NTTCom社のCSRの取り組みの更なる推
進にむけて
コミュニケーションズ本部
珍田 靖郎
2005.6.10
1
はじめに
<背景>
 企業におけるCSRの取り組みが社会的かつ国際的にも話題を集めてお
り、企業価値を高める手段として注目をされている
 NTT労組としても会社に対し、CSRのあり方については議論をすることも
含め、取り組み強化を要望してきているところである
 特にNTTCom社は海外に支店をもち、国際事業を展開していることから
CSRへの取り組みを非常に重要視しているところである
<具体的課題>
 NTTCom社は、2005年度にOBP(Our Business Principle)を改訂し、
グローバル企業として世界人権宣言、ILO基本条約などの規範を遵守す
ると宣言をしています。このような行動規範があるにもかかわらず、組合
員への認知度があまり高くないと認識している。このOBPの社員への認
知度を高めることが重要と考えます。
 今までよりもさらに労組が関与し、会社とCSRに対する取り組みを強化し
ていくことが重要と考えます。
2005.6.10
2
PJの発足と中長期的な目標
<PJの対象および実行者>
 対象:NTTCom社 HR部および労働組合員
 実行者:コミュニケーションズ本部 執行委員(特に政策交
渉部)
<中長期的な目標>
 NTTCom社とCSRの取り組みを強化し、社会から尊敬され
る会社になるように働きかけを行い、雇用の安定・確保に
努める
 社員が真に自分の会社に愛着をもち、発展にむけて弛ま
ぬ努力を行える会社
 国際的にもCSRの取り組みにおいて先進企業となり、ス
テークホルダーを満足できるような会社を目指す
2005.6.10
3
コミットメントに向けて
<達成目標>
 昨年度に実施したOBPの社員へのアンケートでは浸透度
が??% 程度であったことから、2006年5月までに浸透度
の50%以上を達成する
 CSRの構成要素である社会貢献活動の実施プログラムを
充実
<指標>
 OBPの社員への浸透度調査を行い、過半数が理解をし、
行動規範としているような状態にする
 NTTCom社が行っている社会貢献活動はCSRの一環であ
るものの、プログラムを充実させ、さらに公共・社会に貢献
できるようにする
2005.6.10
4
進め方と必要なもの
<プロセス>

現在会社と進めているCSRの交渉の体制強化と内容の充実

OBP浸透度の全社員アンケートを会社に実施依頼

アンケート結果の分析および考察

改善に向けたアクションプランの策定

アクションの実施

社会貢献活動の精査

社会貢献活動のプログラム策定

社会貢献活動の分析および考察
<インプット>

会社と交渉するための体制 (おもに政策交渉部)

CSRへの認識の合致

CSRの取り組み状況と方向性について意識をあわせること

現状のOBP浸透度の実態

現状の社会貢献活動の実態把握
2005.6.10
5
指標およびモニタリング
<指標>
 社員アンケートを通して、2006年5月までにOBPの浸透度
の50%以上を達成する
 社会貢献プログラムの現状に、さらに2つプログラムを追加
し、社会貢献プログラムの充実を図る。
<モニタリング>
 OBP浸透度調査については、アンケートの実施方法、実施
結果を踏まえての分析、改善にむけてのアクションプラン
の策定をその都度モニタリングを行い、評価を実施する。
 社会貢献活動については、現状を把握した上で、次のアク
ションプランの策定、実施、実施後の分析を行い、次の活
動あるいはプログラムの充実の糧とする。
2005.6.10
6
ダウンロード

ppt version - training.itcilo.it