問題
なぜイギリスにはブーメランしなかったのか?
フランスやイタリアは?
日本は?
そして
ドイツ・オーストリア・ロシアでは、
ブーメラン効果によって何が起こったか?
↓
汎民族主義運動
<<植民地の経験>>がヨーロッパ本土に跳ね返る
イギリス
ロシア
ドイツ
フランス
イタリア
少数民族
しかし、ヨーロッパは決して一枚岩ではない。
各国で<<跳ね返り効果>>の影響の仕方が違っていた。
イギリスの場合
● 安定した2大政党制が<<効果>>をブロック
(アーレントによる説明)
● 産業革命の発祥地(19世紀半ばに進展)
↓
▲▼直線的時間の世界
近
代
社
会
の
ふ
た
つ
の
要
素
● ダーウィンによる進化論の提唱(同じ時代)
↓
● 優生学の誕生(19世紀末、ゴールトンが提唱)
↓
▲▼「使える命」の選別 → 生権力
イギリスからアメリカ経由でナチス・ドイツへ
フランスとイタリアの場合
フランス
農業国、太陽王ルイ14世の時代に急速に「上からの近代化」
急進的なフランス大革命=典型的な国民国家の成立
「革命の伝統」=断続的な変革、不安定性
↓
ドレフュス事件の舞台に
イタリア
日本と同じ時期に国内統一、国民国家による中央集権化実現
しかし、地域の経済格差や文化的相違が大きい
多党乱立状態がつづく
↓
ムッソリーニの台頭(強制的な一党支配 ヒトラーの仲間?)
ドイツ・オーストリア・ロシアの場合
旧帝国的秩序が支配する地域
● 多くの民族が棲み分け状態(「民族の牢獄」)
● 皇帝権力のもと、強力な官僚制が発達
国民国家(「法の支配」)が未発達
↓
植民地で実験された<<人種社会>>に親和的
↓
第1次世界大戦によって旧帝国が崩壊したときに
どうなったか?
第一次世界大戦
総力戦、帝国主義戦争としての
↓
多民族支配の
旧帝国がすべて解体する
↓
難民、無国籍者の大量発生
運や条件の整った少数民族
国民国家の建設へ
旧帝国
アメリカ大領領ウィルソン提唱
「民族の牢獄」
民族自決原理
だが、多くの少数民族は国民国家を
つくれないままに<<路上生活>>へ
↑苦難1
苦難2→
<<行き場のないゴミ>>
汎民族主義運動
「シオン賢者の書」
世界を裏側から操っている連中がいる!
そいつらと戦うのが民族の使命・・・
「民族の牢獄」のなかで誇れる歴史をもてず、
近代的国民国家という輝ける未来も展望できない。
(過去も未来もない)
頼りになるのは「血の共同体」という神話だけ・・・
その神話がたとえウソだとしても、
悲惨な現在よりマシだという可能性さえあればいい。
(ウソと知っていながら信じてみる)
ニヒリズムと感覚まひのなかで、
差別的な世界観にも抵抗がなくなっている・・・
ウソの神話が語るみずからの民族の奇跡的な勝利へとむけて、
敵との闘争の歴史(無限の過程)に参加せよ・・・
ウ
ソ
が
力
を
も
つ
と
き
神話のオリジナルとしてのユダヤ教
おそるべき苦難のなかで練り上げられた古代ユダヤ教は、
すべての歴史的過程を司る(と信じられる)神に従うことを命じる。
この点で、汎民族主義運動の神話とユダヤ教はよく似ており、
むしろ、ユダヤ教はオリジナルというべきである。
↓
ユダヤ教から倫理性を差し引いて、
デタラメだけ並べたニセモノが汎民族主義運動の神話
オリジナルを殺せばニセモノだってホンモノになれる
「ユダヤ人なきユダヤ人憎悪」
(第3段階の反ユダヤ主義)
汎ゲルマン主義 → ナチズム
汎スラブ主義 → スターリニズム
国民国家の2つの要素とその破綻
汎民族主義運動
人種主義の暴走へ
● 旧帝国時代には、亡命者や行き場のないひとが異国
へ行けば、守ってもらえるという「庇護権」のしきたりが
あった。旧帝国の解体とともにそうした伝統は消滅した。
● そして近代的な人権は「国民」にしか保障されなかっ
た。無国籍者たちは<<無法>>の荒野に投げ出されるし
かなく、人権思想の限界が露呈した。
難民収容所
● 行き場のない難民に、とりあえずの居場所を与える
(最良ではないが、なくてはならないもの・・・)
● 「難民キャンプでは四角い空しかみえない」
(劣悪な環境。出るなと言われ、閉じ込められた状態に)
● 大量の<<無用な>>人間たちに対して収容所が利用される
↓
収容所という装置は人間たちを管理するのに有効なのではないか?
難民収容所 → 労働収容所 → 絶滅収容所
(「全体主義の世紀」=「収容所の世紀」)
これはナチスドイツだけでなく、
ソ連のシベリア抑留、アメリカの日系移民収容所、日本のハンセン病隔離施設・・・
いたるところで確認されること。
まとめ
モッブの諸相
① 故郷喪失者としてのユダヤ民族
② 社会構造、産業構造の転換のなかで、
「あらゆる階級」から零れ落ちたモッブ
↓
(経済競争の敗者、戦争の敗者、はみだし者、
退廃的な文化む貴族、・・・そして植民地の支配者たち)
③ 旧帝国の解体にともなって出現した難民、無国籍者
↓
汎民族主義運動の担い手 / 難民収容所に収容された人々
歴史の見方
まとめ
全体主義の諸要素、出揃う
● モッブの大量発生
● <<無法状態>>のリハーサル
● 「官僚制+人種主義=人種社会」の実験
● ブーメラン効果
● 第3段階の反ユダヤ主義=汎民族主義運動の神話
● 国民国家の限界が露呈
● 収容所という装置の有効性(?)が証明
((日本の軍国主義 ・・・・・ 少し条件が違っている))
ダウンロード

汎民族主義運動