性と健康を考える女性専門家の会/NPO法人 女性医療ネットワーク
勉強会「経口中絶薬を知る~女性に優しい人工妊娠中絶とは?~」
性と健康を考える女性専門家の会では、「法的思考からリプロダクティブヘルスを考える」「堕胎罪から考える法と
ジェンダー」という2つの勉強会を経て、6月に総会シンポジウム「人工妊娠中絶を取り巻く現状」を開催いたしました。
この流れの中で考えたことは、『本当に女性に優しい人工妊娠中絶ってなんだろう?』ということです。
日本は人工妊娠中絶に寛容な国である一方、当事者である女性には、決して優しいとはいえません。本当に寛容
であり優しいということはどのようなことなのか、経口中絶薬を正確に知り、私たちにとってどのように活用できるものな
のか、一緒に考えていきませんか。今回は「NPO法人女性医療ネットワーク」との共催で開催いたします。
出席者の方と交流ができるように討論の時間も設けました。多くの方のご参加をお待ちしております。
日時:2013年9月21日(土)18:00~20:30 《17:30より受付開始》
場所:TCATホール(東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 直結)
参加費:性と健康を考える女性専門家の会および女性医療ネットワーク会員 無料
一般 1,000円/学生 (大学院生を除く)500円
定員: 60名(定員になり次第締め切りますので お申し込みはお早めにお願いいたします)
18:00~18:10 開会挨拶
18:10~19:40 講演
性と健康を考える女性専門家の会 副会長
江夏亜希子
「ミフェプリストン及びミソプロストールによる
メディカル・アボーションに関する最新情報」
André Ulmann M.D., Ph.D.
(ミフェプリストン開発者)(遂次通訳付き)
アンドレ・ウルマン博士
パリVII大学にて医学士号、パリVI大学にて
医学博士号取得。腎臓専門医/内科医。
リプロダクティブ・ヘルスのエキスパートとして
国際的に知られる。
緊急避妊ピル「ノルレボ」を開発。
自身が現在会長を務めるHRAファーマを始め、
多くの医薬品、医療機器及び企業のグローバルな
開発、発展及普及に貢献している。
19:40~19:50 休憩
19:50~20:20 ディスカッション
20:20~20:30
閉会挨拶
NPO法人 女性医療ネットワーク理事長 対馬ルリ子
お問い合わせ・申し込み
「性と健康を考える女性専門家の会」事務局
〒104-0045 中央区築地1-9-4 ちとせビル3F
TEL:03-5565-3588
FAX:03-5565-4914
MAIL:[email protected]
共催:性と健康を考える女性専門家の会
NPO法人 女性医療ネットワーク
http://square.umin.ac.jp/pwcsh/
http://www.cnet.gr.jp/
FAX(03-5565-4914)かメール([email protected])でお申し込みください(9月17日締切)
会員 □性と健康を考える女性専門家の会
□女性医療ネットワーク □一般 □学生
お名前:
所属:
:
お電話:
FAX:
:
E-Mail:
:
ダウンロード

性と健康を考える女性専門家の会 - Amazon Web Services