24班
85歳 女性への処方薬
23 大内、 47 杉山
71 西村、 95 室谷
処方薬
①テルミサルタン錠(商品名:ミカルディス)
②アムロジピン(商品名:アムロジンOD錠)
③クロピドグレル硫酸塩製剤(商品名:プラビッ
クス錠)
④フルルビプロフェン(商品名:ゼポラスパップ)
⑤アレンドロン酸ナトリウム水和物錠(商品名:
ボナロン錠)
テルミサルタン錠(商品名:ミカルディス)
• 効能:高血圧症
一日一回の服用で十分
• 作用:アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬
(Angiotensin Receptor Blocker=ARB)
ARBの作用機序
• テルミサルタンは、
AT1受容体に結合
し、アンジオテンシ
ンⅡの働きをブロッ
クする。
•
アンジオテンシンⅡ
アンジオテンシンⅡ受容体
AT1受容体
血管収縮
血圧上昇
アルドステロン分泌
細胞増殖
AT2受容体
血管拡張
血圧下降
NO産生
細胞増殖抑制
アポトーシス促進
血圧低下
副作用
• めまい、眠気
• 血管浮腫
• 高カリウム血症
• 肝機能障害/黄疸
• 腎機能障害
禁忌
1.両側性腎動脈狭窄症
2.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
3.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人
4.胆汁の分泌が極めて悪い患者又は重篤な肝障害
のある患者。
相互作用:非ステロイド性抗炎症薬
COX-2選択的阻害剤
非ステロイド性抗炎症薬<NSAIDs>、
COX-2選択的阻害剤との併用
糸球体濾過量がより減少し、腎障害の
ある患者では、急性腎不全を引き起こ
す可能性がある
降圧薬の効果を減弱させる
アムロジピン(商品名:アムロジンOD錠)
• 効能:高血圧症、狭心症
効果発現は長時間持続するが、緩徐であるため,緊急な治
療を要する不安定狭心症には効果が期待できない.
• 作用:Ca²チャネル拮抗薬
Ca²チャネル拮抗薬の作用機序
・血管
L型カルシウムチャネル
に特異的に結合
血管平滑筋の拡張
(冠動脈/末梢細動脈)
血圧減少
降圧剤
・心筋
L型カルシウムチャネル
に特異的に結合
心筋収縮力の低下、刺激伝導系の抑制
=心筋の酸素消費量の低下
抗狭心症薬
副作用
1.肝機能障害,黄疸
2.血小板減少,白血球減少
3.房室ブロック
慎重投与
1.過度に血圧の低い患者
2.肝機能障害のある患者
3.重篤な腎機能障害のある患者
禁忌
• 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人
• 2.ジヒドロピリジン系化合物に対し過敏症の
既往歴のある患者
相互作用
• 降圧作用を有する薬剤
相互作用により作用の増強
• CYP3A4阻害剤
シトクロームP450の薬物代謝酵素CYP3A4に対する
競合的阻害作用により,本剤の代謝が阻害される
クロピドグレル硫酸塩製剤
(商品名:プラビックス錠)
効能:虚血性脳血管障害後の再発抑制
作用:抗血小板凝集
作用機序
クロピドグレル硫酸塩の活性代謝物が、
不可逆的に血小板のADP受容体である
P2Y12受容体(7回膜貫通型Gタンパク共有
型受容体)に作用し、ADPの結合を阻害する
ことにより、血小板凝集を抑制する
作用機序
ADP
クロピドグレル
ADP受容体
(P2Y12受容体)
抑制
抑制
アデニル酸シクラーゼ
ATP
cAMP
抑制
細胞内カルシウム濃度上昇
血小板凝集
副作用
• 出血(頭蓋内出血、胃腸出血等の出血)
• 肝機能障害、黄疸
• 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)
禁忌
• 出血している患者
(血友病、頭蓋内出血、消化管出血、喀血等)
• 本剤の成分に過敏症の既往歴のある患者
フルルビプロフェン
(商品名:ゼポラスパップ)
• 適応
変形性関節症 、肩関節周囲炎 、腱・腱鞘炎、
腱周囲炎 、上腕骨上顆炎(テニス肘等)、筋肉痛 、
外傷後の腫脹・疼痛
• 作用機序
経皮吸収型鎮痛・消炎剤 (NSAID)
→COX阻害によるプロスタグランジン生合成
副作用
• アスピリン喘息
• 掻痒、発赤、発疹
• ショック、アナフィラキシー様症状
禁忌
• 本剤又は他のフルルビプロフェン製剤に対して
過敏症の既往歴のある患者
• アスピリン喘息またはその既往歴のある患者
アレンドロン酸ナトリウム水和物錠
(商品名:ボナロン錠)
• 適応
骨粗鬆症
破骨細胞
骨芽細胞
ロビンス基礎病理学 第7版より引用
アレンドロン酸ナトリウム水和物錠
• 作用機序
破骨細胞が存在する骨表面に特異的に分布し
破骨細胞に取り込まれることによりその活性を抑制
→骨の溶解およびCa2+の流出が減少
→骨密度
アレンドロン酸
破骨細胞
ヒドロキシアパタイト結晶
Ca2+
副作用
• 食道・胃・十二指腸障害
• 低カルシウム血症
• 顎骨壊死・顎骨骨髄炎
など
※男性での安全性・有効性は確立されていない
?
併用注意
• カルシウム製剤
• マグネシウム製剤
カルシウム、マグネシウム等の
金属を含有する経口剤
アレンドロン酸が多価の陽イオン(Ca2+,Mg2+等)とキレートを形成するため
これらの薬剤と併用するとアレンドロン酸の吸収を低下させる
→アレンドロン酸の服用後少なくとも30分経ってから服用すること
禁忌
・食道狭窄又はアカラシア等の食道通過を
遅延させる障害のある患者
・30分以上上体を起こしていることや立っている
ことのできない患者
・低カルシウム血症の患者
・本剤の成分あるいは他のビスホスホネート系薬に
対し過敏症の既往歴のある患者
まとめ:処方薬から予想される疾患
①テルミサルタン錠(ミカルディス)
高血圧
②アムロジピン(アムロジンOD錠)
高血圧
③クロピドグレル硫酸塩製剤(プラビックス錠)
過去の脳梗塞
④フルルビプロフェン(ゼポラスパップ)
関節症等 or 外傷後の腫脹・疼痛
⑤アレンドロン酸ナトリウム水和物錠(ボナロン錠)
骨粗鬆症
なぜ降圧剤としてARBとCa拮抗剤が
選択されたか?
高齢者であるため
•
ACE阻害薬
副作用として強い咳
→骨粗鬆症では簡単に骨折する
•
交感神経系抑制薬
α1遮断薬 起立性低血圧を生じやすく、
高齢者では転倒の危険性
•
利尿薬
糖、尿酸、脂質の代謝異常の危険性
またARBは、心臓や腎臓への予防効果もある。
骨折→寝たきり
この処方から予想される既往歴
高血圧
動脈硬化
85歳 女性
骨粗鬆症
脳梗塞
転倒による外傷(?)
ダウンロード

85歳 女性への処方薬