生活科
「どんぐり」から「クヌギ」へ
2年生生活科の授業のお手伝いをしました。
いのっこやまにはたくさんのクヌギの木があります。いちばん大きな木もく
ぬぎの木です。たぶん30年くらいたっています。あきになると、クヌギやコ
ナラの木にどんぐりのみがたくさんなってじめんにおちます。
たくさんおちてもむしやとりがたべてしまって、クヌギになることができるの
は、ほんのわずかです。
はるになると、どんぐりのめがでます。
ねっこからじめんのえいようをすっておおきくなっていきます。
3ねんくらいたつとクヌギの木は1メートルくらいになり、みもなります。どんぐ
りようちえんというのが、いのっこやまにあるでしょう?あの木は5年くらい
たっています。よーくみると、はのつけねのところに、ちいさな、あかっぽいは
ながあります。これはらいねん、どんぐりのみをつけるじゅんびをしているの
です。
30年くらいたつといのっこやまにあるクヌギのように10メートルくらいになり
ます。はなは、はるにしろいはながさきます。1つの木に、2しゅるいのはな
がさくんだよ。おおきくなったくぬぎの木にはかぶとむしがやってきます。くわ
がたもやってくるね。どうしてかな?そうだね、じゅえきをすうためにやってく
るんだよね。
ダウンロード

生活科 - nifty