京都のホテルにおける受動喫煙対策
実態調査
平成17年度 厚生労働科学研究 健康科学総合研究事業
「受動喫煙対策にかかわる社会環境整備についての研究」
主任研究者:産業医科大学 助教授 大和 浩
共同研究者:京都禁煙推進研究会
事務局長
田中善紹
担当世話人 栗岡成人
担当会員
伊東 宏、小笹晃太郎、小佐々晴夫
繁田正子、江嵜高史、長谷川豪志
藤原正隆、安田雄司、森 忠昭
産業医科大学
永渕祥大、吉積宏治
本研究事業の背景

タバコ規制枠組み条約(Frame Work Convention on
Tobacco Control: FCTC)発効(2005年2月)
タバコ消費の抑制を目的とした国際条約

批准国は「受動喫煙の防止について効果的な
措置の採択および実施を積極的に促進す
る」義務を負う
本研究事業の目的
健康増進法、職場における喫煙対策のためのガイ
ドラインにより、学校、病院、官公庁における受
動喫煙対策は普及し、監督官庁による調査も実施
されてきた
 宿泊施設、飲食店における受動喫煙対策の実態に
ついては統一された形式による調査はない
 日本を代表する観光都市、京都のホテルにおける
受動喫煙対策の実態を全数調査で把握し、対策が
不十分な施設には禁煙化・分煙化を要請する

調査対象と方法

対象:京都市内の100室以上の57ホテルおよび公共
の宿16ホテル(国家公務員共済、私学共済など)

方法:質問紙を郵送、担当者(京都禁煙推進研究会、産
業医大)が全ホテルを訪問して回収。その際に、受動喫
煙対策の回答と実態が一致するかどうかを確認
質問項目:
 法・規制の認識状況、受動喫煙対策の方針の有無
 禁煙フロア、禁煙ルームの数と割合
 レストランの受動喫煙対策の内容
 受動喫煙対策推進に関する今後の方針 など

タバコ対策に関する73ホテルの姿勢
法律、条約、ガイドラインの認知度
受動喫煙の有無に関する評価基準



禁煙フロア数、禁煙ルーム数とその割合
ロビーは全面禁煙、喫煙室+排気装置のいずれか
レストランについては全席禁煙、個室で分離のいずれか
全面禁煙ロビー
喫煙室以外は禁煙
フロントロビーの現状と今後の予定
73施設中、
「検討中」が1施設。
「未回答」が1施設。
漏れのない喫煙室のある
ホテルは「すでに禁煙」
と回答。
ホテルの姿勢によるフロントロビー
同エレベーターホール(EVH)の禁煙状況
ホテル別、禁煙ルームの割合
禁煙ルーム4割超:8ホテル
ザ・パレスサイドH: 70%
アパヴィラH京都駅前:55%
スーパーH京都・烏丸五条:54%
コープイン京都:49%
アパH京都堀川通り:48%
京都センチュリーH:46%
R&B京都駅八条口:44%
京都宝ヶ池プリンスH:43%
禁煙ルームなし:16ホテル
一般ホテル平均:23.1%
公共の宿平均 : 2.6%
全体の平均
:22.1%
規模、方針別の禁煙ルーム率
一般ホテル:23.1%
公共の宿 : 2.6%
全体
:22.1%
レストラン朝食時:111店
69店(62%)は全席禁煙
+4店に無煙席:テラス/ロビー/個室
ホテルレストラン
時間帯別分煙状況
単位:店舗数
朝食:111店
昼食:155店
夕食:167店
ホテルレストラン全席数と無煙状況
今後、受動喫煙対策を強化するか?
ホテルの受動喫煙対策ランク表
公共空間:フロントロビー、フロント階エレベーターホール、
宴会場周囲、喫煙可ルームのある客室フロア
飲食店:店舗ごとに点数を出し、平均値を求める
情報開示:1)基本方針のホームページなどへの開示
2)禁煙フロア、禁煙ルームの有無の開示
3)禁煙ルームの数の開示
4)飲食店の禁煙、分煙方針の開示
結 語
京都のホテル(一般100室以上、公共の宿)の受
動喫煙対策について全数調査をおこなった
 禁煙ルームの割合は一般ホテルで23%、公共の
宿で2.6%、全体では22%であった
 レストランで受動喫煙を受けない席の割合は朝
食時66%、昼食時17%、夕食時12%であった
 半数以上のホテルは、行政からの指導、健康増
進法に罰則、顧客からの要望があれば「受動喫
煙対策を強化する」と回答したことから、各立
場からの要請をおこなうことが必要であると思
われた

京都八条口
某ホテル
新館部分、
8割が禁煙室
ホテル日航プリンセスも英断!
禁煙ルーム5割
レストランの全面禁煙化、原則禁煙
ユーザーが禁煙の施設を利用
↓
↑
禁煙の施設が増加
良循環を促進しよう
http://www.tobacco-control.jp/
京都のホテルのデータはホームページで公開中
22.1%
20.7%
20.0%
17.2%
ホテル内飲食店における受動喫煙曝露状況・4都市比較
朝食時
席数
昼食時
席数
夕食時
席数
受動喫煙曝露のない席の割合
朝食時
昼食時
夕食時
ダウンロード

他人の煙は迷惑 - わが国の今後の喫煙対策と受動喫煙対策の方向性と