IHE 放射線部門ワークフロー:
概要
Andrei Leontiev
IDX Systems Corporation
Co-Chair,IHE Technical Committee
(翻訳:IHE-J技術検討委員会 篠田)
患者情報の整合性統合プロファイル
通常検査のワークフロー
Admit, order, schedule, acquire images, notify of completed steps
患者
情報の
整合性
Unknown
patients and
unscheduled
orders
2
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
“通常の” ワークフローの
プロセスの概要
• トピックス:
– IHEにおけるHL7アクターとトランザクション
– DICOMアクターとトランザクション
– 通常のワークフローのプロセス
– 患者情報とオーダの更新プロセス
– 患者情報の整合性
– まとめ
3
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
IHEにおけるHL7アクター
ADT
Pt registration: 1 
Pt Update: 12 
Order Filler
 2: Placer Order Management
 3: Filler Order Management
 1: Pt registration
 12: Pt Update
 1: Pt registration
 12: Pt Update
Order Placer
 4: Procedure Scheduled
 12: Patient Update
 13: Procedure Update
Image
Manager
4
Master Patient Index
HL7アクター:
• <MPI>
• ADT/Patient
Registration
• Order Placer
• DSS / Order Filler
• Image Manager
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
ADTアクター
 1: Pt registration
 12: Pt Update
ADT
Pt registration: 1 
Pt Update: 12 
Order Filler
 2: Placer Order Management
 3: Filler Order Management
Master Patient Index
 1: Pt registration
 12: Pt Update
Order Placer
 4: Procedure Scheduled
 12: Patient Update
 13: Procedure Update
Image
Manager
5
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
ADTアクター
• 4.1 – 患者登録のトランザクション
– Send
• Admit: A01 (In Patient), A04 (Out Patient), A05 (PreAdmission)
• Cancel: A11 (Cancel Admit), A38 (Cancel Preadmit)
6
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
ADTアクター (続き)
• 4.12 – ADT患者情報の更新トランザクション
– Send
• Transfer: A02 (Patient Transfer)
• Update Patient Class: A03 (Discharge), A06(Outpatient
becomes Inpatient), A07 (Inpatient becomes Outpatient)
• Update Patient Information: A08 (Update)
• Merge Patients: A40 (Merge)
• Cancel: A12 (Cancel Transfer), A13 (Cancel Discharge)
7
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
オーダ発行アクター
 1: Pt registration
 12: Pt Update
ADT
Pt registration: 1 
Pt Update: 12 
Order Filler
 2: Placer Order Management
 3: Filler Order Management
Master Patient Index
 1: Pt registration
 12: Pt Update
Order Placer
 4: Procedure Scheduled
 12: Patient Update
 13: Procedure Update
Image
Manager
8
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
オーダ発行アクター
• 4.2 – 発行オーダ管理トランザクション
– Send
• New Order: ORM/NW (New Order)
• Cancel: ORM/CA (Cancel Order), ORM/DC (Discontinue)
9
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
オーダ発行アクター (続き)
• 4.1 – 患者登録のトランザクション
– Receive
• A01 (In Patient), A04 (Out Patient), A05 (Pre-Admission), A11 (Cancel
Admit), A38 (Cancel Preadmit)
• 4.12 – 患者情報の更新トランザクション
– Receive
• A02 (Patient Transfer), A03 (Discharge), A06(Outpatient becomes
Inpatient), A07 (Inpatient becomes Outpatient), A08 (Update), A12
(Cancel Transfer), A13 (Cancel Discharge), A40 (Merge)
• 4.3 – 実施オーダ管理のトランザクション
– Receive
• ORM/SN (New Order), ORM/SC (Status Update), ORM/OC (Cancel
Order)
10
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
DSS / オーダ実施アクター
 1: Pt registration
 12: Pt Update
ADT
Pt registration: 1 
Pt Update: 12 
Order Filler
 2: Placer Order Management
 3: Filler Order Management
Master Patient Index
 1: Pt registration
 12: Pt Update
Order Placer
 4: Procedure Scheduled
 12: Patient Update
 13: Procedure Update
Image
Manager
11
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
部門システムスケジューラ
(DSS)/オーダ実施アクター
• 4.3 – 発行実施管理トランザクション
– Send
• New Order: ORM/SN (New Order)
• Order Status: ORM/SC (Status Change)
• Cancel: ORM/OC (Cancel Order)
• 4.4 – 手技の予約トランザクション
– Send
• ORM (procedure scheduled)
• 4.13 – 手技の更新トランザクション
– Send
• ORM (procedure updated)
12
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
DSS/オーダ実施アクター (続き)
• 4.1 – 患者登録のトランザクション
– Receive
• A01 (In Patient), A04 (Out Patient), A05 (Pre-Admission), A11 (Cancel
Admit), A38 (Cancel Preadmit)
• 4.12 – 患者情報の更新トランザクション
– Receive
• A02 (Patient Transfer), A03 (Discharge), A06(Outpatient becomes
Inpatient), A07 (Inpatient becomes Outpatient), A08 (Update), A12
(Cancel Transfer), A13 (Cancel Discharge), A40 (Merge)
• 4.2 – 発行オーダ管理トランザクション
– Receive
• ORM/NW (New Order), ORM/CA (Cancel Order), ORM/DC
(Discontinue)
13
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
事務処理の通常の流れ
Order
Placer
ADT
Department System
Scheduler/ Order Filler
Image
Manager
Acquisition
Modality
Register/
Admit
Patient
Patient
Registration [1]
Create Order
Placer Order
Mgmt – New [2]
Schedule Procedure and/or
Assign Protocol
Procedure
Scheduled [4]
Modality Worklist
Provided [5]
14
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
手技の実行の通常の流れ
Department System
Database/Scheduler
/ Order Filler
Image
Manager
Acquisition
Modality
Image
Archive
Print
Server
Print
Composer
Modality Procedure
Step In Progress [6]
Modality Procedure
Step In Progress [6]
Perform
Acquisition
Modality Images
Stored [8]
Modality Procedure
Step Completed [7]
Modality Procedure
Step Completed [7]
Modality Storage
Commitment [10]
Modality
Presentation State
Stored [9]
Print Request [23]
Images Availability
Query [11]
15
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
オーダ入以前の
患者情報の更新
Order
Placer
ADT
Department System
Scheduler/ Order Filler
Image
Manager
Acquisition
Modality
Register/
Admit
Patient
Patient
Registration [1]
Modify
Patient
Patient
Update [12]
Patient Update [12]
Create Order
Placer Order
Mgmt – New [2]
16
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
オーダ入力後の
患者情報の更新
Order
Placer
ADT
Department System
Scheduler/ Order Filler
Image
Manager
Acquisition
Modality
Admit/
Register
Patient
Patient
Registration [1]
Create Order
Placer Order
Mgmt – New [2]
Modify
Patient
Patient
Update [12]
Patient
Update [12]
17
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
手技の予約後の患者情報の更新
Order
Placer
ADT
Department System
Scheduler/ Order
Filler
Image
Manager
Acquisition
Modality
Register/
Admit
Patient
Patient
Registration [1]
Create Order
Placer Order
Mgmt – New [2]
Schedule Procedure and/or
Assign Protocol
Procedure
Scheduled [4]
Modality Worklist
Provided [5]
Modify
Patient
Patient
Update [12]
Patient
Update [12]
18
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
オーダ発行部でのオーダの入れ替え
ADT
Order
Placer
Department System
Scheduler/ Order Filler
Image
Manager
Acquisition
Modality
Cancel Order
Placer Order Mgmt
- Cancel [2]
Procedure
Update [13]
Modality Worklist Provided [5]
Create Order
Placer Order
Mgmt - New [2]
Procedure
Scheduled [4]
Modality Worklist Provided [5]
19
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
DSS/オーダ実施部でのオーダの入れ替え
ADT
Order
Placer
Department System
Scheduler/ Order Filler
Image
Manager
Acquisition
Modality
Order
Cancelled
Filler Order Mgmt
- Cancel [3]
Procedure
Update [13]
Modality Worklist Provided [5]
Create
Order
Filler Order
Mgmt – New [3]
Procedure
Scheduled [4]
Modality Worklist Provided [5]
20
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
画像情報の管理
• 情報システム、PACS、モダリティ間での通信
• 利用されるDICOMサービス:
– Modality Worklist Management (MWL(M))
– Modality Performed Procedure Step (PPS)
– Storage
– Storage Commitment
– Query/Retrieve
21
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
IHEの通常検査のワークフローの概念
IHEはこの部分と他のワークフローのプロセスに焦点を当てた。
その際3つの明確なHL7/DICOM 用語を選んでいる :
オーダ(依頼) :
放射線検査サービスの依頼
依頼済み手技 : コード化され、課金可能な一つのレポートにまとめられる作業の
単位
手技のステップ :
ワークフローの中の最小の作業単位:
予約済み手技のステップ: ‘実施される作業の単位’
実施された手技のステップ: ‘実行された作業の単位’
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
IHEはこの問題に焦点を当てた
ユーザ向けの3レベルのワークフローの構造的概念:
オーダ:
画像検査サービスの依頼
(Accession Number)
依頼済み手技 :
関連するコード化、課金可能な
1レポートにまとめられる作業の単位
臨床医または
参照医師:
画像検査部門の顧客
放射線科医 :
レポート作成を担当
(Requested Procedure ID)
手技のステップ :
ワークフローにおける
最小の作業単位(modality
臨床放射線技師(および放
射線科医)
画像撮影、その他を担当
worklist entry)
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
通常のワークフロー
典型的な流れ: 1オーダ – 1手技 – 1レポート
放射線部門
オーダ
画像検査に対
する依頼
依頼済み手
レポート
技
コード化、課
金可能な行
為の集合
画像検査モダリティ
1乃至それ
以上の画像
のシリーズ
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
複数のモダリティステップ
DICOM
モダリティ作業リスト
オーダ
予約済み手技
のステップ
A
画像検査の依
頼
依頼済み手
技
1
予約済み手技
のステップ
B
DICOM
モダリティ作業リスト
放射線部門
実施済み
手技のステ
ップ P1
1乃至それ
以上の画像
のシリーズ
レポート
コード化、課
金可能な
行為の集合
実施済み手
Acquisition
技のステップ
Modality
P1
1乃至それ
以上の画像
のシリーズ
画像撮影
モダリティ
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Aアクターとトランザクション
Image Creator
Image Display
18
Creator
Images Stored
14
Query
Images
10
Storage
Commitment
Retrieve
Images
Department
System Scheduler
/ Order Filler
16
Image
Archive
Image
Manager
8
Modality
Images Stored
11
Image
Availability Query
Modality/Creator.
Procedure Step
7
6
In-Progress
21
20 /Completed.
Modality Worklist
Provided
5
Modality/Creator.
Procedure Step
7
6
In-Progress
Performed
/Completed.
21
Procedure Step20
Manager
Mod. Procedure
10
Storage
Commitment
Step In-Progress
6 /Completed 7
20 21
Creator Procedure
Step In-Progress/Completed
Acquisition
Modality
26
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
モダリティ作業リスト
27
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
MWL(M)アクターとトランザクション
Image Creator
Image Display
Department
System Scheduler
/ Order Filler
Image
Manager
Image
Archive
Performed
Procedure Step
Manager
Modality Worklist
Provided
5
Acquisition
Modality
28
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
モダリティ作業リスト
• MWLは、情報システムの管理するデータとモダリ
ティとを統合することを可能とする
• 患者情報、予約、および診療データ(例えば、患
者名/ID、処置の日付/時間、手技のコード、アクセ
ッション番号、依頼済み手技のID、・・・)を含む画
像検査の手技の準備
• 画像生成場面での新たなデータ入力を避けタイプ
エラーを避ける
• MWLは “片道行” (すなわち、情報システムからモ
ダリティへ)
DICOM画像中のHIS/RISデータを含むばかりでなく、
ワークフローが“なすべき作業を取得する”ことを可能とする
29
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
モダリティ作業リスト
C-FIND-RQ (with matching and return keys)
Modality
C-FIND-RSP (one per match plus final response)
DSS/
Order Filler
• DSSとモダリティに対する要求されたマッチング
とリターンキーを明確に定義
– DSSが何をマッチングすべきかの応答をフィルターす
るためにモダリティが何を利用するか
– モダリティは何をDSSに返せ(MWLで表示するために
)と要求するか/DSSは何を返せるべきか
30
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
実行済み手技のステップ
31
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
PPS Actors and Transactions
Image Creator
Image Display
Department
System Scheduler
/ Order Filler
Modality/Creator.
Procedure Step
7
6
In-Progress
/Completed.
21
20
Image
Manager
Performed
Procedure Step
Manager
Image
Archive
Modality/Creator.
Procedure Step
7
6
In-Progress
/Completed.
21
20
20 21
Creator Procedure
Step In-Progress/Completed
Mod. Procedure
Step In-Progress
6 /Completed 7
Acquisition
Modality
32
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Performed Procedure Step
• Applies to Modality and Image Creator
• Convey details about procedure step(s) performed
• Conveys detailed statuses such as “in progress”,
“completed” and “discontinued”
• Provides “return trip” feedback such as:
– Scheduled information obtained via MWL
– What, when, and how was the procedure performed
– Accession Number, Patient Name/ID, procedure step codes,
radiation dose values, material management data
– List of images acquired/created, Study Instance UID ….
Not only tells that the performed step is complete,
But closes the workflow: “acquisition/creation work done”
33
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Performed Procedure Step
Modality or
Image
Creator
•
•
•
•
•
N-CREATE (scheduled info, status of “in progress”)
N-SET (performed info, status of “completed”)
DSS or
Image
Manager
Simple Case (1 SPS results in 1 PPS)
Unscheduled Case (0 SPS results in1 PPS)
Append Case (1 SPS results in n PPS)
Group Case (n SPS results in 1 PPS)
Abandoned Case (1 SPS results in 1 abandoned
PPS)
• Group Case with Presentation of Grouped
Procedures (n SPS results in 1+n PPS)
Volume II, Appendix A
34
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Images Stored
Images Stored Actors and Transactions
Image Creator
Image Display
18
Creator
Images Stored
Department
System Scheduler
/ Order Filler
Image
Archive
Image
Manager
8
Modality
Images Stored
Performed
Procedure Step
Manager
Acquisition
Modality
36
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Images Stored
Modality or
Image
Creator
C-STORE (Images Stored)
Image
Archive
• Applies to Modality and Image Creator
• Scheduled Procedure Step and Requested
Procedure information is recorded.
37
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Storage Commitment
38
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Storage Commitment Actors and Transactions
Image Creator
Image Display
10
Storage
Commitment
Department
System Scheduler
/ Order Filler
Image
Archive
Image
Manager
Performed
Procedure Step
Manager
10
Storage
Commitment
Acquisition
Modality
39
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Storage Commitment
• Modalities and image creators obtain explicit
agreement from a storage device (i.e.
archive, etc.) that images (and other objects)
will be reliably stored
• The duration of storage is defined by the
storage device product
• Facilitates automated or simplified deletion of
images on modalities, workstations, etc.
Avoids accidental deletion of images on
modalities and workstations
40
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Storage Commit. - Push Model
C-STORE operations ….
Modality or
Image
Creator
N-ACTION - (list of referenced image UIDs)
N-EVENT-REPORT - (success or failure)
Image
Manager
• Images (or objects) are pushed to storage device
• N-ACTION provides a list of UIDs for objects to be
reliably stored (may be different AE than storage)
• N-EVENT-REPORT confirmation from Storage to
Modality
• Implementations must design for transactions being
on multiple associations
• When N-EVENT-REPORT is sent by Storage Device
is product dependent and may be hours after NACTION
41
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Image Availability Query
42
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Image Availability Query Actors and Transaction
Image Creator
Image Display
Department
System Scheduler
/ Order Filler
Image
Manager
Image
Archive
11
Image
Availability Query
Performed
Procedure Step
Manager
Acquisition
Modality
43
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Image Availability Query
• Allows DSS to know when acquired
images have reached Image Archive and
are ready to be interpreted
• Minimizes delays in workflow
• MPPS does not guarantee that images
were sent to the Archive or will ever be
• No notification mechanism in DICOM
• Specialized Query (C-FIND) is defined
44
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Image Availability Query
C-FIND-RQ (with matching keys)
DSS/
Order Filler
C-FIND-RSP (matches with return keys)
Image
Manager
• Instance UID returned in the query response
signifies availability.
• Storage Location - a system that is a holder of
images at a particular period in time (AE Title).
• Instance Availability - a period of time for
images to be moved from a storage location to
be ready for distribution (OFFLINE,NEARLINE,
ONLINE
45
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Image Query/Retrieve
46
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Query/Retrieve Actors and Transaction
Image Creator
Image Display
14
Query
Images
Department
System Scheduler
/ Order Filler
Retrieve
Images
System Database
Image
Manager
16
Image
Archive
Performed
Procedure Step
Manager
Acquisition
Modality
47
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Query Retrieve of Images
C-FIND-RQ (with matching and return keys)
Image
Display
C-FIND-RSP (matches with return keys)
Image
Archive
Defines Matching keys for response filtering
by Image Archive
Defines Return keys to be requested by
Image Display
Defines Returned attributes by Image Archive
in query responses
Defines Returned attributes required to be
displayed on Image Display
48
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Attributes Name
Tag
Query Keys Matching
SCU
SCP
Query Keys Return
SCU
SCP
IHE Generic
Keys for
Query
Retrieve of:
- Images
- GSPS
- SR
Study Level
Study Date
(0008,0020)
R+
R
R+
R
Study Time
(0008,0030)
R+
R
R+
R
Accession Number
(0008,0050)
R+
R
R+
R
Patient Name
(0010,0010)
R+
R
R+
R
Patient ID
(0010,0020)
R+
R
R+
R
Study ID
(0020,0010)
R+
R
R+
R
Study Instance UID
(0020,000D)
R+
R
O
R
Modalities in Study
(0008,0061)
R+
R+
R+
R+
Referring Physician’s Name
(0008,0090)
R+
R+
R+
R+
Patient’s Birth Date
(0010,0030)
O
O
R+
R+
Patient’s Sex
(0010,0040)
O
O
R+
R+
Number of Study Related Series
(0020,1206)
N/A
N/A
O
R+
Number of Study Related Instances
(0020,1208)
N/A
N/A
O
R+
Modality
(0008,0060)
R+
R
R+
R
Series Number
(0020,0011)
R+
R
R+
R
Series Instance UID
(0020,000E)
R+
R
O
R
Number of Series Related Instances
(0020,1209)
N/A
N/A
O
R
Request Attribute Sequence
(0040,0275)
R+
R+
R+
R+
>Requested Procedure ID
(0040,1001)
R+
R+
R+
R+
>Scheduled Procedure Step ID
(0040,0009)
R+
R+
R+
R+
Performed Procedure Step Start Date
(0040,0244)
R+
R+
R+
R+
Performed Procedure Step Start Time
(0040,0245)
R+
R+
R+
R+
Instance Number
(0020,0013)
R
R
O
R
SOP Instance UID
(0008,0018)
R+
R
O
R
SOP Class UID
(0008,0016)
O
R
O
R+
Series Level
R
= Required by DICOM
R+ = IHE-2 Requirement
to be displayed or
entered (SCU),
to be returned(SCP)
Composite Object Instance Level
49
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Image Specific Query Matching
and Return Keys
Attribute Name
Tag
Query Keys Matching
SCU
Query Keys Return
SCP
SCU
SCP
Image Specific Level
Rows
(0028,0010)
O
O
O
R+
Columns
(0028,0011)
O
O
O
R+
Bits Allocated
(0028,0100)
O
O
O
R+
Number of Frames
(0028,0008)
O
O
O
R+
50
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Patient Information
Reconciliation
患者情報の整合性
“意識不明患者の場合”
• 救急患者
• 患者IDがない(分からない):
– 意識不明
– 生命が危険な状態
– 緊急の処置が必要な場合ー登録の時間が惜
しい
– オーダーがない、処置の予定がされてない
52
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
“現実”のシナリオ
• 患者が放射線部門に送られそこで仮の患
者IDと名前が割り当てられる
• 次いで、オーダーがDSS/オーダ実施部で
入力されて撮影がモダリティで実行される
53
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
“現実”のシナリオ
• 画像管理装置は部門で発行された患者ID
を画像またはMPPSから得る
• DSS/オーダ実施部はオーダーメッセージ
をオーダ発行部に送る
• ADTは部門で発行された患者IDを知らな
い
54
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
“現実”のシナリオ
• ADTが最終的に患者情報を登録または整
合を取ると、患者情報を更新するメッセー
ジをすべてのシステムへ送信
• それぞれのシステムはADTから提供され
る情報によって部門の患者記録の整合を
図る
• 複数の地点での整合性の維持
• 一つ以上の部門がある場合は大変
55
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
現状の課題
• 氏名不詳の患者情報は全医療機関にも部
門にも、すべてのシステムに的確に入力さ
れていなければならない
• システムへの手入力は高い確率で誤入力
につながる
• ADTから与えられた情報はローカルな情
報とミスマッチである場合の可能性が高い
56
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
現状の課題ー続き
• それぞれのシステムはADTから提供され
た情報を、始めに登録された患者記録に
マニュアルで統合する必要がある
• 複数の地点での整合ーデータの同期をと
れないという高いリスクを生ずる
• ADTから与えられた情報はローカルな情
報とミスマッチである場合の可能性が高い
57
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
氏名不詳患者のユースケース
• ADTで救急患者を事前登録するローカル
ルールがある場合 (“John Doe”, “Jane
Doe”):
– ケース1: 氏名不詳患者がADTで登録されオ
ーダー発行アクターでオーダーが発行される
– ケース2: 氏名不詳患者がADTで登録され、
オーダーがDSS/オーダ実施部で発行される
– ケース3: 氏名不詳患者がADTで登録される
が、オーダーが発行される前に撮影が完了す
る
58
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
氏名不詳患者のユースケース
• 救急患者の登録を部門発行のIDで行うこ
とを認めている場合:
– ケース4: 氏名不詳患者に仮部門IDが割り当
てられDSS/オーダ実施部でスケジュール化さ
れる
– ケース5: 仮の部門IDを割り当てたりオーダー
を出す前に画像撮影を終わらせる(モダリティ
で患者IDを入れる)
59
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
氏名不詳患者 – ケース 1
Order
Placer
ADT
Department System
Database/Scheduler/
Order Filler
Image
Manager
Modality
Register J.Doe
Patient
Registration [1]
Placer Order Mgmt
NewOrder [2]
Schedule Procedure
Procedure
Scheduled [4]
Images
Acquired
MWL Provided [5]
Modality Procedure
Step Completed [7]
Modality Procedure
Step Completed [7]
Patient Reconciliation
J.Doe -> J.Smith
Patient
Update [12]
Patient
Update [12]
60
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
患者名/IDのパス – ケース1
Transaction
Patient ID
Protocol & Field
Prior Patient ID (HL7)
Register J.Doe (Temp_123)
A01 (ADT -> OP)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
A01 (ADT -> OF)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
ORM (OP->OF)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
ORM (OF->IM)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
DICOM MWL
(OF -> Modality)
Temp_123
DICOM (0010,0020)
N/A
PPS (Modality ->
PPSM)
Temp_123
DICOM (0010,0020)
N/A
PPS (PPSM -> IM)
Temp_123
DICOM (0010,0020)
N/A
PPS (PPSM -> OF)
Temp_123
DICOM (0010,0020)
N/A
ADT reconciles J.Doe(Temp_123) >J.Smith(456)
A40 (ADT -> OF)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
123^^^ADT_Issuer
A40 (OF->IM)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
123^^^ADT_Issuer
A40 (ADT -> OP)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
123^^^ADT_Issuer
61
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
氏名不詳患者 – ケース2
Order
Placer
ADT
Department System
Database/Scheduler/
Order Filler
Image
Manager
Modality
Register J.Doe
Patient
Registration [1]
Filler Order Mgmt
New Order[3]
Schedule Procedure
Procedure
Scheduled [4]
Images
Acquired
MWL Provided [5]
Modality Procedure
Step Completed [7]
Modality Procedure
Step Completed [7]
Patient Reconciliation
J.Doe -> J.Smith
Patient
Update [12]
Patient
Update [12]
62
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
患者名/IDのパス – ケース2
Transaction
Patient ID
Protocol & Field
Prior Patient ID (HL7)
Register J.Doe (Temp_123)
A01 (ADT -> OP)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
A01 (ADT -> OF)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
ORM (OF->OP)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
ORR (OP->OF)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
ORM (OF->IM)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
DICOM MWL
(OF -> Modality)
Temp_123
DICOM (0010,0020)
N/A
PPS (Modality ->
PPSM)
Temp_123
DICOM (0010,0020)
N/A
PPS (PPSM -> IM)
Temp_123
DICOM (0010,0020)
N/A
PPS (PPSM -> OF)
Temp_123
DICOM (0010,0020)
N/A
ADT reconcilse J.Doe(Temp_123) >J.Smith(456)
A40 (ADT -> OF)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
123^^^ADT_Issuer
A40 (OF->IM)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
123^^^ADT_Issuer
A40 (ADT -> OP)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
123^^^ADT_Issuer
63
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
氏名不詳患者 – ケース3
Order
Placer
ADT
Department System
Database/Scheduler/
Order Filler
Image
Manager
Modality
Register J.Doe
Images
Acquired
Patient
Registration [1]
Modality Procedure
Step Completed [7]
Modality Procedure
Step Completed [7]
Filler Order Mgmt
New Order [3]
Schedule Procedure
Procedure
Scheduled [4]
Patient Reconciliation
J.Doe -> J.Smith
Patient
Update [12]
Patient
Update [12]
64
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
氏名不詳患者 – ケース3
Transaction
Patient ID
Protocol & Field
Prior Patient ID (HL7)
Register J.Doe (Temp_123)
A01 (ADT -> OP)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
A01 (ADT -> OF)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
Temp_123 manually entered at the Modality
PPS (Modality ->
PPSM)
Temp_123
DICOM (0010,0020)
N/A
PPS (PPSM -> IM)
Temp_123
DICOM (0010,0020)
N/A
IM recognizes unscheduled MPPS and assumes assigning authority “ADT_Issuer”
PPS (PPSM -> OF)
Temp_123
DICOM (0010,0020)
N/A
OF recognizes unscheduled MPPS with valid Patient ID and assumes assigning authority “ADT_Issuer”
ORM (OF->OP)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
ORR (OP->OF)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
ORM (OF->IM)
Temp_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
ADT reconciles J.Doe(Temp_123) >J.Smith(456)
A40 (ADT -> OF)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
123^^^ADT_Issuer
A40 (OF->IM)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
123^^^ADT_Issuer
A40 (ADT -> OP)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
123^^^ADT_Issuer
65
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
氏名不詳患者 – ケース4
Order
Placer
ADT
Department System
Database/Scheduler/
Order Filler
Image
Manager
Modality
Schedule Procedure for J.Doe
Procedure
Scheduled [4]
Images
Acquired
MWL Provided [5]
Modality Procedure
Step Completed [7]
Modality Procedure
Step Completed [7]
Register J.Smith
Patient
Registration [1]
Patient Reconciliation
J.Doe -> J.Smith
Patient
Update [12]
Filler Order Mgmt
New Order [3]
66
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
患者名/IDのパス – ケース4
Transaction
Patient ID
Protocol & Field
Prior Patient ID (HL7)
N/A
OF creates J.Doe (Dept_123)
ORM (OF->IM)
Dept_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
DICOM MWL
(OF->Modality)
Dept_123
DICOM (0010,0020)
PPS (Modality ->
PPSM)
Dept_123
DICOM (0010,0020)
N/A
PPS (PPSM -> IM)
Dept_123
DICOM (0010,0020)
N/A
IM recognizes unscheduled MPPS and assumes assigning authority “OF_Issuer”
PPS (PPSM -> OF)
Dept_123
DICOM (0010,0020)
N/A
OF recognizes unscheduled MPPS with valid Patient ID and assumes assigning authority “OF_Issuer”
ADT registers J.Smith (456)
A01 (ADT -> OP)
Dept_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
A01 (ADT -> OF)
Dept_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
OF reconciles J.Doe(Dept_123) ->J.Smith(456)
A40 (OF->IM)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
Dept_123^^^OF_Issuer
ORM (OF->OP)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
ORR (OP->OF)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
ORM (OF->IM)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
67
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
氏名不詳患者 – ケース5
Order
Placer
ADT
Department System
Database/Scheduler/
Order Filler
Image
Manager
Modality
Images
Acquired for J.Doe
Modality Procedure
Step Completed [7]
Modality Procedure
Step Completed [7]
Register J.Smith
Patient
Registration [1]
Patient Reconciliation
J.Doe -> J.Smith
Patient
Update [12]
Filler Order Mgmt
Schedule Procedure
New Order [3]
Procedure
Scheduled [4]
68
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
患者名/IDのパス – ケース5
Transaction
Patient ID
Protocol & Field
Prior Patient ID (HL7)
Modality performs procedure J.Doe (Dept_123)
PPS (Modality ->
PPSM)
Dept_123
DICOM (0010,0020)
N/A
PPS (PPSM -> IM)
Dept_123
DICOM (0010,0020)
N/A
IM recognizes unscheduled MPPS and assumes configured assigning authority [“OF_Issuer”]
PPS (PPSM -> OF)
Dept_123
DICOM (0010,0020)
N/A
OF recognizes unscheduled MPPS with invalid Patient ID and assumes assigning authority [“OF_Issuer”]
ADT registers J.Smith (456)
A01 (ADT -> OP)
Dept_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
A01 (ADT -> OF)
Dept_123^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
OF reconciles J.Doe(Dept_123) ->J.Smith(456)
A40 (OF->IM)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
Dept_123^^^OF_Issuer
ORM (OF->OP)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
ORR (OP->OF)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
ORM (OF->IM)
456^^^ADT_Issuer
HL7 (PID-3)
N/A
69
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
システム要求
• 登場するシステム - ADT, オーダ発行部,
オーダ実施部, 画像管理部はHL7メッセー
ジによって更新情報を通信する
• すべてのシステムはADT^A40をサポート
する必要あり:
– 新しい患者IDはPID-3フィールドへ
– 旧患者IDはMRG-1 フィールドへ
• 患者IDのデータタイプはCXであること
• 患者IDを割り当てる権限が与えられている
こと
70
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
システム要求
• オーダ実施部と画像管理装置はDICOM
のMPPSによって、IDの割当権限ないシス
テムからの患者IDに出くわすことがある
• オーダ実施部と画像管理装置はIDの割当
権限が仮定されることになる (配置換えが
可能だが、同じ機能であること)
• オーダ実施部と画像管理装置は正しい患
者IDを認識できること
71
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
方針としての要求事項
• 医療機関は救急患者のADTでの事前登
録があり得るか否かを選択する必要があ
る
• オーダ実施部と画像管理部は同様のID割
当権限を付与されるべきである
• オーダ実施部は仮の患者IDと正しい患者
IDとを区別できるようにすること
• ケース4と5では、 オーダ実施部はオーダ
ーを出す前に患者情報を整合しなければ
ならない
72
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
Questions?
Documents Available On the Web at:
www.rsna.org/IHE or www.himss.org
73
IHE-Jベンダーワークショップ
2002年11月6日
ダウンロード

概要 - IHE-J