患者の悩む耳鼻科の病気
Web-siteへ寄せられたE-Mailの分析と
ジアテルミー手術のため来院した症例
ひたちなか市 志井田 守
勝田耳鼻科のホームページ
私はひたちなか市に開業して40年になります。
開業して10年ほど経つと大病院指向の時代に
なり、開業医は手術を敬遠して薬剤治療万能の
風潮になりました。
しかし、滲出性中耳炎、慢性扁桃炎、鼻アレル
ギーなどは薬剤だけでは完治し難い病気です。
これらの疾患に有効で、日帰り手術にも好都合
なジアテルミー という治療があります。
E-mail の 内 訳

月 3 ~ 4 通 時に一人 3 通、5 通
2~3年 最多 全国、海外からも

医師からは
治療と手術の手技

患者と家族
からは
難治で対応に悩む
病気の治療について
E-Mailへの対応
① second opinion
治療法を解説
② 医師を紹介
③ 家庭用超短波治療器
④ 来院/手術
①:②:③:④=7:1:1:1
相談の多かった病気
扁桃の病気
滲出性中耳炎
鼻アレルギー
その他
突発難聴
嗅覚喪失
扁摘後の障害
扁桃疾患の内訳
1.慢性扁桃炎
CFSアンギーナ
2.習慣性扁桃炎
3.扁桃膿栓症
4.掌蹠膿疱症
----- Original Message ----送信者 : T.T.
送信日時 : 2001年11月27日 16:10
件名 : ホームページを拝見しました。助けてください。
14歳の長男です。小学校までは扁桃炎から
喘息になり苦労しました。昨年4月から体調が
おかしくなりました。のど痛、頭痛、微熱、下痢
全身倦怠感、リンパ腺がはれる、やたら眠るな
どの症状が3~5日間続き、それが月に2回ほ
ど繰り返すようになりました。何軒もの耳鼻科、
小児科で診て頂きましたが、理解してもらえず、
ただ血液検査ではASO値が422や255と基
準より高いといわれました。扁桃を摘出する手
術も考えましたが - - - - - - - -
CFS扁桃炎の訴え 埋没扁桃の一例
微熱・悪寒
咽頭痛・嚥下痛
リンパ節腫脹
筋肉痛・筋力低下
全身倦怠
頭痛
関節痛
うつ状態ほか
病巣感染性扁桃の顔
病巣感染性扁桃炎
局所所見
①膿栓貯留
① 局所所見
②表面凹凸不整
② A群β溶連菌の
③陰窩配列の不規則
存在
④周囲との癒着
③ ASO値330以上 ⑤埋没性
⑥口蓋弓限局性発赤
④ 二次疾患の存在
⑦リンパ節腫脹
⑤ 病巣診断法による 少なくとも4項目あるいは
5項目が認められる場合
判定
来院5手術例の経過
T.H.14才♂ CFS扁桃炎 来院2回 治癒
凝固右2回左1回
S.T.35才♂ 扁桃膿栓症 両側2回 軽快
S.D.30才♂ 習慣性扁桃炎、花粉症 治癒
扁桃両側・鼻右側1回
K.M.27才♀ 花粉症、習慣性扁桃炎 著効
鼻・扁桃 両側各1回
M.Y.28才♀ 掌蹠膿疱症 家庭治療器
凝固右2回左1回 やや軽快
まとめ

HPへの電子メールと来院した手術例を調査

習慣性扁桃炎や扁桃膿栓症は凝固の好適応

CFS性、病巣感染性扁桃は摘出手術を推奨

レーザー焼灼が無効の鼻アレルギーにジアテ
ルミー凝固は著効
ダウンロード

患者の悩む耳鼻科の病気 - So-net