農地パトロール(利用状況調査)と遊休農地指導の流れ(フロー図)
耕作放棄地全体調査と利用状況調査との一体的実施(市町村と農業委員会との連携)
あらかじめ実施時期を明確にする
農地基本台帳(すべての農地)による利用状況調査の実施(農地法第30条第1項)
現地調査を受けて非利用(緑、黄、赤)、低利用に区分
調査
結果
赤「森林・原野化
等しているもの」
農地と判断
された場合
は黄に編入
非農地
市町村の
解消計画
(意向を反映)
解消確認
緑「簡易な作業で
営農再開可」
農地法第30条第3項第1号農地
※点線
内が耕作放棄地全体調査
実施要領に基づくもの
農地法第30条第3
項第2号農地
点
線
農業委員会による遊休農地所有者等への連絡・意向確認
耕作・貸
付の意思
が明確で
ない
耕作の意思
はあるが再
開が見込ま
れない
指導
耕作を
希望
貸付を希望
貸付へ向けた
手続き
(原則として書面)
(運用通知 第3の 2(2)イ・ウ・エ)
①円滑化団体へ白紙
委任(利用権設定等
委任契約書)
②農業委員会への農
地あっせん申出
③農地情報提供シス
テムチラシへの登録
等
指導に従わない
遊休農地である旨
の通知
市町村が結果を
とりまとめて都道
府県へ提出
低利用
※
(市町村が農業委員
会に農地・非農地の
判断を依頼)
黄「基盤整備によ
り営農再開可」
※借り手等が直ちに
は見込まれない場合
は見つかるまでの間
の維持管理をあわせ
て指導
利用計画届出
勧告
農地保有合理化法人等
と協議・調停
手続き完了
都道府県知事が
通知・公告等
耕作
再開
平成24年5月
特定利用権等の設定
他者へ
の貸付
内
が
農
地
法
に
基
づ
く
指
導
計(
書
)面
ま
た
は
口
頭
に
よ
る
指
導
(
意
向
確
認
含
む
)
を
指
導
件
数
と
し
て
集
ダウンロード

3 別掲 農地パトロールと遊休農地指導のフロー図