ビル・サージャント元RI副会長とエド・
フタ RI事務総長の2007年11月開催の
RI理事会に対する提案
• 決議23-34は、社会奉仕の理念やRIや
クラブの方針を必ずしも正確に説明して
いないように思われる
• ロータリー章典や手続要覧の改訂版か
らこの声明を削除する
具体的理由
• アメリカに限定して、小規模な商売人で構
成されていた時代に作られた組織なので
現代にそぐわない
• 現在のクラブの社会奉仕活動とは合致し
ない。これを遵守すれば何もできなくなっ
てしまう
• 決議23-34に敢えて違反したので、ポリオ
や3-Hが可能になった
• 当時の仕立屋や靴屋にはこの問題が
あったとしても、現在利己と利他との
調和に悩む人はほとんど存在しない
• RIはプロジェクトの提案だけではなく
指示をすべきである
• 他の組織が全くそれをしない場合だ
け奉仕活動を実施するのならば、何も
できない
RI常任委員会の勧告
• 決議23-34は、社会奉仕の理念やRIや
クラブの方針を必ずしも正確に説明して
いないように思われる
• 2008年1月の理事会に報告するために、
手続要覧とロータリー章典の改訂版に
歴史的文献を保存するための新しい形
式を提案するよう事務総長に要請する
2008年1月の理事会決定
• 決議23-34は、社会奉仕の理念やRIや
クラブの方針を必ずしも正確に説明して
いないように思われる
• 今後の手続要覧の改訂版に、決議2334を歴史的文書として保存すること
• 1923年の声明が歴史的な価値を有する
ものとして、手続要覧に記載されている
ことを言及する文をロータリー章典に含
めること
2008年6月 ロータリー章典
• 決議23-34の本文抹消
• 歴史的文書としての記載なし
2008年11月 ロータリー章典
• 決議23-34の本文抹消
• 歴史的文書としての記載なし
• 1923年の社会奉仕に関する声明
理事会は、歴史的な価値を考慮して
手続要覧の将来版の発行に当たって
社会奉仕に関する1923年の声明を含
めることを事務総長に要請した。
変えてはならないもの
ロータリー哲学
ロータリーの奉仕理念
He profits most who serves best
Service above self
変えなければならないもの
• RI・地区、クラブの管理運営
• 奉仕活動の実践
新しい声明の策定
• ロータリーの理念とすべての奉仕活
動の実践の指針
• ロータリー哲学の再確認
• RIとクラブとロータリアンの役割を明
確に規定する
• 現在の人道的奉仕活動のニーズに
適った指針
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション