2
科学とは何か・技術とは何か
1 科学の成立:科学は大学から、
大学は西欧から始まった
•
•
•
•
•
•
Universityの語源はuniveitus
大学は自治組織
初めScola学を教えた 用語はラテン語
今も学名はラテン語
その語源はscole=ひま
英語のschool、scholarshipは皆同じ語源に
由来
Scola学
• ギリシャ哲学とキリスト教教義の融合をは
かった
• 神は二冊の書を書かれた:聖書と自然
• 自由7科 3科は文法(正しい論理で)修辞
学(適切な用語で)弁証法(相手を論破)
• 東洋では「学び」 まねびから由来
2 科学と科学者の始まり
• 科学science ラテンscientia知識の意に由
来 初出は1794(Oxford辞典)
• Scientist科学者 William Whewell の
造語1937 "History of Inductive Science"
• それまでは自然哲学natural philosopher
今もPhD
• 専門領域化 訳語「科学」は幕末 西周
• やがて科学は「ほめ言葉」となった
科学革命
• 17世紀頃から科学の特性がはっきりする
• 科学革命Science Revolution コペルニクス、
ニュートン、ベーコン、デカルト、ガリレオ
• 18世紀 フランス啓蒙思想が神から解放 「科学
を使ってパンを増やすこと パンを平等に分ける
こと」 技術と結合して世界を制覇
• 産業革命以降 科学の制度化(例 エコールポリ
テーク)、富国強兵と結びつき産業化が進む
• 職業人としての科学者の誕生 → 科学者の不
正行為
3 科学の特性
• 1 客観性 価値やイデオロギー、先入観とは無
縁
• 2 普遍性 誰が見ても同じ
• 3 経験主義 データ中心 datum(ラ) 与えら
れたもの
• 4 定量的 数式であらわさられる 定量的取
り扱いは正確さを増す
• 5 唯物論 物質の動きですべてが理解できる
科学的方法
• 1 データから仮説を立てる
• 2 仮説を証明するための実験を考える
• 3 実験が仮説を証明できないときは1に
戻る
• 天才は1の段階で独創的なひらめきを発
揮
• 演繹と帰納の組み合わせ
4 パラダイムParadigm
• パラダイムとは ある集団における支配的な考
え方(例 Samner 酵素はタンパク質である)
• 科学教育はパラダイムの教育(酵素の構造と
機能をタンパク質構造に基づいて教育)
• 科学の進歩はパラダイムを転換すること
(Chech リボザイムを発見)
5
現代科学の問題点
例1
Wallace H Carothers
1896-1937
例2:窒素固定(ハーバー法)
空気中窒素N2を工業や生物が利用できるア
ンモニアNH4+、硝酸NO3-に変換すること
を窒素固定という
Fe触媒(Haber・Bosch法)
高温高圧(500oC、350気圧)
N2
+
3H2
→
2NH3
ニトロゲナーゼ(Feを含む酵素)
現代科学の問題点(1)
•
•
•
•
産業化 例はナイロン
機密化 特許の問題
軍事化 兵器に取り込まれた
体制化 多くの科学者が原爆の開発に
協力
• 巨大化 加速器 放射光 ゲノム
• 科学は力、金、徳であるとされた 「知識は
力であり、無知は無力である」
• その結果、反科学思想が生まれた
現代科学の問題点 その2
• 科学技術と危険
遺伝子やクローンに対するすばやい応答
利益→科学の権威、不利益性→否定 「科
学技術とは危険なもの」という不信感
• 科学がつまらなくなった
好奇心の科学から「国民のための科学」へ
過度の競争 不正行為を生んだ
技術優先から秘密主義へ
巨大化のため「顔」が見えなくなった
科学の規制
• テクノロジーアセスメントTechnology
Assessment 技術評価
• 環境評価Environmental assessment 開発技
術の環境への影響の評価
• 科学研究は好奇心から「国民のための科学」
• 科学・科学者の中立論;科学者は善でも悪で
もない
• 科学者は社会に対し説明責任Accountability
がある。
ダウンロード

その2