ひとりでも 住み慣れた自宅での
生活を望んでいる Aさん
~地域の方々の
サポートを受けて~
スライド イントロ
これは、地域の方々のサポートを受けて、
在宅療養の想いをかなえることができた
Aさんのお話です。
①
スライド ①
• もうすぐ80歳を迎えるAさんは、妻と2人で
暮らしています。
• 若い頃はタクシーの運転手として働いていま
したが、15年ほど前に体調を崩してからは、
アルバイトをして暮らしていました。
• Aさんには4人の子供がいましたが、
それぞれ市外や県外で暮らしていました。
②
スライド ②
• Aさんは、アルコール依存症で酒癖が悪く、
近所の方と喧嘩をすることもありました。
• 集落の行事に参加することもなく、
地域の方との関わりも
ほとんどない状況でした。
③
スライド ③
• また、時には、うつ状態になって、
自宅に閉じこもることもありました。
• Aさんは、妻から薬を飲ませてもらうなどして、
何とかうつ状態を乗り切ることができていました。
④
スライド ④
• そんなある日、Aさんを熱心に介抱していた
妻が急死しました・・・。
• Aさんは、ただただ泣き伏せるばかりでした。
⑤
スライド ⑤
• Aさんは、妻が亡くなり、一人暮らしとなりました。
• 4人の子供も、酒癖が悪く、父親のことで
いい思いをしていなかったこともあり、
相変わらず疎遠になっていました。
• また、近所の人も、これまでのトラブルから、
Aさんの自宅をほとんど訪れていませんでした。
• Aさんの自宅にはゴミが散乱し、
暮らしぶりも徐々に荒れていきました。
⑥
スライド ⑥
• そうした中、Aさんの自宅には、週に1回、
訪問看護師が訪ねていました。
• Aさんはアルコール依存症やうつ傾向があり、
一人暮らしでもあったため、病院からの
すすめで訪問看護を利用し、お薬の服用状況や
うつの状態を看てもらっていました。
• ただ、訪問のたびに、家の中は荒れていく一方で、
その様子を見かねた訪問看護師は、近くの
地域包括支援センターへ相談することにしました。
⑦
スライド ⑦
• 地域包括支援センターの担当者が、Aさんの
自宅を訪問しました。
• Aさんの想いを伺うと、
「このまま自宅で生活していきたい。
でも、家事もできないし、とにかく一人で
暮らすのが寂しい。」とのことでした。
⑧
スライド ⑧
• 地域包括支援センターの担当者は、
一人暮らしのAさんを支えていくため、
介護保険の申請を行い、
Aさんは「要支援1」と認定されました。
• 地域包括支援センターでは介護サービスの
プランが立てられ、Aさんは、買い物や
掃除の支援、お薬の服用や日々の体調の
確認など、週に2回、訪問介護のサービスも
受けられるようになりました。
⑨
スライド ⑨
• 一方、地域包括支援センターからは、
疎遠になっている子供たちに、介護の協力を
求めていましたが、子供たちはAさんと関わる
ことを頑なに拒み続けました。
• 地域包括支援センターの担当者は、
介護サービスの事業者や集落の区長、
民生委員と話し合い、力を合わせて
Aさんの見守りを続けていくことにしました。
⑩
スライド ⑩
• それからしばらくしたある日のこと。
• Aさんの自宅を訪問した区長と民生委員が、
地域包括支援センターの
ケアマネジャーのところへやってきました。
• 2人からは、「このまま家にいたいというのが
本人の気持ちだが、もしもの時を考えると
このまま一人暮らしでおいておくのは心配だ」
とのお話がありました。
⑪
スライド ⑪
• お話を受けた地域包括支援センターの
ケアマネジャーは、介護サービスのプランを
練り直しました。
• Aさんの自宅には、週に1回、
普段の見守りを手厚くすることも兼ねて、
お昼のお弁当が届けられる配食サービスが
行われるようになりました。
⑫
スライド ⑫
• こうした生活を続けていたAさんでしたが、
それでも一人暮らしの寂しさは解消されず、
うつ状態になり、
外出もしなくなってしまいました。
• 食欲もみるみる無くなってゆき、
薬の飲み忘れも目立つようになって
いきました。
⑬
スライド ⑬
• 地域包括支援センターのケアマネジャーは、
訪問看護師からAさんの状況を聞きつけ、
Aさんの子供たちに、
どうしても協力が必要なことを連絡しました。
• しかし、Aさんの長女からは、
「私も自分の家庭のことで精いっぱい。
でも、父がしっかり火の始末をできるかが心配。
一人で倒れていても助けてあげられないから、
施設に入れてもらいたい」と強く求められました。
• Aさん本人は以前と変わらず、「この家で愛犬と
一緒に暮らしたい」の一点張りでした。
⑭
スライド ⑭
• 地域包括支援センターのケアマネジャーは、
関係者を集め、Aさんの今後を考えるために
カンファレンスを行うことにしました。
• その結果、身近な地域の方が日々の暮らしを
サポートする制度を利用し、Aさんの見守りを
行ったり、話し相手となる時間を増やしていく
ことになりました。
⑮
スライド ⑮
• 集落の区長や民生委員も、
火の始末や孤独死を出すかもしれないとの
不安はありましたが、Aさんが『自宅での
生活を強く希望している』ということで、
地域の方々に声を掛けてくださり、
集落の老人会の活動にも
誘ってもらえるようになりました。
⑯
スライド ⑯
• また、こうした地域の温かいサポートを
目の当たりにした長女にも、少しずつ意識に
変化が出てきました。
• Aさんが病院に通院するときには、
一緒に付き添うようになりました。
• また、時には、自宅までAさんの様子を
見にきたり、電話で安否確認もするように
なりました。
⑰
スライド ⑰
• Aさんの自宅には、今も継続して、
区長や民生委員、近所の方々が見守りに
訪れています。
• 長女からAさんの様子を聞いた長男も、時折、
様子を見に来るようになりました。
• 在宅での生活を望む想いに、
地域の方々が寄り添い、
その温かい地域のサポートが
「家族の絆」をも取り戻してくれました。
~おしまい~
ダウンロード

パワーポイント