1
各教科・道徳等での指導方法(90分)
1.教科・道徳等における情報モラル指導に当たって
2.指導方法3つの形態
A 教科別の指導
B 学習形態別の指導
C 教育活動全般における指導
事例演習
3.情報モラル指導年間計画の重要性
2
3
① -1 指導要領上の位置づけ
【新】小学校指導要領
第1章 総則-第4 指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項
(9) 各教科等の・・・情報手段に慣れ親しみ,コンピュータで文字を入力するなど
の基本的な操作や情報モラルを身に付け,適切に活用できるようにするための学
習活動を充実するとともに・・・
慣れ親しむ
基本的な操作
情報モラル
学習活動の充実
【新】中学校指導要領
第1章 総則-第4 指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項
(10) 各教科等の・・・生徒が情報モラルを身に付け,コンピュータや情報通信ネッ
トワークなどの情報手段を適切かつ主体的,積極的に活用できるようにするため
の学習活動を充実するとともに・・・
情報モラル
情報手段を活用できるようにするための学習活動
児童生徒一人一人に等しく
身につけさせなければならないものとしての扱い
4
①-2 情報モラルの具体的目標と学習活動
Ⅰ 他者への影響を考え,人権,知的財産権など自他の権利を
尊重し情報社会での行動に責任をもつこと
Ⅱ 危険回避など情報を正しく安全に利用できること
Ⅲ コンピュータなどの情報機器の使用による健康とのかかわり
を理解すること
(a) 情報発信による他人や社会への影響について考えさせる
学習活動
(b)ネットワーク上のルールやマナーを守ることの意味について
考えさせる学習活動
(c)情報には自他の権利があることを考えさせる学習活動
(d)情報には誤ったものや危険なものがあることを考えさせる学習
活動
(e)健康を害するような行動について考えさせる学習活動
5
②大切にしなければならないこと
発達段階や実態に
合った指導
• アンケート等で児童生徒の実態だけでな
く、指導する教師の側の実態も把握して
おく。
教科の本質を
• 教科の本質(本時の目標)を大切にしな
がら「情報モラル指導」を行う。
大切にした指導
繰り返し、
重ね合わせながら
力を醸成していく
• 1回の指導で完結するのではなく、様々
な授業や活動の中で繰り返し力をつけて
いく。 (指導計画の重要性)
研ぎすまさなければ • モデルカリキュラム表を参考に、授業の
見えてこない
どの部分を情報モラル指導の場とするか
検討する。
情報モラル指導の場
6
7
2.指導法 3つの指導場面
学
情
校
報
や
入モ
教
れラ
師
てル
い指
の
く導
教
指のの 育
導要中 活
素に 動
を
に
情授
含報業
まモの
れラ
るル
場指
合導
のの
指要の
導素中
がに
情授
含報業
まモの
れラ
るル
場指
合導
のの
指要自
導素身
がに
情報モラルの具体的目標
教科の本質・教科としての指導目標
8
9
【教科別】A-①国語科の学習での指導例
解説(3・4年)より
・・・引用する部分をかぎ(「」)でくくり,出典を明示することや,引用部分
が適切な量になることなどについても指導することが求められる。このこ
とは,著作権を尊重し保護することになる。
町の橋調べの授業から
4年□□ 町の橋調べ
○○橋は、万延元年(186
0)に美濃国××という人が
20年かけて完成させ、安心
して川を渡れるようになって
よかったです。
これは、だれが言っているのかな?
出典(出所)等の明示を行わせる。
著作権に関わる指導
【指導後】
町の橋図鑑に、「○○橋は、万
延元年(1860)に美濃国××
という人が20年かけて完成させ
た。」と書いてありました。安心
して川を渡れるようになってよ
かったです。
10
【教科別】A-②社会科の学習での指導例
社会科5年より
・・・様々な情報に対して適切に判断し,望ましい行動を
しようとする能力や態度を身に付けることである。
くらしを支える情報の授業から
天気とコンビニ弁当の関係
いくつか見比べて、正しいか確認!
見つけた一つの情報だけで
考えを作っていた。
複数の情報を比較し、
真偽を確かめて行動させる。
11
【教科別】A-③④音楽科・美術科の学習での指導例
中学校指導要領 音楽科・美術科より
音楽に関する知的財産権について,必要に応じて触れる
ようにすること。
美術に関する知的財産権や肖像権などについて配慮し,
自己や他者の創造物等を尊重する態度の形成を図るように
すること。
楽譜の取り扱い
作品の取り扱い
コピーや写真撮影すると、誰かに迷惑をかけることにならないかい?
作者の立場だけでなく、楽譜集・作品集を出版する人たち
などに対象を広げて考えさせる。
12
【教科別】A-⑤保健体育科の学習での指導例
中学校指導要領 保健体育科より
・・・コンピュータなどの情報機器の使用と健康とのかかわ
りについて取り扱うことも配慮するものとする。
生活習慣アンケートなどで実態を確実にとらえ
ネット依存などの具体的事例を挙げながら
楽しんでいるあなた自身を傷つけていることになっていないか?
自分の問題としてとらえさせ、健康への悪影響が
現時点だけでなく、将来にわたって影響があると考えさせる。
13
【教科別】A-⑥技術・家庭科の学習での指導例
中学校指導要領 技術・家庭科より
・・・著作権や発信した情報に対する責任を知り,情報モラ
ルについて考えること。
メールや掲示板でのコミュニケーションを考える授業から
ネット上の教材等で具体的事例を取り上げ
書かれた人・書いた人、両方の立場で考えさせる
ネットの特徴や仕組み、関連法規から両者の気持ちを考えよう
複製の容易さ、伝搬性の速さと広さ、匿名性など
「特徴や仕組み」を足場にして、当事者の気持ちを考えさせる。
14
【教科別】A-⑦道徳の学習での指導例
中学校指導要領 道徳より
・・・道徳の内容との関連を踏まえて,情報モラルに関する
指導に留意すること。 。
メールや掲示板でのコミュニケーションを考える授業から
「他の人とのかかわりに関すること」などの内容を扱う中で
書かれた人・書いた人、両方の立場を自分に置き換えさせて考えさせる。
もし、自分だったらどんな気持ちになるか考えよう
「自分だったらどうだろう‥」と、自己を見つめさせながら
「相手意識」を足場にして、当事者の気持ちを考えさせる。
15
【教科別】A-⑥⑦技術・家庭科と道徳の学習の違い
メールや掲示板でのコミュニケーションを考える授業から
技術・家庭科
道徳
ネットの特徴や仕組み、
関連法規から両者の気持ちを
考えよう
特徴や仕組み
もし、自分だったらどんな気
持ちになるか考えよう
生徒の発言
ネットに書かれてしまうと、すぐにコ
ピーされてばらまかれたりする。あっ
という間に多くの人に知られてしまう
ことになる。それに、一度ネットに流
出してしまうと、自分の力では全てを
消すことができない。いつまでも、び
くびくしなければならなくなる。
相手意識
多くの他人が知ることになったら、自
分だったら「会う人がみんな自分を
笑っているように思う」。怖くて、外に
出られなくなる。相手が分からないか
ら、周りの人すべてを疑いたくなる。
教科・道徳のそれぞれの本質を確実にとらえ
学習の足場を混同しないように留意する必要がある。
16
17
【活動別】B-① 調べ学習での指導例
(c)情報には自他の権利があることを考えさせる学習活動
(d)情報には誤ったものや危険なものがあることを考えさせる
学習活動
これは、だれが言っているのかな?
この資料は、誰のものかな?
勝手にコピーや写真撮影すると、
誰かに迷惑をかけることにならないかい?
いくつか他の資料も見比べて、
本当に正しいか確認してごらん!
著作権、肖像権、個人情報、プライバシーの尊重の
意識を高める発問・指示を意図的に設定する。
18
【活動別】B-② 創作的活動や表現活動での指導例
(a) 情報発信による他人や社会への影響について考えさせ
る学習活動
(c)情報には自他の権利があることを考えさせる学習活動
どんな人にも分かるようにしてあるかな?
勝手にコピーや写真を自分の作品に使って、
誰かに迷惑をかけることにならないかい?
これを見る人は誰が作成したと思うかな?
著作権意識の醸成を中心に指導していく。許諾の方法など権利
処理について指導が可能な場である。情報発信の責任として
アクセシビリティー等への配慮などにも気づかせていきたい。
19
【活動別】B-③見る・聞く・鑑賞するなどの活動での指導例
(b)ネットワーク上のルールやマナーを守ることの意味に
ついて考えさせる学習活動
(c)情報には自他の権利があることを考えさせる学習活動
(d)情報には誤ったものや危険なものがあることを考えさせる
学習活動
作者や公開した人の立場で考えてみよう!
勝手にコピーや写真撮影すると、
誰かに迷惑をかけることにならないかい?
いくつか他の資料も見比べて、
本当に正しい作品か確認してごらん!
相手意識を高める発問・指示を意図的に設定することにより、誹
謗・中傷したり批判したりする姿勢を見つめさせる指導をする。
20
【活動別】B-④話し合う・討論する活動での指導例
(a) 情報発信による他人や社会への影響について考えさせ
る学習活動
(b)ネットワーク上のルールやマナーを守ることの意味につい
て考えさせる学習活動
一度、発言をしてしまうと、言い直しが難しいね。
よく考えをまとめてから、発言していこう!
文字だけでコミュニケーションする難しさを、
いつもの話し合いと比べて考えてみよう!
ネット上でのトラブルの大半を占める、「言い争い」を発端とす
る「誹謗中傷」が、どのようにして拡大・悪化していくかを、
日常の対面して行われる場合と文字だけのコミニュケーション
による場合と対比的に考えさせる。
21
22
【その他の活動】C-① 学校・学級通信を通しての指導例
学校・学級通信をとおして、著作権・肖像権・プライバシーの
尊重など他者の権利尊重の意識を育む指導
配布するたびに、児童生徒に意識付けを
行っていくとより指導の効果が上がります。
☆本通信には、個人名・作品等が記載されています。これらは
全て許諾を得て使用していますが、文書の廃棄等についてご配
慮いただくようお願いいたします。
学級通信の例
学校だよりや学級通信は、学校が組織として著作権や
個人情報について、どういった態度で臨んでいるかを、
定期的に保護者や児童生徒に示していく絶好の場です。
23
【その他の活動】C-② 個人情報収集を通しての指導例
家庭環境調査票等提出物収集をとおして、
個人情報の重要性についての意識を育む指導
どうして始業時に提出させるのかなど
個人情報の受け渡しの重要性を体感しながら
学ぶことができます。
☆本調査票には、大切な個人情報が記載されています。
紛失したり、友だちにあずけたりしないようご家庭でもご指導
ください。
☆学校では、担任が一人一人個別に受け渡しをします。
調査票の例
コンプライアンス(法令遵守)の姿を積極的に公開していくことで、
児童生徒のコンプライアンス意識を高めていくことができます。
24
【その他の活動】C-③ 学校HP公開を通しての指導例
学校HP公開による情報発信をとおして、情報発信の責任や
Webアクセシビリティー等、障がいをもった人への配慮を育む指導
学校HPの例
実際に音声で聞いてみたり、自分の学校へ問い合わせを体
験したりすることで、より具体的な学習になります。
情報を発信するということに伴う「責任」や「配慮」を学ぶ場として、
体験的に学習できます。学校HPの情報発信の姿勢こそ、
児童生徒に最も近い模範例にしていきたいものです。
25
26
体系化・系統化・標準化を意識した指導計画
発達段階に応じた
指導内容の積み上げ
2領域5項目の
偏りのない指導
児童生徒一人一人に等しく身につけさせていく指導の具現化
27
2.指導法 3つの場面
学
情
校
報
や
入モ
教
れラ
師
てル
い指
の
く導
教
指のの 育
導要中 活
素に 動
を
に
情授
含報業
まモの
れラ
るル
場指
合導
のの
指要の
導素中
がに
情授
含報業
まモの
れラ
るル
場指
合導
のの
指要自
導素身
がに
情報モラルの具体的目標
教科の本質・教科としての指導目標
28
ダウンロード

第4 指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項