Office of Highway Safety
I-35Wにおける
橋面工事と交通状況
Robert Accetta
プレゼンテーション
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
橋梁概要と崩壊
崩壊時の橋梁上の工事状況
ガセットプレート不適切性
有限要素モデル解析
設計と検証手順
橋梁許容荷重評価と許容荷重解析
橋梁点検
ガセットプレート点検
Board Meeting HWY07MH024
2007年の建設工事
• 維持補修と修繕
• プレグレッシブ建設(PCI)によって実施
• 2007年6月~10月
• 工事内容
– 床版コンクリート表面を除去し,新コンクリート
による増厚
– 他の補修:縁石,伸縮継手,凍結防止装置
Board Meeting HWY07MH024
橋面工事状況
北行車線
2車線閉鎖
Board Meeting HWY07MH024
南行車線
2車線閉鎖
車線状況
北行車線 施工済-閉鎖
北行車線-供用
北行車線-供用
南行車線 切削工 ― 閉鎖
南行車線 施工済 ― 供用
南行車線 施工済 ― 供用
建設資材の仮置き
• Mn/DOT 工事実施条件
– 低スランプコンクリート:高密度,低水セメント比,
早強,高強度
– 施工箇所近傍にてコンクリート練混ぜを実施
– 車線閉鎖規制
– 材料(砂,砕石,セメント,水)は現地にて配合
• 材料と機器類は南行内側2車線に仮置
Board Meeting HWY07MH024
建設資材の仮置き
07/06/07
07/23/07
08/01/07
U10節点
材料の仮置き-施工済のオーバレイ打設
• PCI主任は、ミネソタ州道路局建設監督官と
で材料を仮置きについて協議を実施
• ミネソタ州道路局
– 書類申請は、ミネソタ州道路局工事技術者に対
して,行う必要があった。
– 材料の仮置きに関する方針や要領は,規定され
ていない
– 申請を承認する前に,荷重解析を完了すべきで
あった
Board Meeting HWY07MH024
総活荷重-I-35W橋梁
施工書類
残骸場所
総活荷重
目撃証言
572トン
1,259,900lb
崩壊前後の
写真
残骸の重量
混合材の繰り
返し蓄積
交通活荷重-中央径間部
北行車線
26トン
交通活荷重
中心の径間
南行車線
29トン
合計車両
荷重
55トン
Board Meeting HWY07MH024
工事による活荷重-中央径間部
建設活荷重
中心の径間
Board Meeting HWY07MH024
建設活荷重
262トン
施工状況-事故当日
材料集積
建設機器と車両
U10西節点
Board Meeting HWY07MH024
建設資材と車両
建設資材
174トン
建設装備
89トン
中央径間部の
合計工事荷重
263トン
崩壊後の荷重評価
• ミネソタ州道路局
– 材料の仮置き関する施工者からの申請書類につ
いて,基本方針や要領がない。
– 申請許可は,許容荷重評価解析によって行うべき
であった。
• 崩壊後のミネソタ州道路局の荷重評価解析で
は,橋梁は更なる付加荷重を支えることができ
るという結果であった。
Board Meeting HWY07MH024
施工時荷重の規定
• AASHTO:規定は一般化されている
• 事故後に刊行された連邦道路管理局技術指
針でも一般化されている
• 安全委員会の調査
– 10の運輸局
– 施工時荷重の配置は施工者に一任
– 主として大型車両に着目
– 荷重よりむしろ材料仮置き順序
Board Meeting HWY07MH024
施工時荷重の調査結果
• AASHTO調査
– 39州より回答あり
– 22州では,基準化されていた
– これらの州では車両寸法と重量を規定
Board Meeting HWY07MH024
総括
• 場所に関して,正式で具体的な規定は見当
たらない。
• 重量超過の車両を取り扱っている
• ガセットプレートを含む許容荷重評価解析を
実施行するというような規定とはなっていな
い。
• 橋梁管理者は,解析実施の前に,仮置きを
許容する場合がある。
Board Meeting HWY07MH024
Board Meeting HWY07MH024
ダウンロード

3. 改築工事と車線状況