Volume Extractor Ver.3.0
- 概要紹介と造形モデル例-
(株)アイプランツ・システムズ
Volume Extractor 3.0 は・・・
 Volume Extractor 3.0(VE3)は、2D画像から3D画像を
作成・表示し、編集するアプリケーション
 3D画像データから造形用データを作成
2D画像を読込み・・・
3D画像を表示、編集・・・
造形用のデータも作成
このような場面で・・・
 壊さずに内部を観察したい
 3Dで直感的な画像を表示したい
 実際に造形できるモデルを製作したい(光造形等)
3D表示と造形用データの作成
 3D表示(ボリューム化)と、  VE3では、本アプリケー
造形用データを作成(ポリ
ゴン編集)するためには、
2つのアプリケーションが
必要でした。
ションだけで、3Dの表示
と造形用データの作成が
できます。
3D表示(ボリューム化)専用
アプリケーション
Volume Extractor 3.0
・3D表示(ボリューム化)
造形用データ作成・編集
(ポリゴン編集)専用
アプリケーション
・造形用データ作成・編集
(ポリゴン編集)
VE3の主な機能
3D(ボリューム)機能
 表示機能



ボリュームレンダリング
3次元断面表示
WindowW/L
など
 3D(ボリューム)編集機能
 部位抽出
 画像フィルタ
 線形補間
 3D(ボリューム)解析機能
 計測機能
 ヒストグラム表示
ポリゴン機能
 ポリゴン(等値面)生成機
能
 ポリゴン編集機能
 チェック機能
その他の機能
 メッセージ言語切り替え
表示機能:ボリュームレンダリング
 2次元のスライス画像から3次元画像を構成して表示
 色の不透明の割合を変更して骨だけを表示可能
表示:伝達関数自動計算
 既存の伝達関数では適切に表示できない画像
に対して個別に伝達関数を作成します。
←
既存の伝達関数
→
自動計算伝達関数
表示:レンダリング品質の変更
 パソコンのグラフィック性能に応じて、レンダリン
グ品質を調整できます。
表示:3次元断面表示
 3次元空間上で、2次元スライス画像を表示
 ボリューム画像との組合わせも可能
例:頭部と組合せて表示
例:大腿骨と組合せて表示
表示:WindowW/L
 スライス画像上の注目したい輝度の部分を強調
例:MRI頭部、元画像
例:全体を明るく
例:全体のグラデーションが
ハッキリするように調整
編集:画像フィルタ、部位抽出
 画像フィルタ
3次元に構成した画像に対して、「ノイズ除去」、「スムージング」、
「2値化処理」、「輝度反転」、「膨張・収縮」の処理ができます。
 部位抽出
 画像の輝度を指定して、選択する部分を抽出します。

処理後の画像
元画像
部位抽出処理
画像フィルタ処理
編集:形状による部位抽出
 矩形、円筒、球などの形状で、三次元画像の一部を抽出します。
元画像
抽出部分指定
処理後の画像
編集:線形補間
 三次元ボリュームに対しボクセル間の線形補間
を行い、等方ボクセルへ変換できます。
3次元矩形塗りつぶし
 3次元空間上で範囲を指定しながら、指定した輝度値で
塗りつぶし
例:脳画像の塗りつぶし
解析:計測、ヒストグラム
 計測
 3次元空間上の長さ、角度、体積などを計測できます。
 ヒストグラム
 ボリューム画像データの輝度値の分布グラフです。
例:計測機能
例:ヒストグラム表示
ポリゴン:生成機能
 ポリゴン(等値面)の生成
 3Dボリューム画像の表面に面を作ります。
 このデータを元に造形用のデータ作成が可能です。
ポリゴンを生成
例:輪切りにした例
ポリゴン:閉曲面の生成
 等値面生成の際に、3Dボリュームが空間の端で途切れ
ていても、閉じた面を生成できます。
ポリゴン:3Dプリンターモード
 等値面生成の際、より造形に適したモデルを生成できま
す。3Dプリンターのチェック機能でエラーとなるノイズを
減らし、形状を滑らかにします。
ポリゴン:削減機能
左上: (a) 削減前(フェイス数 662742)
右上: (b) 削減後(フェイス数132547、(a)の80%削減)
右下: (c) 削減後後(フェイス数26508、(b)の80%削減)
ポリゴン:編集、チェック機能
 編集機能として、「面を貼る」、「面を削除する」、といった
機能を手動、自動で処理できます。
 きちんと面を貼れているかをチェックするための機能も備
えています。
例:自動面貼り、自動削除
例:エラーチェック機能
ポリゴン:領域分類(自動削除)
赤表示のポリゴン
グループを削除
自動削除フォーム
ポリゴン:自動穴埋め
自動穴埋めフォーム
ポリゴン:自動反転
自動反転フォーム
その他:メッセージ言語切り替え
 VE3は、日本語・英語のメッセージ切り替えに対
応しています。
日本語
英語
事例紹介
 3次元画像

MRI(頭部)、CT(膝、土器)
 3次元画像から形状再構成

画像処理、等値面生成
 形状データの削減、自動編集

領域分類、穴埋め、自働反転
 造形

熱で溶解したABS(アクリロニトリル・ブタジエン・
スチレン)樹脂を積層造形(Dimension 768シリ
ーズ)
造形モデル(1)
造形モデル(2)
造形モデル(3)
 考古学への応用(土器の再現)
ダウンロード

3D表示