プレゼンテーションの技術
~ビジュアルを生かす~
石原進(静岡大学工学部)
2004/6/8 改訂
1
ビジュアル化
ビジュアル化の利点


理解しやすくなる
説得力が増す
効果的なビジュアル化を行うために…


視覚原理に基づいたレイアウト・図解の専門知識
ソフトウェアの活用
 ソフトウェアに使われない→使い倒す!
2
ビジュアル化の基本
3
ビジュアル化の基本
過不足のない情報を見やすく伝える






ブロック化
ストーリー
視線の流れ
読みやすくする技術
バランス・リズム
検索性
写真・図・表を積極的に活用する
4
ブロック化
ブロック化=まとまりを作ること
意味上のまとまり⇒視覚的なまとまり
PDAの例としてはPalm, CLIE, Zaurus, GFORTなどがあ
り,Note PCの例としてはLet’s note, Lavie, iBook,
Dynabook などが挙げられる。
PDA
•Palm
•CLIE
•Zaurus
•GFORT
Note PC
•Let’s note
•Lavie
•iBook
•Dynabook
5
形や色で関連付ける
同じ性質のものは同じ形・色で示す
特徴1:熱に強い
耐熱素材製なのでお湯をか
けても溶けません。
特徴2:リサイクルも簡単
切り離しが必要な余分な素
材を使っていません
特徴1:熱に強い
耐熱素材製なのでお湯をか
けても溶けません。
特徴2:リサイクルも簡単
切り離しが必要な余分な素材
を使っていません
6
重要度を視覚化する
重要度に応じて視覚的に区分
重要:この部分は大変重要
なので,読んでおかないと
後で大変なことになります。
参考:これは参考事項であ
まり重要ではありません。
◆重要◆
この部分は大変重要な
ので,読んでおかないと
後で大変なことになりま
す。
【参考】 これは参考事項
であまり重要ではありま
せん。
7
全体を統一する
●●●●
●●●●
●●●●
●●●●
●●●●
●●●●
8
スライド上の文字について
9
「読ませる」ではなく「見せ
る」
障害発生後の性能低下を最小限にする
TCPの拡張方式QucikRecoverTCPを提
案する
提案:QucikRecoverTCP


TCPの拡張
障害発生後の性能低下を最小限に
10
「見せる」ための技術
メリハリのある簡潔な文
余分な語を省いて短く
箇条書きの活用
キーワードに括弧類を使う
体言止めの活用
図,表の利用
11
本文は10行以内に
北海道大学は札幌にあります
東北大学は仙台にあります
東京大学は東京にあります
静岡大学は二つの都市に分かれています


静岡市
浜松市
名古屋大学は名古屋にあります
大阪大学は大阪市と吹田市にあります
九州大学は福岡市にあります
これで10行です
12
本文の行数が20行あると…
北海道大学は札幌にあります
東北大学は仙台にあります
東京大学は東京にあります
静岡大学は二つの都市に分かれています


静岡市
浜松市
名古屋大学は名古屋にあります
大阪大学は大阪市と吹田市にあります
九州大学は福岡市にあります
これで10行です
北海道大学は札幌にあります
東北大学は仙台にあります
東京大学は東京にあります
静岡大学は二つの都市に分かれています


静岡市
浜松市
名古屋大学は名古屋にあります
大阪大学は大阪市と吹田市にあります
九州大学は福岡市にあります
これで20行です
13
文字の大きさ
大見出し: 36~44ポイント
本文:
24~32ポイント
24ポイントより小さい文字は読めな
い!

一番後ろの席からでも読めるように
32ポイント
28ポイント
24ポイント
20ポイント
18ポイント
使用不可!
14
フォントの選択
ゴシック系が基本


明朝体,教科書体,Times,Centuryは弱い
ボールドにしても弱いものは弱い
英文字:

Tahoma, Arial
日本語:


MS Pゴシック
HGP創英角ゴシックUB
※日本語フォントをボールドにしない

計算のみで太くしているので,画面表示・印刷
時につぶれる
15
ウィドウを避ける
1文字だけが次の行にはみ出る
こと
1文字だけが次の行にはみ出ること
1文字だけが次の行に
はみ出ること
16
行頭文字:適切に変更しよう
並列に書き連ねるときは
このように
同じ記号でも良いが…
① 順序を追って
② 説明するときには
③ 数字を使うとよい
※
行頭文字の変更には「書式」⇒「箇条書き
と段落番号」を選ぶ
17
図と表
18
図と表
わかりにくい内容には図や表を使う
適切な使い分けが必要






概念図(概念の構造や関係を表す)
原理図(原理を抽象化する)
工程図(工程の流れを示す)
構成図(システム構成など)
グラフ(数値の変化)
表(分類や比較を整理して示す)
図を言葉で補うことも必要
19
図を言葉で補う
絵だけではわからないことがある
1
Home Agent
Internet
Correspondent Node
2
Mobile Node
20
レイアウトの原則
基準線を意識する




左揃え,中揃え,右揃え
均等割付
上揃え,下揃え
インデント
メリハリをつける
21
揃える
パワーポイントの機能を活用



「図形の調整」⇒「配置/整列」
コピー&ペースト
グループ化
UDP
TCP
IP
IEEE802.11b
きもちわるい配置…
TCP
UDP
IP
IEEE802.11b
大きさ,間隔,位置を揃える
22
細かい「ずれ」をなくす
フォント,位置,線の重なりがおかしい
0
1
フォントを修正,整列,コネクタによる矢印の引きなおし
0
1
23
アクセント
視線の流れ
通常:真ん中⇒左上⇒右上⇒左下⇒右下
2
3
1
4
5
左上にアクセントをつける⇒視線を左上に
誘導
24
自然な流れに従う
アクティブな方向は右方向
モバイル
ブロードキャスト
次世代
情報社会
セキュリティ
25
逆向きにすると…
モバイル
次世代
情報社会
ブロードキャスト
セキュリティ
26
視覚効果:上昇基調を示すに
は?
右上方へ傾ける
1,000,000
1,000
10
1998
1999
2000
2001
27
向きを逆にすると…
1,000,000
1,000
10
どんづまっているように見える
2001
2000
1999
1998
28
線:細くしすぎない
意味を持たせるなら1.5ポイント以上に

パワーポイントのデフォルトは0.75ポイント
適切な太さに調整する
デフォルトの太さを変更

適切な太さの線を描いて選択後,右クリック⇒
「オートシェイプの既定値に設定」
0.75pt
1.5pt
2.25pt
3pt
29
色:ちょっとの工夫で大きな
効果
Simulations
Simulations
Keynote Speech
Keynote Speech
Collision
Collision
30
色:使いすぎは禁物
コントラストに気をつけて
原色を使いすぎない
ピンポイントで効果的に
タイトル
タイトル
タイトル
タイトル
タイトル
タイトル
全く読めませんね…
31
シンボル
シンボルの持つ正しい意味で使う

違う意味で使うと誤解を招く
通信網
ストレージ
通信
分岐
リサイクル
禁止
32
クリップアート
同じ系統のものを使う
使いすぎない
下品にしない
Interne
t
これは悪い例
33
グラフ
Excelでつくったままにしない

一手間かけてわかりやすく加工する
論文用とプレゼン用で作り分ける
具体的な技術




数字の桁数を少なくする
「凡例」ではなく「吹き出し」を使う
罫線を最小限に
色を適切に選択
34
Excelで普通に作ったグラフ
140000
Throughput [bps]
120000
100000
80000
Method 1
Method 2
60000
40000
20000
0
0
1
2
3
4
Packet Loss Rate [%]
5
6
35
修正版
Throughput [kbps]
150
Method 1
100
Method 2
50
0
1
2
3
Packet Loss Rate [%]
4
5
36
表
細かくしすぎない
バックを塗りつぶす
文字は揃える
タイトルははっきりと
37
改善の余地がある表
調査項目
アイテム
IT産業関連
パソコンハード
モバイルPC
携帯電話
ネットショッピング
オンライントレード
グルメ・料理
オンライントレード
音楽,映画,読書
財産
健康
Eビジネス分野
趣味関連
プライバシー
38
修正版
調査項目
IT産業関連
Eビジネス分野
趣味関連
プライバシー
アイテム
・パソコンハード
・モバイルPC
・携帯電話
・ネットショッピング
・オンライントレード
・グルメ・料理
・オンライントレード
・音楽,映画,読書
・財産
・健康
39
アニメーション
使いすぎない



せいぜい1つのスライドで1つか2つ
過度に使うと集中の妨げに
タイプライター表示などもってのほか!
表示の方向を自然に

矢印と同じ方向に
IPv4
IPv6
画面切り替え効果も有効


よく似たスライドの間
大きな話題の転換
40
作業効率を上げるために
41
マスタを使う
「表示」⇒「マスタ」⇒「スライドマス
タ」
42
レイアウト
「箇条書きテキスト」が基本
「白紙」は使わない
43
アウトライン
活用しよう
「白紙」レイアウトではアウトライン
に文字が反映されない
44
パワーポイント付属のテンプ
レート
そのまま利用できる部分


配色:美しい
文字のサイズ:小さすぎない・若干大きい
利用できない部分



バックグラウンドの絵:派手すぎるものが多い
レイアウト:タイトルが下寄りすぎる
フォント:弱いフォントを使っているものがある
※付属のテンプレートのレイアウトを改造
しよう
45
同じデザインテンプレートを
使う
デザインテンプレートには基本の配色が
付属
テンプレートを変更すると配色が変わる
同じ図でも,色の再修正が必要になるこ
とも
長く使える自分のテンプレートを持とう
46
使える図はストックする
再利用可能な図を一つのファイルで管
理


自作の図,表
再利用しそうなクリップアート
私のストックの例
Internet
47
スライドデータの管理
スライドにページ番号を入れる
タイトルスライドに日付けを入れる

バージョン管理に使う
著作権表示:必要に応じて
48
参考図書
日経BP社出版局監修,
「説得できるプレゼン・図解200の鉄
則」,
日経BP社,2001
49
ダウンロード

プレゼンテーションの技術(PPT資料)