音波を利用した地中探査
研究の背景
・現在、万能と言える探査方法はない。
金属探知機
地雷除去車両
音響管の動作原理
・管内の音をマイクで拾い増幅する。
・埋設物の有無により地表面の音響イン
ピーダンスが変化するので周波数を計測
することで埋設物を見つけることができる
Fig. 1 An acoustic tube.
Fig.2 Experimental device.
今回の実験装置
・音響管の末端が、マイクで塞がれて
しまったので、代用の取り込み口として
設けたスリット。
音響管による探査実験
・長さの異なる3本の音響管で左図に示すよ
うに1ラインを走査した。
・長さ30 mm, 85 mm, 150 mmの音響管を
用いた。
・現在、原因究明には至っていないが、85
mmの時だけ著しい反応をした。
前回までの実験
前回までの実験でこのような結果になった。
今後の課題
・2重音響管は前回までのものと違い、コンパクト。
・周波数変化が大きいのでハンディーに走査できる。
ダウンロード

音波を利用した地中探査