日中科学技術シンポジウム2008
2008.12.10.
情報化の進む中国とリコーの取り組み
リコーソフトウエア株式会社 取締役会長
株式会社リコー グループ執行役員
國井 秀子
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
急成長する中国ソフトウェア産業
 中国ソフトウェアと情報サービス産業の規模
• 総売上高は5年間で約5.3倍の成長
大半(87%)は国内向けで、輸
出額は約13%
2007年売上高の内訳
 中国オフショアの市場割合
(2006年上期データ)
日本市場向けが最も多い
出所:中国経済景気監測中心編2006
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
1
中国ソフトウェア産業の振興政策(その1)
 中国政府による主要な政策
• ~2000年 国家ハイテク・プログラム(通称863プログラム)がスタート (1986年)
国家重点基礎研究発展計画(通称973プロジェクト)がスタート (1997年)
• 2001年
WTO加盟、「国家級ソフトウェア産業基地」の認定政策
「ソフトウェアモデル学院をつくる試みに関する通知」の通達
• 2002年
税制、金融、人材育成、雇用、知的財産権総合支援策としての
「ソフトウェア産業振興行動要領」の制定
• 2003年
「ソフトウェア人材の育成と人材集団の形成に関する意見」の通達
• 2004年~ 「国家級ソフトウェア輸出(イノベーション)基地」の認定
New!
中国政府による取得奨励金制度がある。
★華東理工大学(上海、中国) 居徳華教授 のIPA FORUM 2008での講演資料より引用
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
2
中国ソフトウェア産業の振興政策(その2)
 中国政府第11回5ヵ年計画(2006~2010年 現在実施中)
• ソフトウエア産業関連の目標値
成長率: 年平均30%
総売上: 1.3兆元(07年の実績は5800億元)
• 人材重視のエンジニアリングプラン → From Process Maturity to People Maturity
代表例:
プロフェッショナル技術者
250万人
1000-100-10プロジェクト
1000社: CMMIレベル3認証を受けた企業社数(レベル5は300社)
100社: 新規誘致するアウトソーシング外国企業社数
10施設: 新設アウトソーシング・プロフェシュナル・トレーニング施設数
Eラーニングセンターの構築
5Aサービスの提供(Anytime、Anyplace、Any Topic、Anyway、Any Pace)
★華東理工大学(上海、中国) 居徳華教授のIPA FORUM 2008での講演資料より引用
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
3
人材供給の日中比較
 中国の情報処理系新卒者数は日本の約40倍
(大卒は約6倍、理工系大卒は約12倍)
 中国ソフトウェア業界は職場イメージがよい
日本:優秀な人材の獲得が難しい
・理工系離れ
・少子化
・3K職場のイメージ
きつい、帰れない、給料が安い
中国:優秀な人材が獲得しやすい
・理工系の人材が豊富
・就職難
・職場のイメージがよい(逆3Kともいわれている)
きれい、給料がいい、休日が多い
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
4
株式会社リコーのご紹介
 グローバルなICT企業
 オフィスワークのイノベーションを支援
 画像機器を強味としたソリューション提供
会社概要 (2008.3現在)
海外売上
12,039億円
比率54.2%
国内売上
10,160億円
比率45.8%
2008年3月期売上 (22,199億円)
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
資本金
1,353 億円
連結売上高
2兆2,199 億円
連結純利益
1,064億円
連結対象子会社・関連会社
317社
連結従業員数
83,400 名
5
グローバルなソフトウェア研究・開発体制
欧州における高度専門的・実践的
アライアンス先との共同・委託研究
駐在研究員の派遣
豊富な優秀人材を活かした
オフショア研究・開発
リコーソフトウェア研究所(北京)有限公司
リコー画像技術有限会社(上海)
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
シリコンバレーの利点を活かし、
新しいビジネスチャンスを
創造するための研究・開発
Ricoh Innovation, Inc.
Ricoh Americas Corporation
研究・開発の中核
株式会社リコー
事業部門
研究開発部門
リコーソフトウエア株式会社
6
ソフトウエア開発の中国における位置づけ
 背景
・オフィス機器開発におけるソフトウェア
比率の増大
・優秀なソフトウェア人材の不足
・ソフトウェア研究開発のグローバル化へ
の対応
 狙い
・優秀なIT技術者の確保
・国際感覚をもつ優秀な技術者の育成
・今後拡大するマーケットへの進出支援
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
7
中国市場への展開状況
グループ会社合計:
14社
内 ソフトウェア関連事業会社: 2社
Marketing and General Operation
Production and R&D
Ricoh Thermal Media (Beijing) Co., Ltd.
Ricoh Software Research Center (Beijing) Co., Ltd.
沈阳
北京
大连
天津
青岛
Ricoh (China) Co., Ltd.
西安
Ricoh Electronic Technology Ltd. (China)
南京 无锡
Ricoh Thermal Media (Wuxi) Co., Ltd.
成都
武汉
苏州
上海
Ricoh Imaging Technology (Shanghai) Co., Ltd.
杭州
重庆
长沙
广州
南昌
东莞
深圳
福州
厦门
Shanghai Ricoh Facsimile Co., Ltd.
Ricoh International (Shanghai) Co., Ltd.
Shanghai Ricoh Digital Equipment Co., Ltd.
Dongguan Ricoh Eleme office Machine Co., Ltd.
Ricoh Asia Industry (Shenzhen) Ltd.
Ricoh Dianzhuang (Shenzhen) Electronics Co., Ltd.
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
Ricoh Electronic Devices Shanghai Co., Ltd.
Tohoku Ricoh (Fuzhou) Printing Products Co., Ltd.
8
リコー画像技術有限会社のご紹介
RICOH IMAGING TECHNOLOGY SHANGHAI(RITS)
ミッション
 中国を含むグローバル向けのハード・ソフト開発
拠点
 各種ニーズに対応ができるソフトウェアグローバル
評価拠点
 中国市場販売活動及びサービス提供の支援
社名
リコー画像技術有限会社
(上海)
創立
2006年12月
資本金
1,000,000US$
(株式会社リコー 全額出資)
従業員 576名(2008年10月)
 業務内容
 各種オフィス機器&PC・組み込みソフトウェアの
設計・開発・評価
 ドキュメントソリューションの中国市場への提供
 生産技術及びグループ間のシナジーによるローコ
ストオペレーションの実現
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
9
リコーソフトウェア研究所のご紹介
特徴
・オフィス立地: 中関村ハイテクエリアの一角
・社員構成: 博士卒: 38.4%
修士卒: 43.3%
ミッション
RICOH Software Research Center Beijing (SRCB)
社名
リコーソフトウェア研究所(北京)
創立
2004年1月
資本金
1,000,000US$
(株式会社リコー 全額出資)
従業員
62名(2008年10月)
中関村
・中国におけるソフトウェアR&Dの拠点
業務内容
・画像機器に関する各種ソフトウェア研究開発
・先進的情報処理技術の研究開発
・各種市場リサーチ、標準化活動等
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
天安門広場
10
オフショア開発の現状
着実な成果
・優秀な人材が獲得できている
・下流工程の開発体制が確立し、オフショア開発のベースが出来た
・日中技術者同士の相互理解ができて、信頼関係がある
課題
・日本側のソフトウェア開発プロセスがオフショア開発に対応しきれていない
→ 開発プロセスの変革
・コミュニケーションギャップ
成功の鍵は
→ 英語が公式言語
ブリッジエンジニア
・要求把握や品質保証の認識にズレ
→ 技術力強化
・日本文化やビジネス習慣に精通したキーマン、マネージャーが少ない
→ OJT、オンサイト研修等による育成の強化
・人材流動性が高い
→ キャリアパスの明確化
→ 技術継承・バックアップ体制の強化
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
11
今後の展開
 日本側のソフトウェア開発プロセス改善
効率的なソフトウェア開発国際分業に向けて、
日本国内におけるソフトウェア開発プロセスの改善
自
■
立
自立したソフトウェア開発組織の構築
日本への依存度を減らし、提案力のある自立した
ソフトウェア開発組織の構築
 Win/Winのパートナーシップ関係の構築
親子関係から真のパートナーシップ関係、Win/Win関係の構築
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
12
ご清聴ありがとうございました。
http://www.ricoh-soft.co.jp/
© 2008 Ricoh Software Inc. All rights reserved.
ダウンロード

2008年10月 - 中国の科学技術の今を伝える SciencePortal China