統計学第8回
「平均値に関する推定と検定」
中澤 港
http://phi.ypu.jp/stat.html
<[email protected]>
母平均値と標本平均の差の検定
標本平均E(X)と母平均値mXが等しいという帰無
仮説を検定する
母分散VXが既知ならば,z0=|E(X)mX|/√(VX/n)
が標準正規分布に従うことを利用して検定可。
母分散が未知のとき,標本の不偏分散SXを使
って,t0=|E(X)-mX|/√(SX/n)が自由度n-1のt分
布
に従うことを利用して検定可。
練習問題1の回答
母分散が未知なので,t0を計算する。
t0=|96.3-95.5|/√(25.7/326)=2.85
自由度325のt分布の2.85に対する上側確率の2
倍は,0.0046となるので,有意差がある。
ちなみに,nが大きくなるとt分布は正規分布に
近づくので,自由度325のt分布の97.5%点は約
1.96であり,2.85はそれよりずっと大きいので,5%
水準で有意差があることはt0の値だけ見てもわ
かる。
独立2標本の差の検定
標本調査によって得られた2つの量的変数XとY
の分布の位置に差があるかどうかを調べる。
正規分布なら平均値の差のt検定。分布がひど
く歪んでいるか仮定できないときはU検定。
平均値の差の検定は,
(1)母分散が等しく既知のVであるとき
z0=|E(X)-E(Y)|/√(V/NX+V/NY)~N(0,1)
(2)母分散が未知の場合は,まずF検定。
平均値の差のt検定
母分散が等しいかどうかのF検定は,2つの変数Xと
Yの不偏分散の大きい方を小さい方で割った値F0を
計算し(Xの方が不偏分散が大きければSX/SY),こ
れが第1自由度NX-1,第2自由度NY-1のF分布
に従うことを使って検定。
母分散が等しい場合(F検定で帰無仮説が棄却され
ない場合),母分散SをS=|(NX-1)SX+(NY-
1)SY|/(NX+NY-2)として推定し,t0=|E(X)-
E(Y)|/√(S/NX+S/NY)が自由度NX+NY-2のt分布
に従うことを使って検定する。
分散が等しくない場合,平均値の差を検定する以前
に分布が異なるという判断もありうるが,普通は
Welchの方法で自由度φを計算し,t0=|E(X)-E(Y)|/
√(SX/NX+SY/NY)を自由度φのt分布で検定。
練習問題2の解答
F0=1.301345
1-pf(F0,57,220)=0.0928なのでWelchにしなくて
いい。
S=0.02241678,t0=5.95253
2*(1-pt(t0, 57+220))=7.966x10-9 << 0.05
よって,2群の平均値には有意に差がある。
ダウンロード

PowerPointプレゼンテーション(ただし若干フォントがおかしい)