(社)日本品質管理学会(JSQC)医療の質・安全部会,QMS-H研究会共催
資料⑦
医療のための質マネジメント基礎講座のご案
内
医療のための質マネジメントの基本概念,手法等を学んでいただくために,標記セミナーを開講いたしま
す。医療者はもちろん,医療者以外の方も医療の質マネジメントに興味のある方を対象としています。
1回ごとに独立なテーマですので,1回だけの受講も可能です.興味のある方はぜひお申し込みください。
回
開催日時
テ
ー
マ
講
師
第1回
2009年8月30日(日)
9:30~12:30
質マネジメントの基礎
-『医療の質用語事典』を読み解く-
早稲田大学理工学術院
教授 棟近雅彦
第2回
2009年8月30日(日)
13:30~16:30
医療の質マネジメントシステム(QMS)
- QMSモデル,ISO9001,医療機能評価-
早稲田大学理工学術院
教授 棟近雅彦
第3回
2009年9月12日(土)
9:30~12:30
POAM(業務プロセスに注目した与薬事故分析手法)
-プロセス指向,レポートの書き方と分析方法-
早稲田大学理工学術院
教授 棟近雅彦
博士課程 佐野雅隆
第4回
2009年9月12日(土)
13:30~16:30
インシデント分析と対策立案
-エラープルーフの活用,対策立案と実施-
早稲田大学理工学術院
教授 棟近雅彦
第5回
2009年9月13日(日)
9:30~12:30
転倒転落事故の防止
-転倒転落事故防止の考え方と分析方法の演習-
東京大学大学院工学系研究科
特任助教 加藤省吾
第6回
2009年9月13日(日)
13:30~16:30
医療安全管理システム
-組織的医療安全の推進-
早稲田大学理工学術院
教授 棟近雅彦
病院医療安全管理者
第7回
2009年10月3日(土)
9:30~12:30
PFC(Process Flow Chart)を用いた医療プロセスの標準化(1)
-PFCの作成方法,診療PFC・看護PFCの実際-
早稲田大学理工学術院
教授 棟近雅彦
助手 金子雅明
第8回
2009年10月3日(土)
13:30~16:30
PFC(Process Flow Chart)を用いた医療プロセスの標準化(2)
-PFCの作成方法の演習と活用の実際-
早稲田大学理工学術院
助手 金子雅明
東京大学大学院工学系研究科
博士課程 下野遼子
第9回
2009年10月4日(日)
9:30~12:30
医療における文書管理
-文書体系とその活用方法-
早稲田大学理工学術院
教授 棟近雅彦
助手 金子雅明
第10回
2009年10月4日(日)
13:30~16:30
問題解決法と改善の進め方
-QCストーリー,QC七つ道具,新QC七つ道具-
早稲田大学理工学術院
教授 棟近雅彦
助手 金子雅明
第11回
2009年11月7日(土)
9:30~12:30
患者状態適応型パスシステム(PCAPS)の基本(1)
-PCAPSとは-
東京大学大学院工学系研究科
特任教授 水流聡子
第12回
2009年11月7日(土)
13:30~16:30
患者状態適応型パスシステム(PCAPS)の基本(2)
-PCAPS活用の実際-
東京大学大学院工学系研究科
特任教授 水流聡子
第13回
2009年11月8日(日)
9:30~12:30
KYT(危険予知活動)と5S活動
-現場の基礎を強化するKYTと5Sの実践方法-
早稲田大学理工学術院
教授 棟近雅彦
修士課程 梶原千里
第14回
2009年11月8日(日)
13:30~16:30
QMSの導入・推進方法
-導入・推進の実際,教育体系,組織的改善-
早稲田大学理工学術院
教授 棟近雅彦
助手 金子雅明
会場
第 1回~第10回 早稲田大学西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)62号館
第11回~第14回 (財)日本科学技術連盟東高円寺ビル2F講堂
受講料
JSQC正会員・部会員
JSQC正会員・非部会員
JSQC非会員
①1回あたり
5,000円
7,000円
15,000円
②14回通し
60,000円
84,000円
180,000円
ダウンロード

PPT - 日本品質管理学会