ポンプ軸封部の管理
1.軸封部
セルフ・フラッシング は、触手によってフ
ラッシングラインの表面温度から内部流体が流
れているか確認する。
エキスターナル・フラッシングは、圧力、流
量、温度を管理する。
軸封にグランドパッキンを使用しているポン
プ等は、グランド押さえの締め過ぎに注意する。
なお、耐熱防止のため、少量の水は、漏らして
おくのが望ましい。
フラッシングの形態
セルフ・フラッシング
エキスターナル・フラッシング
エキスターナル・フラッシング
揚液とは別の清浄な液体をフラッ
シング液として試用すること
メカニカルシールの管理
1)フラッシングの管理
フラッシングの管理は摺動熱の除去を目的に、適正な
流量管理、温度管理が重要である。
①触手により通油状態を確認する。
②メカフラッシングクーラーのある場合は、フラッシ
ング液のクーラー出口温度を管理する。
③外部(エクスターナル)フラッシングのポンプにつ
いては、フラッシング液が適正に供給されている事
を、圧力計、温度計、流量計等で確認する。
④ダブル・メカニカルシール・タイプの採用
⑤ベローズタイプのメカニカルシールの採用
(外部フラッシング液注入方式タイプ)
ポンプのブロック方法
外部フラッシング液注入方式の遠心ポンプを、点検補修等
で吸入弁閉止する時は、機内が吸入系の設計圧力以上になら
ないような手順で弁を閉止する。
①
②
③
吐出弁閉止
エキスターナル・フラッシング弁
吸入弁
ダウンロード

ポンプ軸封部の管理[PPT]