2013
応用行動分析学(2)
行動科学・学習理論
行動分析学
そして
望月 昭
1
コンテンツ
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
行動科学とは?
法則性の発見
相関と因果
実験の意味
行動科学の歴史(学習心理学を中心に)
ケーラーの実験とエプシュタインの実験
(応用)行動分析学の特徴:
誰がなんのために「行動分析学」を選ぶのか?
応用行動分析学
(Applied Behavior Analysis)
•
•
行動分析学 (Behavior Analysis)
1)実験的行動分析
Experimental Behavior Analysis
2)応用行動分析
Applied Behavior Analysis (ABA)
B.F. Skinner
『対人援助学』キーワード集 “応用行動分析”
3
行動の科学とは?
そのあらまし
「ある人を理解できた」と
感じるのはどんなときか?
「理解できる/できない」というのは、
どんな場合に使うか?
理解できる/できない
1)「自分ならこうするのだが・・・・・」
(一人称的理解)
2)「普通の人ならこうするのだが・・・・」
(三人称的理解)
3)「いつもの君なら・・・・・・・・・・」
(二人称的理解)
「他人のことを理解する」と「他猫のことを理解
する」と、どこが違うか?
法則性を見出すという点では同様である。
「直接的関わり」を持つと「理解」が早い
行動と環境との法則性の発見
ある「行動」はなぜ生じるのか?
(因果関係をさぐる)
この基本的な作業を系統だてて、ど
のように行うか? 科学的研究
●原因を個人属性(性格、血液型その他)に求
め(たが)るのは、どんな場合か?
相関か因果か?
(例) なまずのひげが動くとき、よく地震が起こる
(みたい)
A.なまずのひげが動く
B.
地震がおこる
確かに、AとBは関係がある (=「相関」がある)。
Aをよく観察していれば、Bを予測(predict)はできる。
では、AはBの「原因」として良いかどうか?
実験(Experiment)の意味
実験はなぜ行われるのか?
ある事象の原因と思われる事象(なまずのひげ動き)
を操作して、実際に予測した結果(地震)が生じるか
原因と思われる事象(=独立変数)を操作して、その結果
として、他の事象(=従属変数)が制御(Control)されるか
をみる
→
実験
先の「猫」の「関わるとわかりやすい」参照
実験からわかること
観察から示された相関関係による「予測」に
くわえて、実験によって「制御」(control)でき
た場合、因果関係があったと(いちおう)言え
る。
予測(prediction)と制御(control)
行動分析学とは?
行動と環境との法則性の発見
この基本的な作業をどのように
行うか?
●ヒトがある行動をするのは、本人の個人的属
性(発達・性格など)なのか、
●現在までの環境との関係の歴史なのか
歴史:生物学的属性か環境との関係か
・19世紀までは「内観法」
19-20世紀の初頭:行動主義
(ロシア)Pavlov, I. 1849-1936
(古典的条件づけ)
(米国)Watson, J. B. 1878 –1958
(S-R心理学)
・(米国)Thorndike, 1874~1949
「試行錯誤学習」(Trial and Error)
刺激-反応(S-R)の組み合わせ(機械的)
「やってみなはれ」風な心意気が米国では受けた。
ところが・・・・
ウォルフガング・ケーラー1887-1967
「チンパンジーの洞察学習」1925
手の届かないところにバナナがつるしてある.隅に
は踏み台があった.
しばらくチンパンは,ジャンプしたりしたが手がと
どなかない.「しばらく考えた」そして「!」という感じ
で,踏み台をバナナの下まで持ってきて,それに
乗ってバナナをget!
http://ematusov.soe.udel.edu/cultures/german_ges
13
talt_psychologists.htm
ほんなら、椅子を積み上げて
と
どんなもんじゃ!
やったわね、
踏み台と棒も
使うぞ!
ケーラーの研究
• いかにもチンパンジーが「考えて」
行動しているように見える。
• デンショバトやラットではできそう
もない(?)
行動主義心理学と後の認知心理学の別れ目
(?)
人と動物とは学習のメカニズムが違う?
●ケーラー派:「ネズミやハトじゃ無理ね.チンパン
ジーとか人間とか霊長類の固有の能力だよ.だから,
人間のことを考えるには,こういう固有の「能力」につ
いて研究していかないとだめ」
○行動主義派:「もちろんハトと人間の能力は違う.で
も,能力の差って言ってしまったらそれで話は終わり
だろ」
●ケーラー派:「ほな,ハトでこんなことができまっ
か?」
○新しい行動主義派(行動分析学)
「やってやろうじゃん!」
18
行動主義の最終的形
としての行動分析学(Skinner,B.F.)
キーワード:
オペラント
強化随伴性
プログラム学習
ウォールデン・トゥー
コンテンツは次回にも
Epstein, R. (1996) “Insight” in pigeon
20
http://www.youtube.com/watch?v=mDntbGRPeEU
Epsteinの実験の内容
「バナナを踏み台でとる」という問題には2つの大き
な行動の獲得が必要だろう.それは
1)バナナをつつくとそれがとれる
2)踏み台を移動させて「目的地」につく.
2つとも必要か,試してみよう(実験).
それまで全然,経験のないデンショバトを使って
やってみよう.
洞察と言われるような「個体の能力」ではなく、外的
に操作可能な経験によって、同じ行動を生み出せ
るかも知れない
21
(説明できるかも知れない)
踏み台でバナナ
peckだけを練習
踏み台でバナナ
peck/踏み台
の無目的移動
だけを練習
踏み台でバナナ
peck
+
踏み台の目的
地移動を訓練
この研究が示すもの
1)観察可能な環境事象を、取り扱う内容
とする(教育・援助実践には不可欠)
2)求められた課題について、そこに含まれ
る必要な行動を獲得させれば、複雑に見え
る行動も獲得が可能である。
3)実際に手を下せる手段によって
これがあれば、なんとかなる!
23
行動分析学の特徴を簡単にいえば?
・なぜ、ある行動をするのか(できるのか)
1)生物学的属性、個人の能力?
2)現在と過去の環境との相互作用?
2)を選ぶことを「宣言」します!
(どちらが科学的に正しいという事ではない)
行動分析学の特徴:変数の特徴
(1)研究の対象(従属変数)は行動それ自体であ
る。行動を通して心ないし意識や認知あるいは脳
の働きなどを研究するのではない
(2)行動に関するすべての出来事を、同一の理論
的枠組みとできるだけ少ない共通の原理で分析す
る
(3)行動の原因(独立変数)を、個体の内部にで
はなく、個体をとりまく過去および現在の外的環境
のなかにもとめる(佐藤:2001)
応用行動分析学の特徴
・なぜ、ある行動をするのか
1)生物学的属性、個人の「能力」?
2)現在と過去の環境との相互作用?
2)を選ぶことを「宣言」します!
(どちらが科学的に正しいという事ではない)
出口光(1987)行動修正のコンテクスト
行動分析学研究、2、48-60.
26
なんでそんな宣言を?
• こうした宣言をすることは、いっ
たいどんな状況で有効なのだ
ろうか?
• 誰が、どんな相手に、どんな行
為をするときに、こんな宣言は
有効なのだろう?
27
課題
1. 実験の意味を、相関と因果という言葉を用いて
述べること
2. 学習心理学の歴史
3. ケーラーの実験とエプシュタインの実験
を対比して「行動分析学」の特徴を述べること
4. (応用)行動分析学の特徴を、誰がどのような仕
事を行うために使うかを前提に述べること
ダウンロード

応用行動分析の授業レジュメ