IHE 放射線部門のワークフロー:
概論
Andrei Leontiev
IDX Systems Corporation
Co-Chair,IHE Technical Committee
(訳:篠田)
Year 3 統合プロファイル
通常検査のワークフロー
入退院、検査依頼、予約、画像撮影、完了したステップの通知、……………
患者
情報の
整合性
氏名不詳患者
と
予定されていない
依頼への対応
画像表示の
一貫性
放射線部門
情報への
アクセス
ハードコピーと
ソフトコピーの
濃淡表示と
表示状態
画像と
レポートへの
整合性のある
アクセス
グループ化した
処置の表示
一括撮影画像をサブセット化
2
キー画像
への注釈
フラッグをつけた
重要画像の交換
単純な画像
と数値を含むレポート
画像へのリンクと、
オプションではあるが
測定値情報を持つ
簡単なレポートの交換
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
「通常の」 ワークフロープロセス
のレビュー
• トピックス:
– IHEにおけるHL7アクターとトランザクション
– DICOM アクターとトランザクション
– 通常のワークフロープロセス
– 患者と依頼の更新のプロセス
4
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
IHE Year 3におけるHL7アクター
ADT
患者登録: 1 i
患者情報更新: 12 i
依頼実施
f 2:依頼発行管理
g 3: 依頼実施管理
g 1: 患者登録
g 12: 患者情報更新
i 1: 患者登録
i 12: 患者情報更新
依頼発行
i 4: 予約された手技
i 12: 患者情報更新
i 13: 手技の更新
画像管理
5
マスター患者目録
HL7アクター:
•
•
•
•
•
<MPI>
ADT/患者登録
依頼発行
DSS / 依頼実施
画像管理
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
ADT アクター
g 1: 患者登録
g 12: 患者情報更新
ADT
患者登録: 1 i
患者情報更新: 12
i
依頼実施
マスター患者目録
i 1: 患者登録
i 12: 患者情報更新
f 2:依頼発行管理
g 3: 依頼実施管理
依頼発行
i 4: 予約された手技
i 12: 患者情報更新
i 13: 手技の更新
画像管理
6
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
ADTアクター
• 4.1 – 患者登録トランザクション
– Send
• Admit: A01 (In Patient), A04 (Out Patient), A05 (PreAdmission)
• Cancel: A11 (Cancel Admit), A38 (Cancel Preadmit)
7
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
ADTアクター (続き)
• 4.12 - ADT 患者情報更新トランザクション
– Send
• Transfer: A02 (Patient Transfer)
• Update Patient Class: A03 (Discharge), A06(Outpatient
becomes Inpatient), A07 (Inpatient becomes Outpatient)
• Update Patient Information: A08 (Update)
• Merge Patients: A40 (Merge)
• Cancel: A12 (Cancel Transfer), A13 (Cancel Discharge)
8
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
依頼発行アクター
g 1: 患者登録
g 12: 患者情報更新
ADT
患者登録: 1 i
患者情報更新: 12
i
依頼実施
マスター患者目録
i 1: 患者登録
i 12: 患者情報更新
f 2:依頼発行管理
g 3: 依頼実施管理
依頼発行
i 4: 予約された手技
i 12: 患者情報更新
i 13: 手技の更新
画像管理
9
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
依頼発行アクター
• 4.2 – 依頼発行管理トランザクション
– Send
• New Order: ORM/NW (New Order)
• Cancel: ORM/CA (Cancel Order), ORM/DC (Discontinue)
10
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
依頼発行アクター (続き)
• 4.1 – 患者登録トランザクション
– Receive
• A01 (In Patient), A04 (Out Patient), A05 (Pre-Admission), A11 (Cancel
Admit), A38 (Cancel Preadmit)
• 4.12 – 患者情報更新トランザクション
– Receive
• A02 (Patient Transfer), A03 (Discharge), A06(Outpatient becomes
Inpatient), A07 (Inpatient becomes Outpatient), A08 (Update), A12
(Cancel Transfer), A13 (Cancel Discharge), A40 (Merge)
• 4.3 – 依頼実施管理トランザクション
– Receive
• ORM/SN (New Order), ORM/SC (Status Update), ORM/OC (Cancel
Order)
11
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
DSS / 依頼実施アクター
g 1: 患者登録
g 12: 患者情報更新
ADT
患者登録: 1 i
患者情報更新: 12
i
依頼実施
マスター患者目録
i 1: 患者登録
i 12: 患者情報更新
f 2:依頼発行管理
g 3: 依頼実施管理
依頼発行
i 4: 予約された手技
i 12: 患者情報更新
i 13: 手技の更新
画像管理
12
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
部門システムスケジューラ/
依頼実施アクター
• 4.3 – 依頼発行・実施管理トランザクション
– Send
• New Order: ORM/SN (New Order)
• Order Status: ORM/SC (Status Change)
• Cancel: ORM/OC (Cancel Order)
• 4.4 – 手技予約トランザクションSend
• ORM (procedure scheduled)
• 4.13 – 手技情報更新トランザクション
– Send
• ORM (procedure updated)
13
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
DSS/依頼実施アクター (続き)
• 4.1 – 患者登録トランザクション
– Receive
• A01 (In Patient), A04 (Out Patient), A05 (Pre-Admission), A11 (Cancel
Admit), A38 (Cancel Preadmit)
• 4.12 – 患者情報更新トランザクション
– Receive
• A02 (Patient Transfer), A03 (Discharge), A06(Outpatient becomes
Inpatient), A07 (Inpatient becomes Outpatient), A08 (Update), A12
(Cancel Transfer), A13 (Cancel Discharge), A40 (Merge)
• 4.2 – 依頼発行管理トランザクション
– Receive
• ORM/NW (New Order), ORM/CA (Cancel Order), ORM/DC
(Discontinue)
14
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
通常処理のフロー
依頼
発行
ADT
部門システムスケジュ
ーラ/依頼実施
画像管理
画像撮影装置
患者登録
入院登録
患者
登録情報[1]
依頼作成
依頼発行
管理 –新規 [2]
手技予約および/または
撮影プロトコル設定
予約手技
情報 [4]
モダリティワー
クリスト提供 [5]
15
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
手技の実施
通常のプロセスフロー
部門システム デー
タベース/スケジュ
ーラ/依頼実施
画像管理
画像撮影装置
画像保管
装置
プリント
サーバ
プリント
合成
モダリティ手技の
ステップ実行中 [6]
モダリティ手技の
ステップ実行中 [6]
撮影
モダリティ画像
保管[8]
モダリティ表示
状態保管 [9]
モダリティ手技の
テップ完了 [7]
モダリティ手技の
ステップ完了 [7]
モダリティ保存
委託 [10]
プリント依頼[23]
画像準備の問い
合わせ [11]
16
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
依頼入力以前の
患者情報更新
依頼発行
ADT
部門システムスケジュー
ラ/依頼実施
画像管理
画像撮影装置
(モダリティ)
患者登
録/ 入院
受付
患者
登録 [1]
患者情
報変更
患者情報更新 [12]
患者情報
更新 [12]
依頼作成
依頼発行管理 –
新規 [2]
17
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
依頼入力後の患者情報更新
依頼発行
ADT
部門システムスケジュー
ラ/依頼実施
画像管理
画像撮影装置
(モダリティ)
患者登録
/入院登
録
患者
登録 [1]
依頼作成
依頼発行管理 –
新規 [2]
患者情報
変更
患者情報
患者情報更新
[12]
更新 [12]
18
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
手技予約後の患者情報更新
依頼発行
ADT
部門システムスケジュ
ーラ/依頼実施
画像管理
画像撮影装置
(モダリティ)
患者登録
/入院登
録
患者
登録 [1]
依頼作成
依頼発行管理–
新規 [2]
手技予約および/またはプ
ロトコル割当
手技の予約
[4]
モダリティワーク
リスト提供 [5]
患者情
報変更
患者情報更新 [12]
患者情報
更新 [12]
19
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
依頼発行アクターにおける
依頼削除
ADT
依頼発行
部門システムスケジ
ューラ/依頼実施
画像管理
画像撮影装置
(モダリティ)
依頼キャンセル
依頼発行管理 キャンセル [2]
手技の更新
[13]
モダリティワークリスト提供
[5]
依頼作成
依頼発行管理
– 新規 [2]
予約手技 [4]
モダリティワークリスト提供
[5]
20
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
DSS/依頼実施アクターにおける依頼削除
ADT
依頼発行
部門システムスケジュ
ーラ/依頼実施
画像管理
画像撮影装置
(モダリティ)
依頼キャ
ンセル
依頼実施管理 –
キャンセル [3]
手技の更新
[13]
モダリティワークリスト提供 [5]
依頼作成
依頼実施管理 –
新規 [3]
予約手技 [4]
モダリティワークリスト提供 [5]
21
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像情報の管理
• 情報システム、PACS、モダリティの間での通信
を容易にするための定義
• 利用されるDICOMサービス:
– モダリティワークリスト管理 (MWM)
– モダリティ実行手技のステップ (MPPS)
– 保管
– 保存委託
– 問い合わせ/検索
22
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
アクターとトランザクション
画像の生成
画像表示
生成画像
10
保存
委託
部門システム
スケジューラ
/ 依頼実施
保存
14
画像
問い合わせs
Retrieve
Images
18
16
画像
保存
画像
管理
モダリティ
画像保存
11
画像
準備状況問い合わせ
モダリティ/画像生成.
手技のステップ
7
6
実行中
21
20 /完了
モダリティワーク
リスト提供 5
モダリティ/画像生成.
手技のステップ
7
6
実行中
完了
/完了.
21
手技のステップ 20
管理
保存
モダリティ手技の 委託
ステップ実行中
6 /完了
8
10
20 21
画像生成手技の
ステップ実行中/完了
7
画像撮影装置
(モダリティ)
27
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
モダリティワークリスト
28
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
MWM アクターとトランザクション
画像生成
画像表示
部門システム
スケジューラ
/ 依頼実施
画像
画像
保存
管理
完了
手技のステップ
管理
モダリティワークリスト
提供
5
画像撮影装置
(モダリティ)
29
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
モダリティワークリスト
• MWMはモダリティに対して情報システム(RIS)が
管理するデータの利用を可能とする。
• 患者、予約、診療データを利用して画像撮影手技
を準備する。(ここで、データとは患者名/ID、撮
影日/時間、手技のコード、アクセッション番号、
依頼済み手技のIDなどである。)
• 画像撮影のソースにおいてデータ入力の問題を
解消することによってタイプミスを避ける。
• MWMは一方通行である。 (すなわち、ISからモダ
リティへの情報提供)
DICOM画像に含まれるHIS/RISデータを含むだけでなく、画像撮影と
して行うべきワークフローとしての作業を支援する
30
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
モダリティワークリスト
C-FIND-RQ (with matching and return keys)
モダリティ
C-FIND-RSP (one per match plus final response)
DSS/
依頼実施
• 部門システムスケジューラとモダリティに対して必須であ
るマッチングキーと返還キーとを明確に定義する
– モダリティが応答として何をフィルタして利用できるか/部門シス
テムスケジューラが何とマッチングしなければいけないか
– モダリティが部門システムスケジューラに何を応答しろと依頼す
るか(MWMに表示されるものとのとして)/部門システムスケジ
ューラが何を応答できるとするか
31
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
完了(実行済み)手技のステップ
(MPPS)
32
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
PPS アクターとトランザクション
画像生成
画像表示
部門システム
スケジューラ
画像
画像
/ 依頼実施
モダリティ/画像生成.
手技のステップ
7
6
実行中
/完了.
21
20
保存
管理
完了
モダリティ/画像生成.
手技のステップ
7
6
実行中
/完了.
21
20
手技のステップ
管理
20 21
画像生成手技の
ステップ実行中/完了
モダリティの手技
のステップ実行中
7
6 /完了
画像撮影装置
(モダリティ)
33
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
完了(実行済み)手技のステップ
• モダリティと画像生成装置に対して適用される
• 実行された手技のステップについての詳細を提供する
• 実行中(開始、実行中)や完了、中止といった詳細なステ
ータスを伝達する
• 以下のような「復路」フィードバックを提供する:
– MWMによって得られる予定された情報
– 実行された手技として何を、いつ、どのようにして
– アクセッション番号、患者名/ID、手技ステップのコード、照射値、
使用した材料に関する管理情報
– 撮影された画像のリスト/検査インスタンスUIDなど
実行したステップが完了したということを伝えるだけでなく、
撮影とか生成作業のワークフローが閉じたということも伝える
34
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
実行済み手技のステップ
モダリティ
または
画像生成装置
N-CREATE (scheduled info, status of “in progress”)
N-SET (performed info, status of “completed”)
DSS
または
画像管理
• 単純なケース (1 SPS(予定された手技のステップ)が1
PPSに対応する)
• 予定されていない検査を実行するケース (0 SPSが1
PPSに対応づけられる)
• 撮影が追加されるケース (1 SPS が n PPSに対応付け
される)
• グループ化されるケース (n SPSが1 PPSに対応付けさ
れる)
• 予定された検査が破棄されるケース (1 SPSが1つの破
棄されたPPSとして扱われる)
• グループ化された手技として纏めて扱われるケース (n
SPS が 1+n PPSとして対応付けされる)
Volume II, Appendix A
35
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像の保存
画像保存アクターとトランザクション
画像生成装置
画像表示
18
生成画像の
保存
部門システム
スケジューラ
/ 依頼実施
画像
保存
画像
管理
8
モダリティの
画像を保存
実行済み
手技のステップ
管理
画像撮影装置
(モダリティ)
37
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像の保存
Modality or
Image
Creator
C-STORE (Images Stored)
Image
Archive
• モダリティと画像生成装置に対して適用
• 予定された手技のステップと依頼された手技に
関する情報が記録される
38
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像保存委託
39
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像保存委託アクターとトランザクション
画像生成装置
画像表示装置
画像保存
10
委託
部門システム
スケジューラ
/ 依頼実施
画像
保存
画像
管理
実行済み(完了)
手技のステップ
管理
画像保存
10
委託
画像撮影装置
(モダリティ)
40
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像保存委託
• モダリティと画像生成装置が画像保存装置から
画像(と他のオブジェクト)が安全に保管されると
いう明確な同意を取り付ける
• 保存の期間は保存装置によって定められている
• モダリティやワークステーション他の上の画像の
自動あるいは単なる消去を可能とする
モダリティやワークステーション上の画像の
誤った消去を避ける
41
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像保存委託 – プッシュモデル
C-STORE operations ….
モダリティ
または
画像生成
装置
N-ACTION - (list of referenced image UIDs)
N-EVENT-REPORT - (success or failure)
画像管理
装置
• 画像(またはオブジェクト)は保存装置に対して送信され
る
• N-ACTIONは安全に保存されるべきオブジェクトのUID
のリストを提供する
• N-EVENT-REPORTが保存装置からモダリティに対して
確認情報を流す
• 実装上は、マルチアソシエーションとしてのトランザクショ
ン向けに設計される必要がある
• When N-EVENT-REPORTが保存装置によって送られ
る時点は装置によって決まる。 N-ACTIONの数時間後
になる場合もある
42
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像の準備状況問い合わせ
43
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像準備状況問い合わせアクターとトランザクション
画像生成装置
画像表示装置
部門システム
スケジューラ
/ 依頼実施
画像管理
画像
保存装置
装置
11
画像
準備状況問い合わせ
実行済み
手技のステップ
管理
モダリティ
44
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像準備状況問い合わせ
• 部門システムスケジューラが、撮影された
画像が何時画像保存装置に届いて読影可
能となるかを知ることを可能とす
• ワークフロー上の遅れを最小にする
• MPPSは、画像が保存装置に送られたか、
あるだろうことを保証しない
• DICOMにはこれを通知する機能がない
• 特別な問い合わせ(C-FIND)を定義する
45
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像準備状況問い合わせ
C-FIND-RQ (with matching keys)
DSS/
依頼実施
C-FIND-RSP (matches with return keys)
画像管理
装置
• 問い合わせに対する応答によって返されるインスタ
ンスUIDInstance UID は準備できていることを示
す
• 保存場所 – 特定の期間画像を保管するシステム(
AEタイトル)
• 利用可能なインスタンス – 画像が分配可能となる
保管場所から移動するに要する時間間隔
(OFFLINE,NEARLINE, ONLINE)
46
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像の問い合わせ/検索
47
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
問い合わせ/検索アクターとトランザクション
画像生成装置
画像表示装置
14
画像
問い合わせ
画像検索
部門システム
スケジューラ
/ 依頼実施
16
システムデータベース
画像管理
装置
画像
保存装置
実行済み
手技のステップ
管理装置
モダリティ
48
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像の問い合わせ/検索
画像
表示装
置
C-FIND-RQ (with matching and return keys)
C-FIND-RSP (matches with return keys)
画像保存
装置
画像保存装置によって応答をフィルタする
マッチングキーを定義
画像表示装置によって要求されるリターン
キーを定義
問い合わせ応答において画像保存装置に
よって返される属性を定義
画像表示装置上で表示されることが必要
な、返還される属性を定義
49
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Attributes Name
Tag
Query Keys Matching
SCU
SCP
Query Keys Return
SCU
SCP
IHE Generic
Keys for
Query
Retrieve of:
- Images
- GSPS
- SR
Study Level
Study Date
(0008,0020)
R+
R
R+
R
Study Time
(0008,0030)
R+
R
R+
R
Accession Number
(0008,0050)
R+
R
R+
R
Patient Name
(0010,0010)
R+
R
R+
R
Patient ID
(0010,0020)
R+
R
R+
R
Study ID
(0020,0010)
R+
R
R+
R
Study Instance UID
(0020,000D)
R+
R
O
R
Modalities in Study
(0008,0061)
R+
R+
R+
R+
Referring Physician’s Name
(0008,0090)
R+
R+
R+
R+
Patient’s Birth Date
(0010,0030)
O
O
R+
R+
Patient’s Sex
(0010,0040)
O
O
R+
R+
Number of Study Related Series
(0020,1206)
N/A
N/A
O
R+
Number of Study Related Instances
(0020,1208)
N/A
N/A
O
R+
Modality
(0008,0060)
R+
R
R+
R
Series Number
(0020,0011)
R+
R
R+
R
Series Instance UID
(0020,000E)
R+
R
O
R
Number of Series Related Instances
(0020,1209)
N/A
N/A
O
R
Request Attribute Sequence
(0040,0275)
R+
R+
R+
R+
>Requested Procedure ID
(0040,1001)
R+
R+
R+
R+
>Scheduled Procedure Step ID
(0040,0009)
R+
R+
R+
R+
Performed Procedure Step Start Date
(0040,0244)
R+
R+
R+
R+
Performed Procedure Step Start Time
(0040,0245)
R+
R+
R+
R+
Instance Number
(0020,0013)
R
R
O
R
SOP Instance UID
(0008,0018)
R+
R
O
R
SOP Class UID
(0008,0016)
O
R
O
R+
Series Level
R
= Required by DICOM
R+ = IHE-2 Requirement
to be displayed or
entered (SCU),
to be returned(SCP)
Composite Object Instance Level
50
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像に特定な、問い合わせマッチ
ングとリターンキー
Attribute Name
Tag
Query Keys Matching
SCU
Query Keys Return
SCP
SCU
SCP
Image Specific Level
Rows
(0028,0010)
O
O
O
R+
Columns
(0028,0011)
O
O
O
R+
Bits Allocated
(0028,0100)
O
O
O
R+
Number of Frames
(0028,0008)
O
O
O
R+
51
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Questions?
Documents Available On the Web at:
www.rsna.org/IHE or www.himss.org
74
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
ダウンロード

概論 - IHE-J