研修③支援の活用を学ぶ
「支援技術」
支援技術と「モバイル型遠隔情報保障
システム」の体験
1
研修の流れ
①授業サポートの必要性
②連係入力体験
パソコンノートテイクの仕組みを知り
実際に連係入力をしてみよう!
③「モバイル型遠隔情報保障システム」体験
先端技術を使った情報保障を体験しよう!
2
授業サポートの必要性
3
授業サポートの必要性
?
?
!
!
!
?
聴覚を活用しても、取得で
きない情報を補完するため
に…
!
!
音声-文字変換
文字による通訳(手話による通訳も含めて)… 「情報保障」
4
情報保障がある授業の例―ノートテイク
PEPNet-Japan DVDシリーズ
Access!聴覚障害学生支援②
小さな「気づき」で変わる授業・
変わる大学
※ 音声を聞き取りづらく作り変えています
5
情報保障がある授業の例
―パソコンノートテイク
PEPNet-Japan DVDシリーズ
Access!聴覚障害学生支援②
小さな「気づき」で変わる授業・
変わる大学
※ 音声を聞き取りづらく作り変えています
6
連係入力体験
7
連係入力例
原文:今日は、この新聞記事を見ながら話しますが、実はこの新聞
記事は2008年の7月ですから、ちょうど3年前の今頃の・・・。
2人で協力して1つの文を作成します!
(交代に入力するのではありません)
今日は、この新聞記事を
見ながら話しますが、
実はこの新聞記事は
2008年の7月
時間
連係入力体験
プロジェクタに順番に表示される文章を読み取り、
IPtalkを使って連係入力をしてみましょう!
今日は、この
見ながら
3分間×3交代
(準備各2分)
IPtalkの準備を!
「モバイル型遠隔情報保障システム」
体験
10
「モバイル型遠隔情報保障システム」体験
携帯端末に文字が
流れる様子を体験し
てみよう!
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/ce/mobile1/index.html
11
• 本スライドは、以下の研修会のために講師が作成した教材を元
に、一部修正の上使用したものです。
• 本教材の著作権はPEPNet-Japanに帰属しています。
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)
「平成23年度 聴覚障害学生エンパワメント研修会」
支援の活用を学ぶ「支援技術」
講師:三好茂樹氏(筑波技術大学)
12
ダウンロード

研修④就職に備える 「職場での困難(ロールプレイ)」