デジタル式GPS-AVMシステムの普及事業について
デジタル式GPS-AVMシステムの導入により、タクシー
事業者の省エネ対策を推進
概要
<デジタル式GPS-AVMシステム>
<GPS>
客の呼び出し地点から最短距離にあるタク
シーを強制配車することを可能とするデジタ
ル式GPS-AVMシステムを普及させるた
め、システム関連機器導入費用の一部を補
助し、タクシーの効率的配車による迎車走
行及び総走行の削減を図る。
<基地局>
(車両位置情報等
のデータ伝送)
(車両検索・配車指示)
(利用者からの連絡)
最短距離にある空車タクシー車両の配車
実施内容
一般乗用旅客自動車運送事業者等におけるデジタル式GPS-AVMシステムの普及を促進
するため、経済産業省と連携してデジタル式GPS-AVMシステム関連機器の導入費用に対す
る補助を実施。具体的には、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の
エネルギー使用合理化事業者支援事業において公募予定。
参加事業者の要件
・一般乗用旅客自動車運送事業者、一般乗用旅客自動車運送事業者からなる事業協同組合又は無線
共同配車センターであること。
・CTIを活用したタクシー専用のGPS-AVMシステムであって、次の機能を有するものであること。
・タクシー車両の位置、空車・実車等の運行状況を自動管理し、基地局で運行管理及び自動配車を行う機能
・移動局たるタクシー車両に、音声/メッセージ等による配車指示を行う機能 等
・事業を実施使用とする営業区域の全タクシー車両数の1割以上(ただし50両以上であること)又は事
業を実施しようとする営業区域において100両以上の車両について、運行管理・配車を行うシステム
であること。
・導入するデジタル式GPS-AVMシステム機器の仕様及び台数を決定していること。
・前々年度の燃料使用量と総走行距離、迎車走行距離の実績を把握していること。
・「総走行距離燃料消費量を1%以上削減すること」かつ「1%以上の削減分が迎車燃料消費量の削減
であること」
・補助事業完了後1年間、燃料使用量と走行距離を記録し、国土交通省へ報告すること。 等
※事業者は自ら事業実施計画を作成し、国土交通省の認定を受けた上で、NEDOに直接補助申請をする。また、
補助事業完了後には、NEDOへの実績報告を行い、約1年後にNEDOが主催する成果発表会での報告等が義
務付けられる。
補助率
デジタル式GPS-AVMシステムの基地局関連機器導入価格の1/3
スケジュール(予定)
4月上旬頃 事業者等による国土交通省への認定申請
4月下旬頃 事業者等からNEDOへ補助金交付申請
6~7月頃 NEDOから事業者等へ補助金交付決定、事業開始。
ダウンロード

事業概要 - 国土交通省