DBWEB2005 特別セッション:
OSSコミュニティとの連携
Firebirdの概要
Firebird日本ユーザー会
加藤 大受
本資料はFirebird日本ユーザー会のWebサイト
(http://firebird.gr.jp)より入手可能です
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Agenda
 Firebirdの歴史
 Firebirdの概要
 Firebirdのロードマップ
 Firebirdの入手方法
 Firebird日本ユーザー会について
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの歴史
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの登場
 Firebirdとは
 2000年7月25日にInprise Corp.(現在のBorland
Software Corp.)がInterBase 6.0のソースコードを
InterBase Public Licenseにて公開され、このソースコー
ドをベースにプロジェクトがスタート
 オープンソースのFirebird Projectにて開発
 2002年3月12日にInterBase 6.0とフルコンパチブルの
Firebird 1.0がリリース
 2004年2月21日にFirebird 1.5がリリース
 現在、新バージョンであるFirebird 2.0 β1版を開発中
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird Foundation
 会費制でFirebird Projectを支援する団体
 Firebird Foundationの目的
 オープンソースのFirebirdリレーショナル・データベース・
エンジンの開発を支援し促進すること。
 非商用のインフラ及び機構を提供すること、それらによって
資金を受け入れて運用すること。これらの資金を、開発を
促進させるために支出すること。
 関連する個人、他の非営利団体及び営利企業の交友関係
と共同作業を強化すること、また、Firebirdソフトウェア、
関連する製品群及び諸活動における、開発、サポート及び
振興への参加を立案すること。
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdのベースとなっている
InterBaseとは?
 Borland Software Corp.が開発・販売
 全世界で累計出荷本数100万本以上
 バージョン
 1983年 Version 1.0
 1986年 Version 2.0
 1988年 Version 3.0
 1992年 Version 3.3(インターナショナル版)
Version 3.2J(初めての日本語版)
 1994年 Version 4.0
 1997年 Version 5.0
 2000年 オープンソース版InterBase V6.0
 2001年 Version 6.5
 2003年 Version 7.0
 最新版はInterBase 7.1
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの歴史(参考資料)
 参考URL
 インターベースロードマップ(木村明治翻訳)
 http://www.geocities.jp/kimura804/rdb/cva
lde/IbRoadmap_j.htm
 How InterBase came to be(林 務翻訳)
 http://tech.firebird.gr.jp/firebird/index.php?
firebird_xsite=34
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの特徴
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの概要
 ライセンス
 InterBase Public License v.1.0
 InterBase 6.0をベースにしているモジュール

http://firebird.sourceforge.net/index.php?op=doc&id=ipl
 Initial Developer's Public License. (IDPL)
 Firebird Projectが追加した新規のモジュール

http://firebird.sourceforge.net/index.php?op=doc&id=idpl
 両ライセンスともMozilla Public License v.1.1
をベースにしており、商用利用も可能性
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの概要
 簡単なインストールと環境設定
 簡易なインストーラを装備
 データベースの初期サイズの設定が不要
 ユーザー領域、ロールバック領域、テンポラリ領域の設
定が不要(ページサイズの指定は可能)
 1つのデータベース(fdb)の中にデータページ、インデッ
クスページ、ディクショナリが格納されている。
 ガーベージコレクション
 クエリオプティマイザを搭載
 経済的な設計(スモールフットプリント)
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの概要
 インデックスのガーベージコレクション
 OS の不安定さをカバーする Guardianプロセス
 同一バージョンでのデータベースの完全な互換性
 他のプラットフォームからのデータベースファイルのコピー
で対応可能
 マルチデータベースファイル対応
 OSのファイル制限回避のため
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの概要
 Multi-Generational Architecture(MGA)
 各行はユニークなトランザクションIDを保持
 行の更新が行われるとサーバは新しいトランザク
ションIDとともに新しいバージョンの行をディスク
に書き込み、古いバージョンとのデルタに変換す
る。
 データを書き直すのではなく、常にデルタを格納
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの概要
 トランザクション
 デフォルトトランザクション


アクセスモード



READ ONLY
READ WRITE
ロック対応



READ WRITE WAIT ISOLATION LEVEL SNAPSHOT
WAIT
NO WAIT
排他レベル



SNAPSHOT
SNAPSHOT TABLE STABILITY
READ COMMITTED [[NO]RECORD_VERSION]
 表ロック
 WITH LOCK句の指定
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの概要
 Transaction ID(TID)
 TIDは32bit integer
 1秒間に100トランザクションの場合、1年4ヶ月11日
2時間30分でTIDがオーバーフローしてしまう
 TIDをリセットするためにはバックアップ/リストアが
必要となる
 CURRENT_TRANSACTION変数でTIDの取得が可能
INSERT INTO T1
(TID,C1,C2)
VALUES
(CURRENT_TRANSACTION,’1234’,’ABCD’);
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの特徴
 安定性
 商用製品(InterBase 6.0)をベースにしており、
非常に安定したアーキテクチャを採用
 他のオープンソースRDBMSと異なり、頻繁なリビ
ジョンアップがない。
 サブプロジェクトでQAを実施
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird の特徴
 イベントアラータ
 データの更新をイベントとしてクライアントに伝
える Firebird の独自機能
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの特徴
 UDF(ユーザー定義関数)
 Delphi,C++などで簡単にユーザー定義関数の
作成が可能で、組み込みも容易
 多次元配列
 16次元までの配列をサポートするデータ型Blob
フィルタ
 サブタイプを変換するライブラリを登録しておくこと
で JPEG <-> GIF などの変換が可能
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird の特徴
 シャドウデータベース
 データベースのミラーリング機能
 同一サーバ内でミラーデータベースの作成が可能。
サーバが自動的にツーフェーズコミットで書き込み
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの特徴
 統一されたアーキテクチャ
 Firebirdのすべての機能がDLLとして提供されて
いるシングルサーバのEmbedded Serverから
Serverプラットフォーム版まで統一機能が提供さ
れている
 シングルユーザ向けとマルチユーザ向けの製品を
同一ソースで開発が可能
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
GUI管理ツール(IBOConsole)
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird対応のミドルウェア
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird対応のミドルウェア
 Jaybird
 タイプ4のJDBCドライバ
 最新バージョンは2.0
 XAインタフェースにも対応
 Firebird .Net Data Provider
 .Net対応ドライバ(C#で書かれている)
 最新バージョンは1.6.3
 IBPhoenix Firebird ODBC Driver
 最新バージョンは1.2.1
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird対応ミドルウェア
 Delphi/C++Builder用のコンポーネント
 IBObjects
 http://www.ibobjects.com/
 Jason wharton氏が開発し、有償でソースコード付
で販売されている
 FIBPlus
 http://www.devrace.com/en/fibplus/
 ロシアのDevrace社が開発・販売
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird対応のミドルウェア
 PHP
 InterBase関数を利用することで対応可能
 Windowsの場合
 extension=php_interbase.dll
 UNIX/Linuxの場合
 configure時に --with-interbase=/opt/firebird
を付けてPHPのコンパイルを行う
 その他の言語
 Perl, Zope, Rubyなどのスクリプト言語でも利用
することが可能
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird関連のツール
 IBOConsole
 フリーのFirebird/InterBase用の管理ツール
 http://www.mengoni.it/downloads.html
 日本語UI対応
 Marathon
 フリーのFirebird/InterBase用の管理ツール
 http://alanti.net/firebird/marathon/
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
その他のプロジェクト
 Fyracleプロジェクト
 Janus Software社が開発しているOracleの
PL/SQLをFirebirdに移植するコンパイラとランタ
イム
 コンパイラは有償、ランタイムはフリーライセンス
 Janus Software社Fyracleについて(英文)
 http://www.janussoftware.com/fb_fyracle.html
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdのロードマップ
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 1.0
 2002年3月にリリース
 InterBase 6.0と100%の互換性
 リリースプラットフォーム:
 Windows, Linux, FreeBSD, Solaris,
MacOS X, AIX, HP-UX
 Linux版は glibc 2.2系(Red Hat 7.3,AS 2.1,
SuSE Linux 8)
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 1.5
 2004年3月にリリースされた最新版
 Firebird 1.0からの変更点
 ファイル名の変更
 メモリ効率の改良
 メモリ上でのソート機能を実装
 新しいメモリマネージャの実装
 SuperServer版でXNEXプロトコルの対応
 ローカル共有メモリの利用
 Class版でのSMP対応の強化
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 1.5
 SQLの改良
 「CASE」句、「COALESCE」句、「NULLIF」句をサポート
 「GROUP BY」句への以下の機能をサポート
 内部関数
 サブクエリー
 列のエイリアス名
 数値(列の位置)
 「SELECT FIRST X」と「ORDER BY」をサブクエリーでサポート
 SELECT文での明示的ロックのサポート
 SELECT ... FOR UPDATE WITH LOCK
 EXECUTE STATEMENT文のサポート
 トリガー・プロシージャでのSAVE POINTのサポート
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 1.5
 仕様改良
 1テーブル64インデックスの制限を撤廃
 メタデータのコンパイルのタイミングの変更
 ソースコードをCからC++へ変更
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 2.0




2005年11月11日にβ 01リリース
ODSバージョンが11に変更
64ビットプラットフォームのサポート
レコード番号の対応
 40bit (内部は64-bit)のレコード番号に対応し、30GBの
サイズ制限を撤廃
 Raw Deviceの対応
 Raw Deviceにデータベースの格納が可能
 ガーベジコレクションの改良
 バックグランド処理対応
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 2.0

導出テーブルのサポート
SELECT
<select list>
FROM
<table reference list>
<table reference list> ::= <table reference> [{<comma> <table reference>}...]
<table reference> ::=
<table primary>
| <joined table>
<table primary> ::=
<table> [[AS] <correlation name>]
| <derived table>
<derived table> ::=
<query expression> [[AS] <correlation name>]
[<left paren> <derived column list> <right paren>]
<derived column list> ::= <column name> [{<comma> <column name>}...]
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 2.0
 CREATE SEQUENCE構文
 SQL:1999のCREATE SEQUENCE構文のサポート
 CREATE GENERATORからの移行を推奨
 構文
CREATE { SEQUENCE | GENERATOR } <name>
DROP { SEQUENCE | GENERATOR } <name>
SET GENERATOR <name> TO <start_value>
ALTER SEQUENCE RESTART WITH <start_value>
GEN_ID (<name>, <increment_value>)
NEXT VALUE FOR <name>
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 2.0
 EXECUTE BLOCK構文
 DSQLで使用できる名前のないプロシージャ
 構文
EXECUTE BLOCK [ (param datatype = ?, param
datatype = ?, ...) ]
[ RETURNS (param datatype, param datatype, ...) }
AS
[DECLARE VARIABLE var datatype; ...]
BEGIN
...
END
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 2.0

Procedure SQL 名前付きカーソルをサポート

構文
DECLARE [VARIABLE] <cursor_name> CURSOR FOR
( <select_statement> );
OPEN <cursor_name>;
FETCH <cursor_name> INTO <var_name> [, <var_name> ...];
CLOSE <cursor_name>;
Example:
DECLARE RNAME CHAR(31);
DECLARE C CURSOR FOR ( SELECT RDB$RELATION_NAME FROM
RDB$RELATIONS );
BEGIN
OPEN C;
WHILE (1 = 1) DO
BEGIN
FETCH C INTO :RNAME;
IF (ROW_COUNT = 0) THEN
LEAVE;
SUSPEND;
END
CLOSE C;
END
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 2.0
 CROSS JOIN構文の追加
 ROW句の追加
SELECT ...
[ORDER BY <expr_list>]
ROWS <expr1> [TO <expr2>]
 CURRENT_TIMESTAMP関数およびNOW関数
がミリ秒単位に変更
 GROUP BY句で任意の式に対応
GROUP BY
SUBSTRING(CAST((A * B) / 2 AS VARCHAR(15)) FROM
1 FOR 2)
 ORDER BY句で列番号に対応
SELECT * FROM RDB$RELATIONS ORDER BY 9
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 2.0
 インデックスの拡張
 Firebird 1.5までの252バイトのインデックス長
を撤廃し、ページサイズまで対応可能
 インデックスページへの物理データ格納を廃止し、
インデックスはレコード番号を保存
 インデックスの再構築問題への対応
 セキュリティの強化
 ハッシュアルゴリズムをDESからSHA-1に変更
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 2.0
 Win32 Local Protocol: XNET
 デフォルトプロトコルになった
 Classicサーバへの接続も可能
 Services API
 ClassicサーバへのServices API組込の完了
 WAITトランザクション
 TIMEOUTの設定が可能
 isc_tpb_lock_timeout
 LIKE演算子の改良
 BLOBでも正しく動くようになった
 Knuth-Morris-Pratt(KMP)アルゴリズムを採用
 Blob内の文字列検索などが早くなった
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird 3.0
 Firebird 3.0=Firebird 2.0+Vulcan
 スケラビリティの向上
 64ビットCPUの対応
 クラスタリング対応
 Java VMの搭載
 Javaプロシージャのサポート
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの入手方法
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebirdの入手方法
 FirebirdのオフィシャルWebサイト
 http://firebird.sourceforge.net
 ソースコード、製品バイナリ、ミドルウェアの入手
が可能
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird日本ユーザー会について
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird日本ユーザー会
 2004年4月に設立
 国内におけるFirebirdのさらなる浸透を促進するた
めの非営利・中立な任意団体
 これまでの実績
 2004年6月
 第1回セミナーの実施
 2004年9月
 オープンソースカンファレンス2004出展
 Project Administratorのニコライ氏を招へいし、テ
クニカルセミナーを実施
 ニコライ氏へのインタビューの実施
 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0409/1
6/news085.html
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
Firebird日本ユーザー会
 現在の活動
 Webページでの技術情報の配信
 http://www.firebird.gr.jp
 メーリングリストの提供

http://groups.yahoo.co.jp/group/Firebir
d-jp-general/
 セミナーの実施
 日本語による技術情報の提供
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
これからもFirebirdおよび
Firebird日本ユーザー会を
よろしくお願いします。
copyright(c)2005 Firebird日本ユーザー会
ダウンロード

Firebirdの歴史と概要