サーバ・クライアントシステム
& X Window System
理学院 宇宙理学専攻
惑星物理学研究室修士 2 年
徳永義哉
サーバ・クライアントシステム(1)
~サーバ・クライアントシステム
「クライアント」と呼ばれる計算機 or ソフトウェ
アの要求に応えて「サ-バ」と呼ばれる計算
機 or ソフトウェアがサービスを提供する
サーバ
クライアント
network
サーバ
図1:サーバ・クライアントシステムの概念図
サーバとクライアントが同じ計算機上に存在する
場合もある
サーバ・クライアントシステム(2)
~サーバ
ネットワークを通していろいろな機能やサービ
スを提供する計算機 or ソフトウェア
例)
WWW コンテンツの配信
WWW サーバ
メールの送信(第12回参照)
SMTP サーバ
到着したメールの配送(第12回参照)
POP サーバ
IMAP サーバ
ホスト名⇔ IP アドレスの変換(第5回参照)
DNS サーバ
サーバ・クライアントシステム(3)
~クライアント
サーバが提供するサービスなどを利用する
計算機 or ソフトウェア
例)
WWW コンテンツの閲覧
web ブラウザ
(Internet Explorer, Mozilla)
メールの送受信
メーラ
(Mew, Outlook Express, Thunderbird)
遠隔ログイン(第10回)
SSHクライアント
(Tera Term, PuTTY)
サーバ・クライアントシステム(4)
~ web を閲覧する
ローカルホスト
(クライアント)
www.ep.sci.hokudai.ac.jp
(WWW サーバ)
(1) web ブラウザを起動して,
“ http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/
~inex/” を要求.
HTTP プロトコルの
バージョンを指定
“ GET /~inex/ HTTP/1.1 ”
ファイルを
返すよう命
令
(2)クライアントから“/~inex/”
が要求されたので,WWW
サーバは“/~inex/index.html”
を送信.
“/~inex/index.html”
(3)受信した“/~inex/index.html”
を解釈して表示.
サーバ・クライアントシステム(5)
~特徴
機能・情報の共有化
サーバが強力なら低い性能のクライアントでも共
有可能
クライアントは必要なときのみ稼動していればよい
クライアントの負担を軽減
サーバは常にクライアントからの要求を待機
サーバ・クライアント間の通信のためのプロトコルが
必要
UNIX系OSで動作する多くのソフトウェアで採用
X Window System もサーバ・クライアントシステ
ムを用いている
えっくす うぃんどう
しすてむ
X Window System
X Window System (1)
UNIX 系 OS でよく使用される GUI (Graphical User
Interface)環境
通称「X」、「X11」
最新バージョンは「X11R7.4」
1980年代にマサチューセッツ工科大学で開発
その後開発は X Consortium,The Open Group,X.Org,
X.Org Foundation と継承される
http://www.x.org/wiki/
サーバ・クライアントシステムを採用
「X サーバ」と「X クライアント」
通信規約は X プロトコル
X Window System (2)
~X でのサーバ・クライアント
X サーバへの要求,
リモートの
Xクライアント
各アプリケーション
の処理
入力や表示
X Window System (3)
~様々な X クライアント
xterm, kterm, mlterm: 端末(terminal)
xeyes: マウスカーソルの追跡
xlogo: Xのロゴ表示
xclock: 時計
xcolors, xfontsel:
色・フォントの一覧表示
xcalc: 電卓
その他
xpenguins, xearth, xsnow, xcalendar, tuxeyes
emacs, mozilla
などなど
X Window System (4)
~ネットワーク透過性
ネットワークで接続された他の計算機で実行
した結果を手元の計算機に表示できる
注意しないと他の計算機から画面を覗き見ら
れてしまうことも
Xプロトコルによる通信の許可・不許可を設定
xhost, xauth を使って設定(実習)
X Window System (5)
~自分好みの X へ
タスク操作が一元的でない
自分の好きなウィンドウマネージャを選択する
(ウィンドウの見た目や機能を変える)ことがで
きる
twm, After Step, Enlightenment など
統合デスクトップ環境としては xfce, GNOME など
xfce
After Step
X Window System (6)
~いろいろな OS で動く X
Windows 上で X が使える
Cygwin (無料)
• 動作が不安定なクライアントもある
• Windows Vista とは相性が悪いらしい
ASTEC-X, Exceed, etc.
• 商用
Mac
インストールすれば
簡単に使える
X Window System (7)
~まとめ
X はサーバ・クライアントシステムにより設計
ネットワークを意識して作られている
X はネットワーク透過
他のマシンの X クライアントをネットワーク越しに
自分のマシンで表示可能
タスク操作をユーザ自身で選べる
X のセキュリティに注意
パスワードの入力を監視されたり,画面を盗み見
られる可能性があり
参考文献
松田晃一・暦本純一著, アスキー出版局, 入門 X Window
山口和紀 古瀬一隆 監修, 技術出版社, 新 The UNIX Super Text
[上]
武藤健志 著, 翔泳社, 改訂版 「 Debian GNU/Linux 徹底入門 -Sarge対
応-」
大見嘉弘, 永井保夫, 2007: 東京情報大学 2007年度システムプログラミ
ング・演習第2講 HTTP プロトコル,
http://www.rsch.tuis.ac.jp/~nagai/SYS/SYS02.html
X の歴史
http://homepage3.nifty.com/rio_i/lab/xlib/019history.htm
X.org Foundation
http://www.x.org/
Afterstep の画像
http://www.afterstep.org/screenshots/Stormy_Skies.jpg
X サーバと X クライアントの画像
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060518/238369/?SS=imgvi
ew&FD=3561930&ST=oss
ダウンロード

WWWサーバは