デフレの正体 ―経済は「人工の波」で動く
第10講『ではどうすればいいのか②
女性の就労と経営参加を当たり前に』
09BA408L
工藤祐之介
日本女性の就労の現状
筆者の考え
→国内経済発展のためには、
女性の就労、経営参加が
必要不可欠!
労働力人口及び労働力人口総数に占める女
性割合の推移
労働力人口総数に比べて、女性の割合は40%前後し
かないのが現在の状況である。労働力人口に占める
女性の割合は昭和60年から横ばいの状態にある。
人口ピラミッドの推移
2010年
2030年
2010年の人口ピラミッドを見てみると、人口の最も多い年
齢は団塊の世代であり、その世代が定年を迎えようとして
いることが見て取れる。年々人口は減少傾向にあり、労働
力総数自体が減ってきている。
消費意欲指数
男性と女性の消費意欲指数を比べてみると女性
の方が指数が高い。このことから女性が就労につ
いても内需が減少することはないと言える。団塊
の世代が退職しても、女性が今以上に就労に就く
ことで内需は減少しない。
女性有業率と出生率の関係性
女性の有業率と出生率を都道府県別に見てみると、
有業率が高くても、女性が就労していることが見て取
れる。このグラフから一概に、女性の就業率が低いの
は育児のせいとはいえないのだろうか。
筆者が考える女性就労の壁
男性側の心の壁
女性側の心の壁
現実の壁(女性の代わ
りに誰が家事を行うの
か)
論点:日本の女性就労が促進され
るためには
ダウンロード

ではどうすればいいのか② 女性の就労と経営参加を当たり前に