組織活性化と
労働移動
小林盾(シカゴ大学)
2005年3月5日
数理社会学会 新潟国際情報大学
アウトライン
 労働移動は,組織を活性化するのか?
 転職経験者と転職希望者は,フリー
ライダーか?
 質問紙調査,657人
 全国,男性,ホワイトカラー労働者
背景
 離職率=14~16%(02年で682万
人)
 転職入職率=8~10%(363万人)
 14%の組織が「転職で活性化」戦略
(労働省 00)
 労働移動は,組織を活性化するのか?
問題
 転職経験者と転職希望者は,フリー
ライダーか?
 フリーライダー=貢献が不十分
 貢献者
=十分
 転職は「諸刃の剣」
貢献者
フリーライ
先行研究
 活性化研究と転職研究のリンク希薄
 活性化研究
 高橋
97:活性化↑→ぬるま湯↓
 転職研究
 連合
99:収入↓,満足↑,規模↓
仮説
 労働者が合理的なら,
転職経験者は,貢献者
H1
(マッチングを改善)
転職希望者は,貢献者
H2
(フリーライダーから退出)
転職経験
+
貢献者
+
転職希望
問題
データと変数
結果
転職と働き方に関する意識調査
 マイボイス社,インターネット上
 2004年3月3日17時~4日18時
 自計式,質問紙,73~100問
 全国,30-40代,男性
 雇用,フルタイム労働者
 N=810(回答率34%,計画標本
2,400)
サンプリング
 モニター15万人
 →該当する48,850人
 →2,400人をランダムサンプリング
 →「働き方と転職に関するアンケート」
 →最初に答えた815人→810人
 謝礼として250円
ウェブページで公開
項目
 日常生活,公正感
 働き方,職場の雰囲気
 職場の満足
 転職経験,理由,準備,結果
 属性
そう思う
どちらともいえない
ややそう思う
5
4
そう思わない
あまりそう思わない
3
2
1
属性
 分析対象=ホワイトカラーの657人
(専門,管理,事務,販売)
 平均38.8歳,大卒69.1%,既婚71.2%
 課長以上29.2%,勤続11.9年
 年収メディアン=5-700万(32%)
 300人以上51.9%,うち1000人以上
36.7%
モデル
 転職経験
(ダミー)

チームワーク度
教育度
(5値)
転職希望
(5値)
モチベーション,コミットメント
貢献傾向,職場満足
 勤続年数,大卒ダミー
 既婚ダミー,課長以上ダミー
 1000人以上ダミー,職業・産業ダミー

従属変数(5値)
 チームワーク度(ノルマ的)
 「同じチームの仲間が熱心に働いている
ときは,自分はむしろ手を抜くほうだ」
(逆転)
 教育度(プラスアルファ的)
 「職場の後輩の面倒はよく見るほうだ」
 転職希望
 「良い機会を見つけたら,転職したいと
思う」
統制変数1
 モチベーション(α=.56,平均値)


「自分の仕事については,人並のやり方に
は満足せずに,つねに改善するよう心がけ
ている」
「自分は,短期的見通しというよりも,長
期的展望に基づいて仕事をしている」
 コミットメント (α=.68)


「自分が所属する組織(会社・団体)に対
して,高い忠誠心を持っている」
「自分が日常的に接する職場の仲間に対し
て,強い連帯感を感じる」
統制変数2
 貢献傾向(α=.54)
 「自分個人の利益より,自分が所属す
る集団の利益を重んじるほうだ」

「粘り強く物事に取り組むほうだ」

「周囲の人が面倒くさがってやりたがら
ないことなも,自分は進んで行うほう
だ」

「班やグループで分担する仕事や義務な
問題
データと変数
結果
記述統計
 転職経験:41.1%(就業02で48%)
 転職を希望:61.5%(12%)
 チームワーク:65.2%
(組織調査で62%)
 後輩を教育する:51.7%
(51%)
モデル(再)
 転職経験
(ダミー)

チームワーク度
教育度
(5値)
転職希望
(5値)
モチベーション,コミットメント
貢献傾向,職場満足
 勤続年数,大卒ダミー
 既婚ダミー,課長以上ダミー
 1000人以上ダミー,職業・産業ダミー

y = チームワーク度,教育度
回帰分析 (N=657),非標準化係数
チームワーク度
転職経験
.15*
モチベーション .13**
コミットメント .09*
職場満足
–.07 †
R2
.032
教育度
.16*
.36***
.18***
–.06 †
.139
†p<.10, *.05, **.01, ***.001
4
3.8
3.6
チームワーク度
教育度
3.4
3.2
3
転職経験なし
転職経験あり
 2群の差の検定で有意(5%水準)
y = 転職希望
回帰分析 (N=653),非標準化係数
大卒以上ダミー
勤続年数
公務員ダミー
チームワーク度
教育度
コミットメント
R2
–.16*
–.16*
–.03*** –.03***
–.60*** –.61***
.09*
.10**
–.27*** –.28***
.174
.177
(モチベーションと職場満足を除いた)
4
3.8
チームワーク度
教育度
3.6
3.4
3.2
転職希望なし
転職希望あり
 2群の差の検定で有意でない
分析結果
+
チームワークで手
を抜かない
+
転職
経験
転職
希望
+
後輩を教育
+
結論
 転入するのは,貢献者
 しかし,転出するのも貢献者
貢献者
フリーライ
ダー
 労働移動は,組織活性化に諸刃の剣
 組織の課題は,貢献者の定着
課題
 マクロの組織業績にリンク?
 パネルデータで因果関係?
 インターネット調査の代表性?
職業
この調査 就業構造基本調査02
専門
管理
事務
販売
人数
38.9%
5.4%
32.7%
22.9%
657
26.4%
11.2%
30.8%
31.6%
15,790,300
産業
.2%
7.5%
33.5%
8.0%
9.5%
5.7%
2.1%
20.5%
6.2%
6.8%
663
.3%
6.7%
16.3%
11.0%
25.6%
5.0%
1.9%
14.1%
6.5%
12.8%
15,790,300
(就業構造基本調査02)
農林水産鉱
建設
製造
運輸・通信
卸・小売・飲食
金融・保険
不動産
サービス
公務員
その他
人数
ダウンロード

PowerPoint形式(266 KB)