14 パクス・ブリタニカの盛衰
• 1 国際金本位制とポンド体制
• 2 両大戦間期の国際通貨体制と通貨ブ
ロック
• 3 戦後IMF体制とポンドの凋落
1
14-1-1 金本位制の成立
• パクス・ブリタニカ Pax Britanica
• 金本位制 金を本位貨幣とする制度
• イギリス 1816年 金1オンス=3ポンド17シリン
グ10 ペンス (1ポンド=純金7.32239グラム)
• 法定価格で金の無制限売買,金貨の自由
な鋳造,溶解,輸出入
2
14-1-1-2 金本位制の3タイプ
•
•
•
•
•
金貨本位制 gold coin standard
金地金本位制 gold bullion standard
金為替本位制 gold exchange standard
19世紀後半に金本位制が支配的となる
イギリス1816,ドイツ1871,フランス1876,
日本,ロシア1897,アメリカ1900
3
14-1-2 金本位制下の
外国為替相場
• 金本位制国間で固定相場制が成立
• 金1オンス=3ポンド17シリング10 ペンス
=20.67ドル ⇒1ポンド=4.86ドル
• 為替平価 exchange parity
• 金現送費=船積費+保険料+金利
• 為替相場変動は為替平価±金現送費
4
14-1-3金本位制と国際収支調整
• 中心国イギリス 1816~1914 金の法定価
格維持,物価安定
• 物価・正貨流出入機構 price-specie flow
mechanism 物価上昇→輸出減少・輸入増
大→貿易収支悪化→為替相場下落→金
流出→金準備減少→兌換銀行券発行高
減少→物価下落
• 金本位制のゲームのルール
5
14-1-4 ポンド゙体制の展開
• ポンドは最も重要な国際通貨として機能
• ロンドンは,世界の決済機構の中心地
ポンド残高
• 世界最大の国際金融市場
ロンドン宛て為替手形 bill on London
輸出業者はポンド建て為替手形を振り出し
銀行引受け手形の割引
6
14-2-1 再建金本位制の時期
• 第1次大戦勃発→金本位制停止(銀行券の金兌
換の停止,金輸出の禁止など)
• 1920年代の金本位制復帰
• イギリス 1925年 金地金本位制,旧平価
アメリカ1919,ドイツ1924,フランス1926,イタリア
1927,日本1930
• イギリス 経常収支黒字縮小し,巨額の資本輸
出維持 (短期借り・長期貸し)
• アメリカ 債務国から債権国へ転化
7
14-2-1-2再建金本位制
• 戦債(英仏は戦費を米から調達)
• ドイツ賠償問題(ニューヨーク市場でのドイ
ツ公債の発行)
• 世界の公的金準備に偏在が生じた
• 複数基軸通貨体制
• 国際金為替本位制
8
14-2-2 金本位制から
管理通貨体制へ
• 1930年代世界大不況
• 主要国の金本位制離脱
• 管理通貨制 managed currency system採用
通貨の発行を国家(中央銀行)の裁量にゆ
だねる
• 投機的な国際資本移動の活発化
• 主要国で内外均衡の同時達成が困難化
9
14-2-3 通貨ブロックと
スターリング地域
• 通貨ブロックへの取り込み
• スターリング・ブロック sterling bloc イギリス
本国,自治領,植民地・保護領,貿易・金
融上密接な関係を持つ国
• 固定相場の維持.介入通貨,外貨準備と
しポンドを利用
• 特恵関税制度,起債の優遇措置,英系植
民地銀行による媒介
10
ダウンロード

14 パクス・ブリタニカの盛衰