2005~2006年度
建築歴史・意匠委員会活動報告
2007年3月20日
於:学術推進委員会
建築歴史・意匠委員会の概要
建
築
歴
史
・
意
匠
本
委
員
会
2007.3.
於:学術推進委員会
歴史意匠委員会報告
日本建築史小委員会
日本建築史図集刊行WG
東洋建築史小委員会
東洋建築史活動情報
データベース化WG
西洋建築史小委員会
民家建築小委員会
全国民家保存施設一覧作成WG
近代建築史小委員会
アジア近代建築ネットワークWG
建築論・建築意匠小委員会
建築論・建築意匠事典WG
批評と理論小委員会
都市史小委員会
文化遺産災害対策小委員会
(協力)
歴史的建造物
保存活用ガイド
ライン検討
特別調査委員会
歴史的建築リスト整備活用小委員会
建築アーカイブス小委員会
歴史的建造物保存制度WG
DOCOMOMO対応WG
国立西洋美術館調査WG
建築歴史・意匠委員会
最近の活動
委員長:吉田鋼市
1)歴史的建造物の保存・活用などに関する要望の素案作り
2005年度;3件、2006年度;4件
例;元町公園・旧元町小学校(東京・文京区)〔都市計画委員会と共同〕
国際文化会館再生事業(2004年度協力⇒2006年3月竣工)
2)幅広いテーマによる研究集会/研究成果の社会的還元/社会への提言
例;2006年大会(関東)研究協議会「10年経った登録文化財-文化継承のために
建築学会が果たすべき役割- 」
展覧会「建築家山田守展」〔建築博物館に協力〕
シンポ「三信ビルの存続に向けて」〔関東支部・日本建築家協会に協力〕
提言「我が国建築アーカイブス環境の整備」(協力、2005年・国交大臣へ要望)
今後の活動
1)社会性のあるテーマ設定による研究集会
例;2007年日本建築学会大会(九州)
研究協議会「建築における衰退の歴史」
PD「東アジアから日本の都市住宅(町家)を捉える」
2)調査研究成果の社会的還元
例;「歴史的建築総目録データベース」の活用
歴史的建造物の
保存再生
文化遺産を活用した
快適な居住環境創造
日本建築史小委員会
主査:藤井恵介
目的:日本建築史研究発展のため、情報の交換、
シンポジウムの開催を主たる目的とし、
歴史的建造物の保存に関するシンポジウムも行なう。
東洋建築史小委員会の概要
主査:上野邦一
委員:15名
目的:アジア各地の建築史研究並びに歴史遺構調査に関わって
いる研究者の交流と情報交換、研究成果の公開と共有などを
通じて、この分野の発展と向上に資すること。
西洋建築史小委員会の概要
主査: 西田雅嗣
委員:15名
目的と最近の活動:
1)若手研究者の育成・強化策について議論、検討。
2)新しい研究活動、研究領域の拡大、隣接研究分野との学際協力の可能性、および日本に
おける西洋建築史研究のありかたについて議論、研究。
3)学術的国際交流促進の方法について議論・検討。
4)『西洋建築史図集』のメンテナンスの一環として、「デジタルアーカイブ」と「西洋建築史用語集」
の作成の必要性と可能性について議論・検討。 ⇒新たな構成の「新訂版」作成の検討
民家小委員会
主査:大場 修
委員15名
最近の活動
目的:伝統的民家・町家、歴史的町並に関する研究や保存修復
関わり、学術的立場からこれらの課題を明らかにしつつ、
課題解決に相応しい具体的な諸事業に取り組むこと。
に
1)研究成果の公表
『日本の民家1・2』(日本民家スライド集)編集(建築学会発行)
『日本民家語彙集解』編集(日外アソシエーツ発行)
日韓民家シンポジウム開催(93/94/95/97年)
2)研究・保存修復情報の交換と共有化
『民家・町並みニュース』発行(1977年~・年刊、2006年No.29)
05年度大会PD「民家研究50年の軌跡と民家再生の課題」
今後の活動
1)『民家・町並みニュース』No.30の刊行
2)07年度大会PD「東アジアから日本の都市住宅(町家)を
捉える」開催
3)委員会HPの開設:民家研究・保存情報の積極的発信
4)民家研究史の総括と民家保存、再生など今日的諸課題に
対する啓蒙・啓発を目的とする著書の編集・発行
『民家・町並みニュース』No.29表紙
(民家小委員会HP上で公開予定)
近代建築史小委員会
最近の活動
主査:内田青蔵
委員15名
目的:近代建築に関する保存問題ならびに、
その活用問題を中心テーマとした活動を行う。
1)近代建築の基礎データ収集と公表
例;『日本近代建築総覧』追補(『建築雑誌』連載)
2)近代建築の保存・再生事例の収集と公表
例;「近代建築の保存と再生」(『建築知識』『住宅建築』連載)
3)近代建築史に関する研究史構築と基礎資料整理
例;連続シンポ「近代建築史研究の現状と今後」(2005.3~)
今後の活動
保存・再生の問題点と
今後のあり方を検討
1)『日本近代建築総覧』追補リストの補充
多様な保存・再生事例への対応
近代建築の評価・位置付け
3)保存・再生事例集の作成
2)保存・再生事例の全国リスト作成と分析
4)近代建築史の研究史構築
例;連続シンポ「近代建築史の最先端」などの継続
建築論・建築意匠小委員会
主査:小林克弘 目的:①既往研究の整理収集(基礎文献のデータベース化)
委員12名
②方法論の研究(研究の対象とテーマ別の方法の把握)
WG10名
③学際的,国際的研究の交流(公開研究会の開催)
④研究成果の公表(建築論・建築意匠事典の刊行など)
最近の活動
総合的な建築論・建築
意匠研究センター機能
1)「建築論の現在」連続セミナーの開催
第1回「建築デザイン論の展開-建築・都市・環境を巡って」(2002/2)
第2回「生成の場所-森田慶一と堀口捨己の思索を通して」(2002/6)
第3回「建築論と実践的建築設計との架橋」(2002/11)
第4回「建築家論・作家論と建築デザインの応答-生命の建築
:ガウディとジュジョールを中心として」(2003/1)
第5回「歴史意匠論の可能性-ライト,コルビュジエ,カーン,そして大江宏」(2003/6)
第6回「歴史・意匠・批評のロゴス-神代雄一郎のアクチュアリティ」(2003/11)
第7回「建築家にとって建築論とは何か」(2005/2)
2) 2005年大会研究協議会「建築のデザインと論理の間」開催
3)建築論事典の刊行
「建築論事典」の編集作業の継続/収録語彙の選定終了(2006年度)
継続的発展
今後の活動
1)「建築論の現在」連続セミナーの継続⇒成果公表
2)『建築論・建築意匠論事典』刊行の編集作業の継続
執筆者への依頼/最終的な編集作業
都市史小委員会
最近の活動
主査: 伊藤 毅
委員15名、WG10名
目的: 総合的に都市史研究を進展させるために、方法論や情報の
交換・蓄積を行うセンター機能を学会に設けること。
1) 既往研究のレヴュー
例:シンポジウム「都市史研究の可能性を探る」(1999)
2) 研究会・シンポジウムの開催
例: シリーズ「伝統都市の転換期」 -中世から近世へ(2002),
近世から近代へ(2003),近代から現代へ(2004),
古代ならびにシリーズ総括(2005)
シリーズ「都市と建築」-第1回 内と外(2006)
3) 国際交流
例:特別講演会(外国人研究者招聘)「ニューヨークの都市住宅史」(2000)
4) 研究成果の刊行
例:1999~2006年度活動記録刊行(2002以降毎年) / 『日本の都市の特質』(2003)
今後の活動
1) シンポジウム開催
例: 「都市と建築-個と全体」 (2007年12月予定)
都市と建築に関する一連のシンポジウムの第2回
① 持続再生型都市の将来を
考えるための基礎資料作り
② 国際化社会に向けての
世界各地域の都市文化理解
③ 都市史の重要性の社会的発信
④ Working Group活動を通じた
若手研究者育成
文化遺産災害対策小委員会
主査:足立祐司 目的:文化財建造物と歴史的環境が突発的な災害によって著しく棄損
委員15名
されていく状況に対して、有効な対策を学術的見地から検討する。
最近の活動
震災時の保護対策に関する調査研究
文化遺産の災害対策に関するマニュアルを作成.
(連携)
文化庁
今後の活動
平時の活動
1)シンポジウムの開催
文化財保護の状況調査
災害時の活動
(連携委員会・連携委員の協力) 被災状況把握など
2)文化財の災害対策を検討
「歴史的建造物・環境保護
小委員会」
(防災委員会との協力)
一般家屋や都市防災などの
体制検討
歴史的建築リスト整備活用小委員会
主査:川向正人
委員15名
目的:大災害や建て替え・取り壊しなどで消滅する可能性の大きい歴史
的建築の総目録(リスト)をデータベース(DB)として構築する。
歴史的建造物保存制度WG
メンバー
科学研究費補助金(特定領域研究)
主査 後藤治(工学院大学)
研究代表者(後藤 治)による調査研究
清水慶一(国立科学博物館)
イギリス調査 に続き
久保田稔男(同上)
2006年3月
大橋竜太(東京家政学院大学)
2006年10月
村上正浩(工学院大学)
歴史的木造密集市街地の防火対策に関する調査
調査結果の一部は大会研究協議会で発表
ドイツ調査
消火栓配置状況、消防活動、自治体のリスクマネジメント等を
市町村の担当職員からのヒアリング調査によって実施
DOCOMOMO対応WG
主査:兼松紘一郎
委員10名
目的: ①WG選定100選のデーター・ベース作成と情報公開
②モダンムーブメントの好例の保存のための啓蒙活動
建築アーカイブス小委員会
主査:鈴木 博之
委員
目的:
ダウンロード

歴史・意匠委員会活動報告