第21回全国ボランティアフェスティバルみえ
分科会25
NPO支援財団研究会シンポジウム
年賀寄附金配分事業
平成24年9月30日
郵便事業株式会社
総務部 環境・社会貢献室
清水 彩子
年賀助成事例ー三重県成年後見サポートセンター
・平成22年度~24年度年賀寄附金
活動・チャレンジプログラム
・4年間継続助成 年間上限50万円
事業のホップ・ステップ・ジャンプを支援
企画・試行・実行・評価・継続発展を期待
・高齢者・障害者等への成年後見制度の普及
1年次 各地成年後見制度講演会開催
ガイドブック作成配布
2年次 地域のネットワーク密着の普及推進活動
3年次 市町村レベルで市民公開講座 行政連携
4年次 全体の仕上げと報告書作成 継続活動へ
助成金提供以外の支援

「郵便協働」によるJPグループ資源を活用した支援
(事例) 郵便局におけるカタログ販売
郵便施設バリアフリー情報の調査
押し花メッセージカード
(採択件数)平成21年度 3件、平成22年度 7件、
平成23年度10件、平成24年度10件
(検索「郵便CSR 郵便お役立ち」)


申請書作成の支援(公募期間中)
申請相談、申請書下書きコメント
他の団体による助成の紹介
(検索「郵便CSR 申請相談」)
メディア掲載
郵便CSRブログへの配分事例の掲載
(検索「郵便CSR メディア掲載」)
年賀寄附金助成(東海地方)

平成24年度申請:
愛知県 44件 岐阜県 13件 三重県 16件 静岡県 10件
計 83件
申請総額 1億9,800万円

平成24年度助成:
愛知県 13件 岐阜県 3件 三重県 6件 静岡県
計 27件
助成総額
3,700万円
(参考:全国)
 申請件数:907件
 申請総額:23億3,000万円
 採択件数:314件(採択率 34.6%)
 助成金額:6億8,800万円
5件
寄附金付年賀はがき・切手
寄附金付年賀はがきは
昭和25年用から販売開始
寄附金付年賀切手は
平成3年用から販売開始
寄附金付絵入り年賀はがき、年賀切手の寄附金が助成金原資になっています。
はがき1枚55円(寄附金5円)、切手1枚53円(寄附金3円)・83円(寄附金3円)で販売。
【寄附の目的】 社会福祉の増進、青少年の健全育成、東日本大震災による被災者救助等事業への助成
【対象事業】 法律により定められた10の事業分野
①社会福祉の増進 ②非常災害時の救助・災害の予防 ③がん、結核、小児まひなどの研究・治療・予防
④原子爆弾の被爆者への治療と援助 ⑤交通事故・水難事故防止 ⑥文化財の保護 ⑦青少年健全育成のための社会教育
⑧健康のためのスポーツ振興 ⑨開発途上にある地域からの留学生・研究生の援護 ⑩地球環境の保全
【対象団体】
(一般枠)社会福祉法人、更生保護法人、特例社団・財団法人、公益社団・財団法人、特定非営利活動法人
(特別枠)営利を目的としない法人
平成24年度助成事例
助成事業の募集

平成25年度年賀寄附金助成
一般枠:
・活動助成(一般・チャレンジ)
・カーボン・オフセット活動事業(付表添付)
・施設改修、機器購入、車両購入の助成
・社会福祉法人・更生保護法人・特例公益社団財団法人・NPO法人
・助成額上限 500万円 活動チャレンジは 50万円
特別枠(東日本大震災支援復興):
・活動事業に施設改修・機器購入・車両購入等含めることができる
・非営利法人
・助成額上限 500万円
【申請受付】
10月1日(月)~11月30日(金)、意見書必須
(参考)
郵便事業(株) 年賀寄附金ホームページ (検索「年賀寄附」)
http://www.post.japanpost.jp/kifu/
平成25年賀寄附金助成申請公募要領・申請書式 (検索「郵便CSR 120831」)
http://www.post.japanpost.jp/kifu/topics/h240831_01.html
年賀寄附金配分助成事業に関するQ&A (検索「郵便CSR 120621」)
http://blog.post.japanpost.jp/csr/2012/09/120905.html
三重県及び東海地方からの申請が
多く寄せられることを願っています。
ご遠慮なく相談をお寄せください。
(検索「郵便CSR お問い合わせ」の
お問い合わせフォーム記載にて)
ご清聴ありがとうございました。
ダウンロード

第20回全国ボランティアフェスティバル東京 分科会47