貴重文物講習会 第13回(平成20年度 第7回)
九 州 大 学 と ア ー ト
-過去から未来へ-
平成20年10月24日(金)15:00~16:30
中央図書館新館4階 視聴覚ホール
後小路雅弘(人文科学研究院教授)
はじめに─赤タスキで応召した
肖像たち
平成18年度・19年度P&P
九州大学教育研究プログラム・研究拠
点形成プロジェクト
「大学とアート~〈公共性〉の視点から」
ある日の調
査風景・・・
絵画修復家による調査
1.青山熊治「九州大学工学部壁画」
をめぐって
九州大学工学部本館に一枚の壁画があるの
を知っていますか。
九州大学
旧工学部本館
昭和5年竣工
その壁画の
運命を知って
いますか。
九州大学工学部本館会議室
青山熊治「壁画」全図
作品の基礎データ
•
•
•
•
•
•
•
題 名 「九州大学工学部壁画」
作 者 青山熊治(明治19年生~昭和7年没)
制作年 昭和7年(未完)
設置 昭和8年5月3日
技法材質 油彩・画布
サイズ 257cm×572.3cm
中央下部に金属板「西川博士還暦記念 昭和7
年 筆者 青山熊治」
• 設置場所 九大工学部本館4階 第二会議室
依頼者=西川虎吉
明治 元年
明治26年
明治29年
明治41年
大正 5年
昭和 4年
昭和11年
昭和23年
大阪市生まれ。
東京帝国大学工科大学卒
東大助教授を辞し、日本舎密製造入社
九州帝国大学工科大学教授
旭硝子顧問となりソーダ事業実現へ尽力
九大を定年退職
満州曹達社長
死去 享年81歳
安田宣義「近代日本化学工業草創秘史29ソーダ灰工業─アンモ
ニア法ソーダ工業(3)7.〈ソーダの父〉西川虎吉博士」『化学工
業』1989年12月号
朝倉文夫「西川虎吉博士像」
壁画制作の経緯
• 西川虎吉(談)「故青山熊治氏の人と絵」『美
術新論』No.76 8-2 1933年2月号
• 昭和4年僕は停年で九州大学を退職したの
で、有志諸君が何かこの際記念品を作ってや
らうと云ふ計画があった。大正十二年に工学
部が焼けて、その復旧工事が昭和5年に出
来ることになってゐたのでこの私の記念品と
して、その会議室に壁画を作らうと云ふことに
なった。
西川博士の意図
•
西川虎吉(談)「故青山熊治氏の人と絵」
『美術新論』No.76 8-2
• 欧洲各国の大学や、公の建築物は必ず絵画
や彫刻の様な美術品で飾られてゐる。我国
に於ても将来大建築物と共にこの美術品が
遺される事は、色々な点に意義を齎らすもの
であると思っていたので、この際壁画でもつ
くって戴けたら、誠にいい記念ともなるし、喜
ばしいことだと思ってゐた。
青山熊治
•
•
•
•
•
1886・明治19年生~1932・昭和7年没
兵庫県生野町生まれ
東京美術学校中退
明治40年 東京府勧業博覧会 「老坑夫」2等賞
明治43年 第13回白馬会 「アイヌ」白馬会賞 第
4回文展 「九十九里」3等賞
• 明治44年 第5回文展 「金仏」2等賞 「ホワンチ
ウ」
• この後 福岡、満州、ヨーロッパを彷徨
青山熊治
• 大正15年 第7回帝展 「高原」特選・帝国美
術院賞
• 昭和3年 第9回帝展 審査員 「黄昏」
• 昭和4年 第10回帝展 「朝」
• 昭和5年 第11回帝展 審査員
• 昭和6年 第12回帝展 審査員 「静物」
• 昭和7年 第13回帝展 「投網」
青山熊冶の画業
Ⅰ 白馬会・文展で受賞を重ねる20代前半
Ⅱ 福岡・満州・ヨーロッパを流浪
Ⅲ 帝展に復帰 受賞→審査員 40代
テーマ
• 西川虎吉「青山熊治君と壁画」『福岡日日新聞』 昭
和8年12月9日
• 壁画の意味は、木、火、土、金、水の五行を工科
に属する原始的人物として、此等の職人が今や山
気神聖にして将に立春に入り万木草花発芽開化せ
んとする時に当って自己の英気を養ひつつ残雪を
頂ける高原に集まり、牧童の一笛を聴きつつ休養
せる有様で、ぼんやりした所に何物か活気を貯へて
一致協力仕事に従事せんとするのであって大工、
左官、鍛冶屋、等の人物、山あり、水あり、水車あり、
小舟あり、陶器窯ありと云ふ様な具合であって、五
行の調和宜しきを得て産業の発達を来すの意であ
る。
壁画(部分)
木
火/土
水
←
→
金
水車
木
土
火
陶器/窯
ソルボンヌ大学「諸科学の寓意」(絵葉書)
2.肖像画と肖像彫刻
(1)総長たちの肖像画
岡田三郎助「第
2代総長真野文
二像」1922年
和田英作
「第4代総長
松浦鎮次郎
像」1938年
山喜多二郎太「第3代総長大工原銀太郎
像」1932年
中村琢二「第9代総長菊池勇夫」195
3年頃
応用化学教室
(2)博士たちの肖像画/肖像彫刻
鹿子木孟郎「宇佐見桂
一郎先生像」1928年
和田三造「不詳」
満谷國四郎「高
壮吉先生肖像
画」1930年
山崎朝雲「大森
治豊先生像」1
910年
小田部泰久「大
森治豊先生像」
(三代)1973年
原田新八郎「吉田
とめ像」医学部
3.中山森彦博士が愛した仙厓
仙厓 群蛙図
座禅志て 人は仏になると云 我れは かえる
の子はカエル也
仙厓義梵(せんがいぎぼん)
(1750~1837)。
• 江戸時代後期の臨済宗妙心寺派の禅僧。美
濃国生まれ。40歳から62歳に至る23年間を
聖福寺の第123世住持としてすごす。本格的
な作画は住職を退任した以降で、禅の教えを
ユーモアをもって描き、その画は人柄とともに
博多の人々に親しまれた。
• 「うらめしや わがかくれ家は雪隠か 来る人
ごとに 紙おいていく」(仙厓自作の狂歌 )
中山森彦博士と仙厓コレクション
• 106点の仙厓関係資料(仙厓作品36点、複製品69
点、山崎朝雲作木彫仙厓和尚坐像1点)
• 実弟平次郎博士(本学医学部名誉教授)の所蔵品
と合わせて、昭和34年に妹の小春氏により文学部
に寄贈。博士は、明治40年に創設まもない本学医
学部(当時、京都帝国大学福岡医科大学)第二外
科2代目の教授として赴任。大学付属病院長などを
勤め、大正6年に退官。外科手術の権威であり、本
学医学部の臨床医学育ての親とされる。美術にも
造詣が深く、美術品収集家としても著名であった。
「博士の集めたコレクション 中山森彦と仙厓」展
2008年5月 九大中央図書館
「美術」と「美術でないモノ」のはざまで
南薫造「古城朝暾(白鷺城)」1917年
多々羅義雄「(博多湾鵜来島遠望)」1928年
安永良徳 青陵の泉 1968年 六本松地区
久保記念館 1927年
朝倉文夫
久保猪之
吉先生像
構成見本園(永見健一) 1935年 農学部
ストックアンカー
1932年
利休ゆかりの釜掛けの松
ムラージュ(人体模型) 医学部新島
嘯風
まとめに代えて─九大とアートの
新たな関係を求めて
伊都キャンパスのアート・プロジェクト
林明弘(リン・ミンホン/マイケル・リン)「グリーン
ハウス」2008年 伊都・工学部
たほりつこ「QIAO チャオ」2006年
再び旧工学部
本館へ
ダウンロード

貴重文物講習会 第13回(平成20年度 第7回) 九 州 大 学 と ア ー ト