の差は10%以上
息こらえ:平地と高地:FRC
時間
Spo2の差
0秒
2.4%
10
3.7%
20
6.1%
30
10.2%
ギャップ次第に拡大
実際的意義がある?!
•
•
•
•
•
旅客機内の息こらえで低酸素が起こる
長距離飛行では必ず眠る→SAS
睡眠時無呼吸が重要なトラブルを招く危険
旅客機搭乗にパルスオキシメータ必携?
航空会社が備えるべきか?
附:航空機内の酸素利用
•
•
•
•
•
「旅客機内には酸素がある」は間違い!
天井から下がる酸素は自由には使えない
心筋梗塞になった患者一人に使用は不可
このルールは?
航空会社は再考すべき?
麻酔時やICUは何故「モニター」?
•
「訴え」、「症状」の情報が乏しい
–
–
•
重症患者に濃厚診療
–
•
麻酔薬、筋弛緩薬、意識の問題など
機器に依存する必要
患者一人に医師一人、又は看護師一人
病態の変化が速い
–
「分」単位、時には「秒」単位で変化
「モニター」に今後求めるもの
•
•
•
•
現在「検査」で「モニター」に使える機器と
パラメーターは?
ホームケアでのモニター
医療用機器で、「家庭用」になるものは?
それが最終的に国民の健康増進に?
–
体温計と血圧計の有用性は疑いもない!
たとえば?その1.禁煙
•
「禁煙」をモニターから攻められないか?
–
–
–
–
一酸化炭素量を時々刻々見せる!
運動機能の低下をみせる?
気道上皮の損傷をみせる?
他には・・・・・・・
たとえば? その2:健診
•
今の健診:「個々のパラメーター」の合計
–
•
有用性は疑いもないとして・・・・・・・
「病態の存在自体」を直接モニター?
–
–
–
運動機能の低下をみせる
DNA 破壊の状況をみせる
他には・・・・・・・
たとえば? その3:体重モニター
•
•
級会での観察:医学部級会・高校・教養部級会
医師は自分をケアはしているだけ?
–
•
肥満者の医療は大きな負担
–
–
–
•
•
医療者としての「声」は?
二重の負担:肥満関連疾患、同一疾患で治療困難
介護の場では重大に相違ない
「割り増し料金制?」、「肥満税!」
「体重をモニタ!」
「体重モニタは社会に生る個人の責任!」
高齢社会と「モニター」
•
•
•
•
•
•
小事件でも影響は甚大
「健常性のチェック」
そうして「健常性の維持」
そのためにも優れたモニターを
病院・診療所との連携も
ともあれ「モニター」の考え方を!
ダウンロード

「モニター」と「検査」