光の理論と女性ポートレート
J6106601 阿部真吾
目次






背景色と写真への影響
薄茶色のレンガの壁
赤い壁の反射光
明るい壁の前
白レフへのストロボバウンス
総評
背景色と写真への影響


背景による反射光で写真の与える印象が
異なる。
自分のイメージに合った光の強さを考える。
薄茶色のレンガの壁




明るく、柔らかな外光がモ
デルに対して正面から当
たっていることで理想的な
照明となる。
赤い壁の反射光






真っ赤な壁の前で撮影。そ
こでモデルを照明するのは
赤っぽく塗られた本館の壁
からの反射光。それだけに
モデルは赤みを帯びた色
調になる。
明るい壁の前





明るいクリーム色の壁に太
陽光が当たり、その広い面
から反射光が日陰にいるモ
デルを右正面から柔らかく
照明している。
白レフへのストロボバウンス







ブラインドを閉じ、ライトス
タンドの明るさが生きるよ
うにする。できるだけ柔ら
かい光にするためにレフ
板の白い面をモデル側に
向け、バウンス光で撮影
する。
総評



光による影響で、出来上がる作品に大きな
影響を与える。
自分のイメージを再現するためにどのよう
にすればよいのかを考える。
光に応じて適切なフィルターを選ぶ。
ダウンロード

光の理論と女性ポートレート