Isolation der Ausländern, die
mit Japanern verheiratet sind
Schwierigkeiten der internationalen Ehen

Beispeil einer Frau vom Russland

Beispiel einer Frau von den Philippinen
日本におけるロシア人女性
- 女性像はロシアと日本では同じではないので、ロシア人女性が日本の社会に適応
するのは難しい
- 日本人男性の家族に適応しなければならない
- 女は異文化間の紛争に陥る
- な考え方の女の男女の役割がある
- ロシアでは女性が働くのは普通
- 母親としての役割や妻としての役割は補いになる
- 日本で男女の役割には大きな違いがある
- 女性は子供と家計の面倒を見る
- 男の家族はたびたび相手を批判的な目で見る
- ロシアの経済は日本の経済ほどよくない
 日本人の夫の家族はロシア人妻が彼女の夫を利用するのではないかと考える
 お金目的の結婚
- 日本人男性はヨーロッパのきさくな面や外観の価値をよく理解している
- ロシアの結婚の方が伝統てきな日本の結婚より安い
- ロシア人女性は日本人女性ほど要求が多くない
- ロシア人女性は主婦になりたいと考えない
- 仕事を見つけることができない
- 結婚して5年過ぎるとロシア人女性は日本の国籍を得ることができる
- 約八十三パーセントのロシア人女性はそれを望まない
www.sciencegarden.de/berichte/200509/russinnen_in_japan/russinnen_in_japan.php
平安時代の男女関係
MARTIN HOFFMANN
平安時代の婚姻関係
・通い婚(かよいこん)
結婚後も別々の家に住んで、夜に夫が妻の
元に通う通い婚です。
・一夫多妻制
男性は複数の女性と関係をもつことがゆる
されていた。→男尊女卑の表れ
平安時代の文化
・平安時代の女性は男性に顔を見られてはい
けなかった
貴族の女性はある程度の年齢に達すると兄
弟であっても顔を見せることはなかった。
→顔を見るのは結婚後
女性と男性の会話
→牛車(ぎっしゃ)
外出のときに貴族の女
性がのった
→簾(すだれ)
すだれで顔をみられな
いようにする(牛車にも
ついている)
女性と男性の会話
→御簾(みす)
家の中で女性が男性と
話すときにつかう
→衝立(ついたて)
御簾の中にかくれて、さ
らに衝立をする
ダウンロード

日本におけるロシア人女性