研究計画:
「患者の医療安全への参加」促進活動
に関するアクション・リサーチ
○ 森永今日子
三沢 良
山内桂子
(北九州市立大学大学院社会システム研究科)
(九州大学大学院人間環境学府)
(東京海上メディカルサービス株式会社
メディカルリスクマネジメント室)
1
近年相次いで生じる医療事故
各医療機関において事故防止・安全管理を
徹底する取り組みがなされている
・ 医療職を対象とする安全教育・研修の実施
・ インシデントの収集・分析
しかし、
「医療機関だけの取り組み」で十分なのか?
2
「事故を完全に防止可能な唯一の方策はない」
様々な観点から様々な方策を検討することが必要
(“複雑な問題に対する多面的な答え”; IOM, 2000)
その一つとして...
“患者の医療安全への参加”が重要
・ 安全設計と医療提供プロセスへ患者を参加させる
(IOM, 2000)
・ 患者を中心とするチーム医療が提唱
(鷹野, 2002; 細田, 2003)
・ 医療行為の患者・医療者 協同モニター・モデル
(山内 et al., 2002)
3
医療行為の患者・医療者 協同モニター・モデル
(山内 et al., 2002)
医療者
行動モニター
意図
計画
実行
結果
行動モニター
患者
4
「患者の医療安全への参加」促進を
意図した先進的な取り組み
福岡県内A病院:
患者に医療安全への参加を呼びかける
リーフレットの配布(平成16年4月から開始)
安全な医療のために患者さんにお願いしたいこと
項目1.患者自らフルネームを名乗る。
項目2.自分の薬を確かめる。
項目3.疑問があったらすぐに医療スタッフにたずねる。
5
本研究の目的
「患者の医療安全への参加」促進を意図した
リーフレット配布活動の効果を検討する。
リーフレット
項目1.自らフルネームを名乗る。
項目2.自分の薬を確かめる。
項目3.疑問があったら尋ねる。
継続的に配布
「医療安全への
患者
参加行動」が
促進される?
6
期待される効果
患者の「医療安全への参加行動」
=実施項目1~3
●意識レベルの変化
「医療安全への参加行動」に対する抵抗感が低下
●行動レベルの変化
「医療安全への参加行動」の実施頻度が増加
●副次的効果
「医療安全への参加行動」が促進されると、
より広範な「医療者と患者の協同」活動が発現
7
調査1:
患者の医療安全への参加に関する縦断的調査
●目的
患者の「医療安全への参加行動」に関する意識
レベルと行動レベルの変化を時系列的に検討。
= リーフレット配布の効果を測定
●調査計画
全3回にわたる縦断的調査を実施
第1回測定 : 配布開始3ヶ月経過時(H16,7月)
第2回測定 : 配布開始9ヶ月経過時(H17,1月)
第3回測定 : 配布開始15ヶ月経過時(H17,7月)
8
●調査方法
調査対象
患者: A病院の患者(病棟単位)。
(自己管理可能な状態にあり、質問紙への回答が
可能な患者の多い病棟を選定。)
医療者: A病院の看護師、医師、薬剤師、技師。
測定指標
3種類の「医療安全への参加行動」の各々に
ついて、以下の指標を測定。
物理的指標 : 問い合わせ件数のカウント。
行動指標
: 観察調査。
心理指標
: 質問紙調査。
9
<測定方法案>
項目1.患者自らフルネームを名乗る
観察調査(A)
看護師が病棟で与薬などの処置を行う場面を観察。
観察者は看護師に同行する。
予想される患者の行動パターン:
「自ら自然に名乗る」、「自然ではないが名乗る」
「看護師に促されて名乗る」、「名乗らない」
観察者
10
<測定方法案>
項目1.患者自らフルネームを名乗る
観察調査(B)
検査室やリハビリ室に観察者が待機して観察。
予想される患者の行動パターン:
「自ら自然に名乗る」、「自然ではないが名乗る」
「看護師に促されて名乗る」、「名乗らない」
観察者
11
<測定方法案>
項目1.患者自らフルネームを名乗る
観察調査(C)
外来の診察室に観察者が待機(患者からは見え
ない位置)して観察。
予想される患者の行動パターン:
「自ら自然に名乗る」、「自然ではないが名乗る」
「看護師に促されて名乗る」、「名乗らない」
観察者
12
<測定方法案>
項目1.患者自らフルネームを名乗る
質問紙調査(A)
対象:医療職(看護師、医師、薬剤師、技師)
質問項目:病棟の患者の行動および規範について問う
①患者の項目1の実行の程度、②項目1の必要性・重要性、
③項目1に関して困っていること
質問紙調査(B)
対象:患者(病棟単位、比較的自己管理可能)
質問項目:自分の行動および病棟の規範について問う
①自分の項目1の実行度、②項目1の実行に対する抵抗感
③他の患者の項目1の実行度、④病棟内の規範、
⑤項目1の必要性・重要性、⑥項目1に関して困っていること
13
<測定方法案>
項目2.自分の薬を確かめる。
物理的指標
薬剤部、ナースステーションへの患者からの問い合わ
せ件数をカウント。
患者の指摘による薬の変更の件数をカウント。
観察調査(A)
看護師が病棟で与薬などの処置を行う場面を観察。
予想される患者の行動パターン:
「自ら自然に確認」、「自然ではないが確認」
「看護師に促されて確認」、「確認しない」
14
<測定方法案>
項目2.自分の薬を確かめる。
観察調査(B)
観察者が薬剤部に待機し、問い合わせの様子を観察。
観察者
15
<測定方法案>
項目2.自分の薬を確かめる。
質問紙調査(A)
対象:医療職(看護師、医師、薬剤師、技師)
質問項目:病棟の患者の行動および規範について問う
①患者の項目2の実行の程度、②項目2の必要性・重要性、
③項目2に関して困っていること
質問紙調査(B)
対象:患者(病棟単位、比較的自己管理可能)
質問項目:自分の行動および病棟の規範について問う
①自分の項目2の実行度、②項目2の実行に対する抵抗感
③他の患者の項目2の実行度、④病棟内の規範、
⑤項目2の必要性・重要性、⑥項目2に関して困っていること
16
<測定方法案>
項目3.疑問があったらすぐに医療スタッフに尋ねる。
物理的指標
ナースステーションへの問い合わせ件数をカウント。
観察調査(A)
看護師が病棟で与薬などの処置を行う場面を観察。
観察調査(B)
観察者が薬剤部に待機し、問い合わせの様子を観察。
17
<測定方法案>
項目3.疑問があったらすぐに医療スタッフに尋ねる。
質問紙調査(A)
対象:医療職(看護師、医師、薬剤師、技師)
質問項目:病棟の患者の行動および規範について問う
①患者の項目3の実行の程度、②項目3の必要性・重要性、
③項目3に関して困っていること
質問紙調査(B)
対象:患者(病棟単位、比較的自己管理可能)
質問項目:自分の行動および病棟の規範について問う
①自分の項目3の実行度、②項目3の実行に対する抵抗感
③他の患者の項目3の実行度、④病棟内の規範、
⑤項目3の必要性・重要性、⑥項目3に関して困っていること
18
調査2:
医療行為における「医療スタッフと患者の協同」
に関する横断的調査
●目的
リーフレットの実施項目以外に、副次的に派生してくる
「医療スタッフと患者の協同」について検討。
医療者 : 患者の参加を促進しようと働きかける
患者 : 医療安全へ積極的に参加しようとする
・ 「医療スタッフと患者の協同」測定尺度の開発
・ 病院間比較による横断的調査の実施
19
●調査計画
尺度項目の作成 (H17年7月)
・ 調査1の第1測定時に収集した資料(観察調査と
質問紙調査)に基づき、尺度項目を作成。
・ 医療職および患者へのプレテストを実施し、尺度
の精緻化を図る。
(可能であればグループ・インタビューも実施)
質問紙調査の実施 (H17年1月?)
・ リーフレット配布開始数ヶ月後の時点で質問紙
調査を実施。
20
●調査方法
対象 :
リーフレット配布実施病院、および他の病院
の医療職(看護師、医師、薬剤師、技師)と患者。
方法 :
自記式のアンケート。
分析:
データは病院間または病棟間を分析単位として
比較する。
21
ダウンロード

発表資料 - Biglobe