経営者の皆様へ
『がん治療支援保険 法人向けプラン』
のご案内
経営者がご病気になると、
「会社も病気になる」というご心配はありませんか?
(注)
経営者・役員の皆様が、がんと診断確定 された
場合や、がんによる入院をされた場合に、
法 給付金をお受け取りいただけます。
人
加
「見舞金」や「売上減少対策」としても活用いただけます。
入
の
メ 経営者・役員の皆様の退職時には個人に名
リ
ッ 義変更し、「退職金」の一部として支給すること
ト
もできます。
「退職後の入院保障」としても活用いただけます。
(注)がんの診断確定について:がんの診断確定は、病理組織学的所見(生検を含みます。)により日本の医師または歯科医師によってなされることが必要です。
ご契約例
がん治療支援保険[無配当]
がん手術特約、がん通院特約、がん先進医療特約、抗がん剤治療特約 付加
契約者・給付金受取人:法人
被 保 険 者 :50歳男性
保険期間:終身 保険料払込期間:60歳 (がん先進医療特約、抗がん剤治療特約の保険期間・保険料払込期間は10年となります)
診断給付金:300万円 入院給付金日額:30,000円
手術給付金:60万円
通院給付金日額:30,000円
先進医療給付金:通算1,000万円まで保障 治療給付金:月額10万円(通算60か月まで保障)
年払保険料:647,846円 (平成25年7月1日現在)
■保険料支払時:支払保険料は「全額損金」で経理処理が可能です。
【経理処理例】
借
保険料
方
647,846円
貸
現金・預金
方
647,846円
■退職時(名義変更):解約返戻金相当額を退職金の一部とすることが可能です。
※ 法人が受け取った給付金を見舞金として支払った場合、社会通念上妥当と思われる金額を超えると当該部分の
損金処理が認められない可能性があります。
※ 平成25年7月現在の税制に基づき記載しております。 税制改正等で変更になることがありますのでご注意ください。
個別のご契約の税務取扱につきましては、所轄の税務署・税理士等専門家にご確認ください。
東京海上日動あんしん生命保険株式会社
裏面もご覧ください。
「先進医療」も「通院」も「再発・転移」もあんしんな がん保険
がん治療支援保険
[無配当]
がん手術特約、がん通院特約、がん先進医療特約、抗がん剤治療特約
基本セットプラン 保険期間:終身、払込期間:60歳 がんアドバンスパック 保険期間・払込期間10年
<給付金の種類>
< お 支 払 事 由 の 概 要 >
診断
給付金
<主契約>
基
本
セ
ッ
ト
プ
ラ
ン
●2回目以降の診断給付金は、前回の診断給付金のお支払事由に該当した日から
2年以上経過している場合に限り、お受け取りいただけます。
入院
給付金
がんの治療のため、所定の入院をされたとき、
(入院給付金日額×入院日数)をお受け取りいただけます。
<主契約>
●1日目からお受け取りいただけます。
手術
給付金
がん
手術特約
通院
給付金
がん
通院特約
+
が
ん
ア
ド
バ
ン
ス
パ
ッ
ク
初めてがんと診断確定(注)されたとき、
また、一旦治癒した後、がんが再発したと診断確定されたときなど、
回数に制限なく一時金としてお受け取りいただけます。
先進医療
給付金
がん先進
医療特約
治療
給付金
抗がん剤
治療特約
何度でも
お支払い
します
診
断
給
付
金
額
お支払日数
無制限
入
院
給
付
金
日
額
がんの治療のため、約款所定の手術を受けられたとき、
手術給付金額(主契約入院給付金日額の20倍)をお受け取りいただけます。
●手術給付金のお支払回数に制限はありません。ただし、ファイバースコープによる
手術などは60日間に1回の給付限度があります。
●お支払の対象とならない手術があります。お支払対象となる手術については「約款」を
ご覧ください。
通
院
給
付
金
日
額
入院給付金の支払日数が1日以上となる入院をされ、
その入院前後の一定期間にがんの治療のために通院されたとき
(通院給付金日額×通院日数)をお受け取りいただけます。
●1回の入院につき、45日をお支払の限度とします。(通算は730日までとなります。)
入院の前日からその日を含めて遡及して60日以内の期間または退院日の翌日から
その日を含めて180日以内の期間となります。
+
がんの治療を目的として、厚生労働大臣が定める先進医療を
所定の施設で受けられたとき、先進医療にかかわる技術料を
保障します。
通算
1,000万円
まで保障
先
進
医
療
給
付
金
額
通算
60か月
まで保障
治
療
給
付
金
額
●支払限度は通算1,000万円となります。
●先進医療とは、公的医療保険制度に定められる評価療養のうち、厚生労働大臣が
定める先進医療 (先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院
または診療所において行われるも のに限ります。)をいいます。ただし、療養を受けた日
現在、公的医療保険制度の給付対象となっている 療養は先進医療とはみなされません。
(特約の保険期間中に対象となる先進医療は変動します。)
がんの治療を目的として、公的医療保険制度の給付対象である
抗がん剤治療を月に1回以上受けられたとき、受けられた月ごとに
治療給付金をお受け取りいただけます。
●支払限度は通算60か月となります。
●責任開始期以後の保険期間中に診断確定(注)されたがんによる入院または
通院での抗がん剤治療が対象となります。
●お支払の対象となる抗がん剤治療については「パンフレット」「ご契約のしおり・約款」
をご覧ください。
手
術
給
付
金
額
300万円
30,000
円
60万円
30,000
円
所定の
先進医療に
かかわる
技術料
月額
10万円
または
5万円
(注)がんの診断確定について:がんの診断確定は、病理組織学的所見(生検を含みます。)により日本の医師または歯科医師によってなされることが必要です。
保険契約の責任開始は保険期間の始期から91日目となります。詳細は「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。
●保険期間の始期からその日を含めて90日を経過した日の翌日を責任開始期として、その日から当社は保険契約上の責任を負います。
ただし、保険料の払込免除については、保険期間の始期から保険契約上の責任を負います。
●被保険者が責任開始期の前日までにがんと診断確定されていた場合は保険契約者、被保険者、給付金受取人がその事実を知っているといないとに
かかわらず、ご契約は無効となり、給付金をお支払いすることはできません。
がん治療支援保険[無配当]の概要についてご説明しております。詳細は「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。
取扱者/代理店
引受保険会社
本社募資'13-KL01-HZ004 新設201307
ダウンロード

【がん治療支援保険】のご案内