4.「血液透析看護共通転院サマリーVer.2」
の説明
3)本サマリーVer.1に関する評価の研究
目的
• 群馬県腎不全看護セミナーでは、透析条件
や疾患情報だけではなく、看護に関する情報
を網羅する共通転院サマリーを作成した。
• そこで、この血液透析看護共通転院サマリー
ver.1に関するアンケート調査をし、評価を
行った。
研究方法
1)対象
幹事会に参加している8施設のスタッフで、
本調査の主旨を説明し同意を得た102名
2)方法
①調査項目は、 第31回群馬県腎不全看護
セミナー (2008年9月)において、群馬大学医
学部保健学科の岩永喜久子先生の<医療・
看護情報としての看護記録>の講演内容を参
考に作成した。
【データ・情報・知識の定義】
・解釈なしに客観的に示される個々の存在
「データ」 :病名・検査データなどの情報
・解釈・整理され、構造化されたデータ
「情報」 :自己管理内容・教育内容
リスクマネジメント
・相互の関係が明らかにされ、多くの人に認め
られるように統合された情報
「知識」 :看護問題・患者の全体像
調査項目について
「データ」
<他院からのサマリーと比べて>
1)見やすいか
2)必要な情報が足りているか
3)不要な情報はあるか
<自院のサマリーと比べて>
1)書きやすいか
2)必要な情報が伝えられるか
3)不要な情報があるか
調査項目
「情報」
<他院からのサマリーと比べて>
4)自己管理に必要な情報が把握できるか
5)転出先で実施した教育内容は把握できるか
6)リスクマネジメントに関する問題は把握できるか
<自院のサマリーと比べて>
4)自己管理に必要な情報が記載できるか
5)今まで実施した教育内容は記載できるか
6)リスクマネジメントに関する問題は記載できるか
調査項目
「知識」
<他院のサマリーと比べて>
7)患者の全体像が把握できるか
8)継続的に必要な看護問題が把握できるか
9)看護計画立案の参考になるか
10 )患者の訴えが把握できるか
<自院のサマリーと比べて>
7)患者の全体像が記載できるか
8)継続的に必要な看護問題が記載できるか
9)自分たちが行っている看護計画が記載できるか
10 )患者の訴えが記載できるか
選択肢: 1.そうではない 2.あまりそうではない
3. まあそうである 4. そうである
②アンケートの配布・回収方法
アンケートは透析スタッフに手渡し、記入
されたものは各施設で封筒を用意し回収し
た。
③分析方法
他院と自院に関する調査項目の全体の
平均点を算出、それをそれぞれ各項目の
平均点と比較し評価した。
分析には、Wilcoxon検定を用いた。
倫理的配慮
本調査の概要と目的を説明し、調査から得ら
れたデータは個人が特定されないよう無記名で
統計処理すること、調査協力は自由意志であり
調査に協力しなくても不利益が生じないこと、
ならびに本調査の結果は公表される可能性が
あることを文書にて説明し、同意を得た。
結果 (調査対象者の背景)
図1 8 施設 102名
H 透析施設 12名
A 透析施設 18名
G 透析施設 9名
B 透析施設 12名
F 透析施設 26名
C 透析施設 8名
E 透析施設9名
図2 性別
女性 85名
男性 17名
D 透析施設 8名
n = 102
平均年齢 37.7歳
平均経験年数 14.9年
図3 他院からの転院サマリーと
共通転院サマリー Ver.1の比較
n = 102
** p < 0.001
* p < 0.01
点数
3.5
**
**
**
**
*
*
**
3
2.5
2
1.5
1
0.5
0
見やすい 必要情報
が足りて
いる
不要な 自己管理 教育内容 リスク 患者全体 看護問題 看護計画 患者の訴え
の把握
情報 情報
の把握
マネジ 像の把握 の把握
立案の
がある
メント
参考
情報
図4 自院の転院サマリーと
共通転院サマリー Ver.1の比較
n = 102
** p < 0.001
* p < 0.05
点数
3.5
3
**
**
*
*
*
**
*
**
**
2.5
2
1.5
1
0.5
0
書きやすい 必要な
情報が
伝えら
れる
不要な 自己管 教育内容 リスク
情報が 理情報 の記載
マネジ
ある
メント
情報
患者の 看護問題 看護計画 患者の
の記載
全体像 の記載
訴えの
記載
の記載
考察
「データ」について
・ 「見やすさ」「書きやすさ」の点では、評価が低
い。
見慣れていない、書きなれていない
・ 「必要な情報は足りているか」「必要な情報が
伝えられるか」は評価が高い。
転院時の必要な項目を満たしているサマ
リー
「情報」
・自己管理・教育内容についての評価は高い。
継続的に看護が支援しやすくなる
・ 「リスクマネジメントに関する問題は把握でき
るか」「リスクマネジメントに関する問題は記
載できるか」の評価は高い。
患者の安全に関わる情報を伝達できる
「知識」
・ 「患者の全体像が把握できるか」「患者の全
体像が記載できるか」と「継続的に必要な看
護問題が記載できるか」「継続的に必要な看
護問題が把握できるか」の評価は高い。
看護に必要な情報が伝えやすく、
把握しやすいサマリー
・ 「患者の訴えが把握できるか」「患者の訴えが
記載できるか」については、評価が低い。
記載側に患者の言葉を入れるような工夫が必要
まとめ
共通転院サマリーVer.1は、
患者の経過や情報が要約されたものであり、
患者が他施設に転院しても
安全で継続的な看護ケアを受けられるといえる。
アンケート調査では、「見やすさ」・「書きやすさ」の評価がやや低かった。
↓
群馬県腎不全看護セミナー©
血液透析看護共通転院サマリーVer.2にて改訂!
ダウンロード

4. - 群馬大学 岡研究室